Archive for the ‘政治’ Category

「デタラメ」もへったくれもない

麻生元総理の発言で、「真意は」とゆー話が出ている。

でまぁ例によってネトウヨが「マスゴミが」とか言ってるのは日本の伝統芸能。

確かに「あれはないだろう」とか言いたい気持ちはわからんでもない。とは言え、内容はどうあれ、私はこの発言に対して1ミリも肯定しない。「発言の内容」にではなく「発言」に対してだ。どのような文脈であれ

「ナチス」を引き合いに出した時点でダウト

なのだ。

たとえば、「うんこで作ったおいしいパイ」があったとする。それが作れるかどうかは知らんけど、あくまでも仮ね。それを食べもしない人が「うんこのパイwww」とか言うことが責められると思いますか? それが食べたら本当においしいパイで、作った人は40年くらい研究して…. でも、やっぱり「うんこ」って時点でダメでしょ。

食べもしないで「うんこのパイwww」って言うのは、確かに失礼だろうし、「本意が伝わってない」とか「食べてから言えよ」とか思うだろう。それはある意味当然の感覚だ。でも、「うんこ」の時点で誰も食いたいとは思わない。諸外国、特にヨーロッパ人にとって、「ナチス」という言葉が持っている「感覚」はそういったことなのだ。

日本人で、「知的な人達」は「ナチスって言うだけで思考停止www」とか言うかも知れない。それは確かにもっともだ。じゃー、デートの時に「とってもおいしいうんこのパイ」とか出されて良いかってこと。そういった意味だ。普通の日本人にはよくわからない感覚にも思えるのだけど、Facebookでは「うんこのパイ」よりももっとダメとか言われた。

ちょっとわかってる人だったら、「フォルクスワーゲン」とか「アウトバーン」とかって、ナチスの成果だって知ってる。「フォルクスワーゲン」や「アウトバーン」は肯定的に言っても誰も怒らない。でも、それを以ってして「ナチス」を肯定的に扱えば、理由はどうあれ怒られるのが普通。肯定的でなくても、持ち出すだけでアウト。ヨーロッパのどこかで無料の高速道路を作ろうと政治家が考えて、「ナチスのように」とか言ったら、その時点で政治生命を失なっても、たいていの人はフォローしてくれない。そういったこと。

つまりはそーゆーことなのだ。レトリックだとか比喩表現だとかですら、肯定的な文脈の中では扱うことすら許されていない言葉が、「ナチス」なのだ。どんなにおいしくても、食卓に「うんこ」は載せられない。そういった言葉なのだ(*1)。

そういった、後から一々「本意は」とか説明しなきゃいけないような表現を使ってしまった時点で負けなのだ。どんなに「正しく」真意が伝わったところで、せいぜい「うんこのパイがおいしかった」に過ぎない。

確かに「マスコミのデタラメ」で「真意」が間違って伝わったとか、そういったことはあるのかも知れない。でも、そもそもが「ナチス」という言葉を使った時点でアウトなのだ「とってもおいしいうんこのパイ」を食ったら、マスコミは「うんこ食った」って言うのだ。「ナチス」ってそーゆーニュアンスを持った言葉なのだ。そして、そういった一種の思考停止をしても許されてしまうくらの言葉らしいのだ。

多分本人は「正しい歴史認識で持って、正しいことは正しいと評価すべき」「そういった認識の俺かこいい」とか思っての発言なのだろうけど、そういったものを全てけし飛ばしてしまう、それをフォローするのは日本人くらいとゆー、そういった残念な「タブー語」を使ってしまった、またそういった語であるとゆー「国際感覚」がなかったとゆーこと。

まぁだからと言って、「つっこんだマスコミ」がそういった「国際感覚」を持ってやったかどうかと言えば、それは別の話なのだけどね。

*1それを思うと「ユーグレナ」って本当に苦労してると思う。てか、彼等のそういった苦労を考えたら、「タブー語」の壁の厚さをちょっとは想像出来るかも知れない。

現代で餓死とか

大阪母子死亡:「もっと食べさせたかった」母親のメモ発見

この事件自体を行政の不作為と結論づけてしまうのは早計だろうとは思うけど、この現代日本で「餓死」とかあること自体が、行政の不作為だよなぁとは思う。

「人の命は地球より重い」を肯定するなら、いくら不正受給者がいても、それを理由に生活保護のハードルを上げるのは、根本から間違ってるってことになる。

デモは民主主義における正当な行為(2)

前も同じことを書いてるんだが。

デモは民主主義における正当な行為

そして、このエントリもそうなんだが、今回もネトウヨ側を弁護する話になってしまう。

レイシストデモに対する東京都公安委員会への要請文(1)

レイシストデモに対する東京都公安委員会への要請文(2)

ネトウヨどもが暴れるのはどうしたものかと思うので、有田氏の主張もわからんではないのだが、何度も言うように、

デモは民主主義における正当な行為

である。何人も、正しく届け出て行なっている限り、それを妨げる権利はない。どんだけウザくとも、それは民主主義に必要なコストである。デモ隊がどんな主張をしていても、その主張の内容であれこれ言うべきではない。ただ、まぁこういった要請をする背景には、彼等はデモと称して暴れまくるというのがある。デモは自由にさせとけば良いんだが、「暴れる」のはいろいろ好ましくないので、そっちの方をしっかり取り締まれば良い。それであれば、「馬鹿がいるなぁ」で済むわけだから。

というのは良いんだが、件のブログへの批判コメントしてる奴等。「要請文」の矛先が反原発とかの左翼系だったら、大喜びで支持してる奴等だと思うと、いろいろ風流を感じる。

これだからサヨクは嫌いなんだ

私を左側の人だと思ってる人がいるようだけど、実はサヨク的なものはあまり好きでない。

facebookで拾ったんだが、

R水素ネットワーク

微妙な空気を感じながらも、前々からこういったことは可能なんじゃないかなーとか思っていた話が書いてある。早い話がエネルギーを貯めるのに水素を使いましょうとゆーこと。まぁ水素がマグネシウムでもいいんだけど、電気は貯め辛いから物質にして貯める。効率は落ちるけど、「貯めやすい」というアドバンテージは大きい。

というのはいいんだが、読み進むうちに思ったのが表題のこと。
More »

政治とビジネスは似て非なるもの

話題のエントリっぽい。

橋下市長に「ついてゆけない」ひとたち。

基本的に正しいと思うんだけど、橋下氏も件のエントリの人も、致命的な間違いをしている。それは表題のこと。
More »

「文科省facebookページ」の微妙

先日。ドイツの衛星が落ちて来るとゆーことで、文科省が情報提供を始めた。もう落ちたんだっけ?

【 2011年10月20日 ドイツ衛星落下の恐れ 文科省フェイスブックで情報提供 】

文部科学省 MEXT

へー、こーゆーのも文科省管轄なのかーとか、facebookでやるのかー新しいなってことで、感心したんだけど、ちょっと待て。

More »

むしろ科学を信用しなかった結果だろ

あんまり原発のこととか書きたくないんだが、ネタが急に転がって来たので。

震災と日本人 倫理学者 竹内整一 
連載(14) 科学過信による「想定外」と「はかりしれないこと」

事実誤認&我田引水もはななだしい。
More »

コピペ 「日本沈没・中国崩壊」

mixiで拾った。

多分2ちゃんのどこかのコピペだろう。
More »

「はやぶさ2」が動かないのは政治のせいではない

もういい加減「はやぶさ」ネタはやめようと思っているんだけど、あまりにプロパガンダが酷いんで看過出来ない。

まぁこの点は「マスゴミ」も「ネトウヨ」も同じなんだが。

科学予算削減の民主、はやぶさ絶賛は「現金過ぎ」

「あきれる声」とか事実誤認もはなはだしい。まぁ、JAXAの予算が削られてるというのは、政治のせいではあるのだけど。
More »

法人税率

これもよくわからんので、識者がいろいろ教えてくれたり議論されれば良いと思って書くんだけど。

よく、「法人税が高いと海外に法人が逃げる」と言う人がいる。

法人税が高すぎて日本企業の競争力がそがれてしまう

まぁ確かに法人税は安いとは思えないので、そうかなって気がしないでもないけれど、じゃあその対偶逆命題の「法人税が安いと海外の法人が日本に来る」んだろうか?
More »

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報