Archive for the ‘ORCA’ Category

日医との契約が終わりました

まぁ、今期の契約がなかったので、もう仕事としての縁は切れましたとゆー、ただそれだけのこと。

もうちょっと深いところでは、14年間関わって来たプロジェクトから、直接の関係がなくなったとゆーこと。

最早何かで縛られることはなくなったので、

  • 信義に反しないことであれば、聞かれたら答えるかも知れない
  • ミドルウェアについては一番詳しいはずだし、公式リリース版にはないものが手元にあったりするかも知れない
  • これだけデカいOSSの商用業務システムのプロジェクトをやった人は世の中には少ないので、何かノウハウを持っているかも知れない

とかってことも、条件次第では出来るようになったと言うことでもある。

まぁ、言わなくても良いことを、頼まれもしないのに言ったりとかは、あんまり楽しくないでやらないけど。

「14年」と言えば、テレビに勤めていたのも14年だなーとか思うと、いろいろ思うことがあったりなかったり。

余分なことをつけ加えるなら、個人としてはとっくの昔に飽きてしまっているけど、仕事としてはまだまだやるべきことは残っているよなーという気がしてならない。とは言え、「世の中の流れ」ということを考えると、まぁそこはそれだな。そう言った意味では、良い潮時だったような気がする。

某ミドルウェアは個人的にはオワコンなので、もうどうでもいい。あれに何かの権利を主張する気は、私にはない。誰かが金にしてくれるのであれば、分けてくれると嬉しいけど、まぁ御自由に。諸般の事情で一応GPL2ってことになっているのだけど、私が書いた部分(って、量的にはほとんどだけど)については、

Public Domain

扱いで構わない。まー、名前くらいは残っててもいいから、古い方のBSDでもいいけどw

「これを作りました」と自慢するには十分な規模のソフトウェアなのかも知れないけれど、今となっては個人的な愛着はほぼ0だ。どうも私は、今いじっているソフトウェアにしか愛着とか執着はないようだ。仕事として何かの頼まれる分にはいくらでもやるんだけど、頼まれた仕事以外でいじるつもりはない。「部品取りジャンク」にはなるかも知れないけど。

つけ加えるべきことをつけ加えるなら、関係者の方々、特にプロジェクト開始当時の日医執行部の方々と、日医総研の方々には大いにお世話になったので、感謝をしている。私や弊社の今日があるのは、まさにこの方々がいたからだ。本当にお世話になりました。

「OpenCOBOL活用セミナー」

まぁ私憤なんで、どうってことのない内容。

Q:大阪城を作った人は誰でしょう?

A1:豊臣秀吉

A2:大工さん

当然どっちも正しい。違いは視点であって、どっちがなくても成り立たない。ただし、豊臣秀吉は「作者」とは呼ばれない。「作者」は名もなき大工さん。

まぁそういった意味で、「OpenCOBOL」の「作者」は私ではないのだけど。

お知らせ : 【プレスリリース】OSS COBOL支援プロジェクト立ち上げ

作者じゃないから「仁義」とかいらないけど、「声」くらいはかけて欲しかった。
More »

ORCAのアーキテクチャ(Debian)

また間が空いてしまったのだが^^;

今回は前回書けなかったDebianを使っていることについて。

Debianはマイナーなdistroである。なんでそんなマイナーなものを好んで使っているかについて否定的な声はよく聞く。
More »

ORCAのアーキテクチャ(Linux)

久しく間が飛んでしまったのだが、まだまだORCAをよく知らない人にとっては謎な部分は残っている。ということで再開。初めての人は(序)から読んで欲しい。

ORCAにはDebianを使っている。この辺もよくつっこまれるところだ。
More »

ORCAのアーキテクチャ(二重化)

ORCAの要件には、「二重化」というのがある。つまり、一種のフォルトトレラント化するということだ。

バックアップをどうするか

これは、元々「バックアップをどうするか」という話があった。ORCAの基本設計では、最初に想定システム構成を決め、その中で安定して運用することを提供することを考えていた。ただしその「想定システム構成」は十分安く構築することが出来なければならない。
More »

ORCAのアーキテクチャ(ミドルウェア)

初めての人は「(序)」から読んでね☆

ミドルウェアをどうするか

実は、かなり後まで(と言っても初期なんだけど)、あまりミドルウェアに力を入れるつもりはなかった。というのは、ミドルウェアに力を入れ過ぎることは、アプリケーション開発のプロジェクトでは、邪魔になることが多いからだ。
More »

ORCAのアーキテクチャ(IPv6)

初めての人は「(序)」から読んでね☆

「ORCA」の意味

ORCA日本医師会のIT化プロジェクトであり、医療機関のIT化ネットワーク化を目的としている。実際に何に使うかということは、日本医師会の公式の発表等を参照してもらうといい。一例を挙げるなら、医療機関の経営状態を把握して、診療報酬改訂がどんな影響を与えるか調査するとかという経営情報、どんな疾患が多いかという疫学的情報、そういった情報を収集して、医療に役立てようということだ。
More »

ORCAのアーキテクチャ(UI)

(序)」から読んでね☆

UIを考える

言語とデータベース」でも書いたが、いわゆる基幹業務システムのデータエントリは、

伝票見ながら、高速タッチタイプする

するものだ。これは、昔からEDPなんてものを見て来た人にとっては常識だ。データエントリは、「何をどうやってどこに入れる」ということがあらかじめ決まっているから、途中で打ち間違いさえなければ、画面なんて見ないで「伝票」を見ながらデータを入れて行く。
More »

ORCAのアーキテクチャ(言語とデータベース)

(序)」からの続き。

COBOLという頭痛

実はアプリケーション開発者を集めた時点で、某社社長は「開発言語はCOBOLで」と言っていたフシがある。まぁそうでなかったら、多分彼等は参加してなかっただろう。私は逆にイマイチ仕事のない人達を使うんだから、「仕事」をエサにすれば言語には選択肢があると思っていた。仕事が欲しけりゃ言語くらい勉強すりゃいいんだから。
More »

ORCAのアーキテクチャ(序)

動機

オタク医者どもが相変らずぐちゃぐちゃ言うのに辟易したのと、勝手なことを言ってまわる某社社長(ここではない)にいい加減「黙れ」と言いたい。かと言って、単にぶーぶー言ってもしょうがないから、忘れてしまう前にちゃんとした文書にまとめておこうと思う。

100の反論よりも1つの事実

が大事だからだ。
More »

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報