Archive for the ‘制度’ Category

仕返しに「どっちもどっち」と言うのなら、泣き寝入りしろということか?

気の毒な話のブコメ。

@jugyo – ◯ックパッドの面接に落ちたことを社員の高◯さんに言いふらされた話

この元のエントリ自体は「気の毒だね」って話なんだけど、ブコメが残念。

More »

問題は「羊頭狗肉」だということ

学生支援機構がサラ金よりも悪質か比較してみた

全く意味のない馬鹿げた比較。問題は金利云々ではない。

サラ金は「サラ金です」って商売やってるわけ。サラ金は商売でやってて、しかも基本的に無担保でいつでも借りていつでも返せるし、貸した金を返してくれれば、相手が何に使っても文句は言わない。

More »

「スマートサイクリング宣言 7ヶ条」

Facebookで某さんが謎のキレ方をしてたのだけど、

スマートサイクリング宣言 7ヶ条

前にも書いたけど、都心の自転車にはあまり好意的になれない。

「自転車総合対策」の無茶

歩道を走る自転車は蹴り倒したくなるくらい不愉快だ。私は紳士だから、蹴り倒しはしないけど、少なくとも自分の身を守ろうと身構える。そもそも、基本的に自転車は歩道を走ってはいけない。deny allが基本で、一部が許されているだけ。

普段Gパンな私が自転車が怖いくらいだから、ミニスカートやショートパンツの女性とかもっと怖いんじゃないかと思う。つまり、脚を露出させている人は、もっと怖いんじゃないかと。自転車って場所によっては触れるだけでも怪我しかねないんだよ。別に乗ってなくても、引いててもその危険はついて回る。ちょっと他に気を取られていてぶつかったら… うわ、想像するだけで嫌な感じだ。

他方、車道を走る自転車は、轢いてやろうかとゆーくらい邪魔だ。私は紳士だし自転車が車道走るのは当然だから(道交法ではそうなっているのだ)轢いたりはしないけど、なるべく自転車のいないところを走ることにしている。こっちは悪気なくても、急に転ばれて轢いてしまうとか絶対ないとも思えないし。まぁ、自転車が気になる時間帯には車は乗らないことにしてる。そんな時間は電車に乗った方がだいたい楽だし、安い。

自分がそういった感じで嫌いなので、いくら便利だなーエコだなーとか思っても、東京では自転車乗らないことにしてる。まぁ、うちの近所の裏道の歩道じゃないところとか、乗ってもいいかなって思わないでもないけどね。そーいやー、京都の一部の道路は、時間帯によっては自転車一切禁止だったりするんだよね。

京都市河原町周辺の自転車通行規制マップ(PDF形式 : 659KB)

昭和通りを歩いてると気がつくのは、実は車道は結構空いているということ。余程混む時間帯を除けば、1車線くらい自転車が使っても良いと思うくらい空いている。片やわりと路駐がいたり、左折専用車線があったりして、実質的に1車線は使えないことになっている。だったらそういった問題も含めて、もうちょっと上のレベルから何とかならぬか? 都心は自動車で移動する時代じゃないよ。自転車でいーじゃん。でも、歩道走るのは勘弁して欲しい。走って欲しくないし、走らせられたくもない。

標準化委員会のショボい話

新野さんのエントリ

EPUB 3のISO国際標準化作業で、日本が資金難による離脱の可能性。JEPAが支援募金を呼びかけ

が話題になっている。

良くないことだなーと思いつつ、個人的にはそれ程驚くことでもない。これは別に「EPUB3」に限った話ではないからだ。

実はこの手の「標準化委員会」の内実はショボいものだ。先日私が辞めたCOBOL委員会も似たようなもので、資金と人材の不足は深刻である。これはJISの委員会もそうだし、ISOの方もそうだ。歴史的な事情から、COBOLではISOの前にINCITSとゆー委員会があるのだけど、そっちもショボい。どんだけショボいかと言えば、「委員がちょっと欠席したり早退したりすると、委員会の定足数が満たせない」とゆーことが起きてしまうくらいショボい(過去に実際にあった)。

なんでショボくなるか理由を挙げるとキリがないのだけど、こういった委員会は基本的に

自腹手弁当

であるというのが小さくないと思う。委員の活動の人件費は計上されていないし、活動に必要な交通費もなければ、機械的な「作業」のための外注費もない。それなりのスキルのある人達を長時間拘束し、高度な知識と判断を要求する作業をすると共に、校正や翻訳と言った外注でも良いような作業までしなければならない。委員の負担は小さくないのだが、それに対するペイはない。これは日本だけではなくて、国際委員会でも同じ。

さらに日本の場合は、日本委員会(IT系の規格委員会だと情報処理学会規格調査会)があるのだけど、その委員になるためには、

賛助会費

を払わなければならないと。リンク先を見ればわかるのだが、1口70万もする。これを払わないと、正式な「委員」にならない(払わないと「オブザーバー」的な身分になる)のだけど、払うと(払わなくても)漏れなく「作業」が待っていて、それは自腹手弁当になる。もちろんそういった金が払える企業であれば、委員個人が自腹手弁当である必要はないのだけど、「作業の負担」がかかることは同じだ。どんだけドMだよとゆーところ。確か私が辞める頃には、委員会の時に出るコーヒー代もなくなるって話だったような。

これが、いろんな企業が自分のところの仕様を規格に入れたいと思っているような「熱い」規格であれば、その会費には意味がある。自分のところで先行している仕様を入れることが出来れば、いろんな意味で有利になる。ところが、全ての「規格」がそういったものではない。それよりは、「標準化動向待ち」なものが少なくない。つまり、

「誰か決めて!」

状態の規格が少なくないのだ。EPUB3の事情はよくわからないのだけど、そこまで気合いを入れるべきビジネス上のメリットが見られないとゆーことを思うスポンサーが多いと言うことだろう。

もちろん「縦書き」とか「ルビ」とかゆー、日本固有の文書規格を標準に入れたいとゆーのは、技術者としては意味があることだ。でも、それが「ビジネスメリット」として考えられるかとゆーのは、それぞれの企業次第だ。「日本固有の仕様は、国際規格の隙間に入れれば良い」とゆー判断をするところがあっても、何ら不思議ではない。

結局のところ、こういった「ショボい話」は、「(国際)規格」とゆーものに対して、「日本国」としてどう考えるかとゆー問題である。「規格」が「日本の国益」を左右するようなものであれば、「自腹手弁当」みたいなことにしないで、それなりの人に国から委員を任命して、いろいろな費用を投入するといったことをしなければならない。「ビジネス上のメリットがない」とゆー判断で委員(会)をバックアップしないとゆーことになるのは、今の景気を考えれば何ら不思議ではない。

おそらくこの辺には、歴史的な事情とか大人の事情とかあるのだろうけど、こういった「悲鳴」が上がるとゆーのは、もうそういったものが破綻しているのだと考えた方が良いだろうと思う。「ものづくり日本()」とか言うくらいであれば、こういった基礎的なところにも国費を投じるべきだ。

ダウンロード処罰化は有償なものだけ対象らしい

ダウンロード処罰化が決まったようだ。関係者の皆様おめでとうございます。

いろいろ言いたいともあるのだけど、また「オールマイティ」の別件逮捕ネタを作ったんだなーとゆーこともあるのだけど、私よりも頭のいい人達がロビー活動してまで通したんだから、きっと関係者にはメリットがあるのだろう。

と言うことで、とりあえずこれをOKだとゆーことにしておく。いろいろ言いたいことがあるんだが、それは抑えておいてOKだとゆーことにしておく。なんせ

民意の選んだ政治家様

が、ほぼ満場一致で決めたことだし。

もっと読む

自己都合退職でも、有給消化は当然の権利

Facebookのウォールでの話。労務なエントリが続いてるけど、別に社労士になろうとか、そーゆーつもりはないw

有給山盛り残ってる状態で、会社辞めようとしたら、有給使わせてくれなさそうだと。まぁこの手の話はいっぱい聞くし、私も有給0で退職出来たのは、最初に勤めていた会社だけだった… とゆーくらい珍しい話じゃない。

でも、結論から言えば、

使っても何の問題もない

のだ。
More »

最低賃金のあるのは「労働者」だけ

増田のこれがちょっと周囲で話題に。

そのイラストにおよそ10時間以上の作業がかかるなら、最低賃金の(概念)にひっかかるよ。

自分で自分を雇用する場合も、極論を言えば最低賃金の概念は発生するし(だれも訴えないから公にならないだけで)

かつ、相手が未成年ならば 社会常識を勉強している最中で自立する概念に乏しい未成年者=契約に対して不十分な知識しか持たない者を不当に搾取している疑いあり。

各方面に聞いてみたり、調べた限りでは、これはかなり勘違いに近い。
More »

実のところ、ダウンロード厳罰化をあまり悲観してない

あちこちで議論になっている話。

私は正直なところ、ダウンロード厳罰化にあまり悲観的なものは感じてない。そもそも、個人的にはダウンロードが問題になるものをダウンロードしてない。する気も起きないものが多いし、音楽は買うし、映画は見に行く。これは以前書いた。ダウンロードは「ダウンロード販売」すらあまり使ってない。だから個人的には合法な範囲でそんなに困る予定はない。

とは言え、「悲観してない」のは別の理由だ。
More »

やっぱりソフトウェア特許やビジネスモデル特許はマズい

ある記事を読んで思ったこと。ポインタを張ると、取り上げられている企業の悪口を書くことになるので、ポインタは張らない。

その日本企業は、「特許力」でいろいろな会社から特許料を取ったり、訴えたりしているようだ。もっとも、いわゆる「特許ゴロ」とは違うらしい。

件の記事にはいくつか特許が挙げられているのだが、それを見て思ったのが表題。
More »

「日本でも同性婚を認めるべき?」

BLOGOSで拾った。

日本でも同性婚を認めるべき?

昔、mixiでも書いたんだけど、「結婚」って今や「生殖のための契約」ではなくなっていると思う。むしろ、「民法的特権を与えあう契約」という側面の方が大きい。そう考えたら、「同性」どころか「1対1」である必要すらないのではないか?
More »

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報