「勉強になりました」の真意

Twitterでこんなのが、


不愉快なのはわかるが、そこは怒るところじゃない。

More »

ポケモンGOはいろんなことに気づかせてくれる

ポケモンGOやってる?

私はレベル20くらいでゆるゆるやってる。ジムバトルとか目もくれず、ひたすら歩いて辞典を充実させることを目指してる。なーに、別にベンダーの決めた遊び方する必要なんかないさ。

うちの近くだと、上野公園が「聖地」だ。あの広いエリアに、花見の時もこんなに人がいないだろうというくらいの人。なんか屋台まで出てる。ここは広いし、車も来ないし人も多いしストップも多いので、実に良い場所だ。あまり「迷惑」とか考えないで済むのがいい。

よくポケモンGOは「スマホ見ながらゾンビのように歩く」とか批判されてる。確かに、やらない目で見るとなかなかキモい。やっててもまぁそう思ったりもする。そして、それは結構邪魔だなーと思ったりもする。

先日、例によって上野公園に行ったのだけど、いるいる。私の前方をゾンビのように歩いている集団が。歩道をいっぱいに埋めで邪魔なことおびただしい。その時は

まぁ俺もそうだしお互い様だよな

とか思って見ていた。

ところが、よく見ると、様子が違う。「集団」はよく見ると、高齢者、それも

後期高齢者

あたりを見回すと、どうもあの辺の店で何かの集まりがあって、その帰りらしい。だから、道を埋めるようないっぱいの集団になっていたのだ。「ゾンビのように歩く」も、よく考えれば後期高齢者がノロノロ歩いているだけのことだった。まぁ、年寄りなんてのはそんなものだ。

秋葉も聖地と呼ばれているようだ。ただ、秋葉は私にとって上野公園よりはずっと近いのだけど、あそこは公園ではないのでいろんなことに気をつけて歩かないといけない。それが面倒なのと、やってる奴等の邪魔さ加減がハンパないので、用がない時にしか行かない。まぁ用があればついでにやるけど。

で、そんな時にもゾンビのように歩いてる奴はいっぱいいる。そして、上野公園よりも没入度が高い感じだ。さらに「お互い様」が徹底しているのか、ぶつかっても謝らない。逆にぶつかられてもスルーみたいだけど。これもふと何かに似てるなーと思ったら、

視覚障害者

によく似ている。

普段、我々は

「あちら側」と「こちら側」

に世の中を分けてしまう。ところが、「高々スマホのゲーム」で、一気にそれをひっくり返してしまう。今まで「こちら側」だと思っていたのに、「あちら側」になってしまうし、その逆もある。

正直言えば、道をノロノロ歩くジジババ後期高齢者は邪魔だなと思う。何かの拍子に視覚障害者にぶつかると、「しょうがないな」と思いつつイラっともする。でも、そういった不快感と言うのは、

自分が「あちら側」ではない

ということを前提としている。そして、ポケモンGOはそれを一気にひっくり返してくれた。

ポケモンGOの批判者にいろんなメリットを見せた時に、「そんなこと何もポケモンGOなんかなくても出来る」とか反論していた。まぁそれは確かにそうだろうと思う。だけど、人間の想像力には限界がある。そういった想像力の彼方にあったことを

体験

させてくれたと言うだけでも、なかなか意味のあるムーブメントだと思う。

蛇足をつけ加えるなら、「ゾンビのように歩く人達」はもっと歩道を歩き回って欲しいと思っている。人なら「チッ」とか思いながらもそれを避けて歩くことは難しくない。でも、

自転車には不可能

だ。そのせいでどんどん馬鹿どもが事故でもしてくれて、歩道を自転車が走らなくなってくれたら、実に喜ばしいことだと思う。

記者の対応のこと

またギャラの話になるんだが。

俺がいままでマスコミに取材されてもらったギャラと、記者への印象

この手のことは、今まで何度も血祭りに挙げているんで、「またか」なネタなんだが。

この話になると、真っ先に思い出すのは、「日経メディカル」の某記者である。「某」と書くのは別に匿名にしたいわけじゃなくて覚えていたら実名にするところなんだが、あまりに不愉快だったので記憶から消したので思い出せないだけだ。

まだ医師会の仕事をしてた頃に、知り合いの山崎記者の紹介で来た記者が不愉快極まりなかった。確か、医師会長が坪井さんから植松さんに代わった時の話だったと思う。

こっちは別に医師会のスポークスマンではないし、別に医師会の利益代表でもないのに関わらず、なんか話の途中から喧嘩ごしになって来た。私は自分の理解している範囲での医師会の立場を解説してやってるだけなのに、なんだか知らないが私が医師会の利益代表であるかのような、そういった態度になって来る。あまりに不愉快だったので、

帰れ!

と言いたいところなのだが、知り合いの記者の手前と「医師会の代表という幻想」とがあって、我慢し続けた。

当然、そのインタビューの後で礼を言われたこともないし、何かの記事になったかどうかも連絡がないし、もちろんギャラの類なぞあるわけもない。

良い思い出があるのは、「朝日新聞」。取材してくれたのは、大鹿記者だったのだが、ちゃんと事前に調べて来てるし、あまり「シナリオ」を強いるところもなかった。終わってから「ギャラとか出せないので」ということで、当時住んでた原宿まで

朝日新聞の旗のついた車

で送ってくれたので、ちょっと嬉しかった。

他はまぁこんなものかなという感じ。だいたいのイメージとして、保守的な老舗メディアはいろいろ配慮してくれる。アナーキーな新興のメディアは何もしてくれないし、態度もよろしくない。これは政治的な立場と言うよりは、「守備範囲としている世界での立場」としてなのだけど。

「ギャラ」考

togetterで話題の、

役所から「ギャラ削減のために本名で落語やってくれ」と頼まれて断ったら不幸の手紙が届いた

って奴。もうあるある過ぎて首がもげそうである。

More »

教会御飯(30くらい)ローストビーフ丼

久しぶりの教会御飯ネタ。

お客様一同が来られるという話と、牧師がなんとなく「生越君、ローストビーフ」とか言ったもんで、「わかりました」ということで、ローストビーフ丼を作ることにしました。

More »

「うるせー馬鹿野郎」あるいは「失敗する権利」

先日の「素人がAWSでWordPressなんてやるな」の大合唱に、辟易している。おそらくは、

に「お墨付き」を得たと思ってなんだろうが。

140文字しか書けないせいもあるけど、ockeghemもつまんねーこと言う奴になったもんだ。お誕生日ブレゼントにdisっておくか。

More »

手っとり早い料理の上達法

ここりこのエントリの

そこそこ美味いものを自分で作って食べるコツ

まさにこれ。

More »

テレサ協の恥ずかしい企画

多分すぐに潰されるとは思うけど。

ICT女子プロジェクト | ICTビジネス研究会

この親父臭いセンスが恥ずかしい。

More »

煽り解説はいらん

いつもは地震のあまりなかった熊本で地震があったものだから、あれこれメディアの解説がにぎやかだ。

最初のうちは興味を持って読んだりもしたが、いくつか読んでると、

「東南海地震を誘発する」「さらに大きな天災が来る」

みたいな煽りに終始してることに気がつく。この傾向は東北の地震の時もそうだった。「富士山が噴火する」だの、「関東大震災が来る」だの。もちろん「学者」が言ってることなので、いくつかエビデンスが示されているのだが、全くの素人の私でさえそのエビデンスの

オレオレ解釈

としか思えないもののオンパレードだ。「メディアの商売」と「オレオレ学説の流布」のWin-Winの図だ。

他方、Twitterあたりでよく知られた地質とか火山とかのセンセイ達は冷静だ。そういった煽りをするのは

デムパ

みたいな扱いの人ばかりで、普通のセンセイ達はいい感じに解説してくれる。

それはいいんだけど、そのいくつかを読んでいると、

「早い話がよくわからん」

ということに集約されてしまって。結果的に情報量が0みたいな残念なことになってしまう。まぁ、何億年というタイムスパンの世界に、高々100年単位の人間の歴史が太刀打ち出来る訳もないので、「よくわからん」というのは間違ってはないし、軽々な煽りよりは正しいと思うのだけど。

そんなわけで、この手の解説をメディアに載せる時には、言ってる人がどれくらいの確信度を持って言っているかとか、自分の考えているタイムスパンはどれくらいだとか、そういったこともセットでやって欲しいなと思う。

カフェイン駆動開発のあなたに

プログラマは必須栄養素としてカフェインがある。人によって必要量の多少はあるだろうが、なしでは生きていられないものだ。異論は認めない。

古来から、カフェインの大量摂取の手段として、レッドブルエスタロンモカのようなものが言われているのだが、そんなものよりも圧倒的カフェインスループットがあり、かつおいしいものを提案しよう。それは、

ベトナムコーヒー

だ。

More »

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報