Archive for the ‘電子系’ Category

そこじゃない

天下のパナソニックがオカルト製品を…

パナソニック、USBに挿して音質向上を図る「究極のUSBパワーコンディショナー」

まぁ、いつもの通り「何をしても音は変わる」わけなので、多分違いはあるだろうが…

More »

Dronekitによる python apiとアプリ開発の概要

ABC2015 Summerで発表した資料を上げとく。

aitendoの新ラジオキット

aitendoにラジオキットの新製品が出ていたので、衝動買い。

もうちょっと正確に言うと、ぶらっとaitendoに寄ったら、在庫処分がいっぱいあり過ぎて、「この店ヤバいの?」という気がしたもので、「それなら」と思って購入。まぁ、潰れんとは思うけど。とゆーか、後日調べた感じでは、商品入れ換えっぽいけど。

More »

NASで音は当然に変わる

2ちゃんのシッタカにマジレスする必要はないのだけど、往々にしてこんな勘違いをドヤ顔で語る奴がいるので。

「NASの違いで音質が変わる。ひとつ上級のモデルに変更したかのような、歴然とした差が現れてくる。」

元は、「オーディオ用のNAS」が発売されたという話。

More »

Prime Airの「本気」を考えてみる

Amazonが「Prime Air」という名称で、マルチコプターを使ったサービスをリリースするという話が話題になっている。

アマゾン、30分以下で届ける小型無人8翼ヘリPrime Air を公開。実用化は2015年以降

ここに限らず、そこらじゅうに話が出ている。

かつて他から似たような話が出たこともあるが、それらの話の「その後」をまるで聞かない。意地悪に見れば、Amazonのものも

言ってみただけ

かも知れないという疑念を持つことも出来る。ピザの宅配とかどうなった?

More »

クワッドコプタ基板の解析

Facebookとかには前に書いたんだけど。

AliExpressで売ってる、クアッドコプタの基板

Free shipping!!Miniature four-axis flight control nine-axis module STM32 + MPU6050 HMC5883L PCB

こいつの解析をしました。

More »

7805と7905は非対称

ハマった話を書くと、技術的にアレだと思われるのは残念だけど、知っておくと良い話なので。わかってる人にとっては読む価値がない。

負電源というのは、あまり縁がない。近頃はせいぜいDCアンプ… Op Ampとかオーディオアンプとか、そんな時にしか使わない。昔はロジックLSIでも負電源を要求したものがあったりもしたのだけど。

そんなわけで、79xxという3端子レギュレータを使うことはあまりない。最後に使ったのは、Lkit-16の時か。もう30年以上も前だ。

More »

STM32VLDiscovoryでOpenOCDを使うメモ

ST-Linkそのままでも一応はいろいろ出来るのだけど、ツールがプロプラだったりして面倒臭いことが多いので、OpenOCDを使う決心をする。WindowsでIARのツールとかでやるんだったら、そういったことをする必要はないのだけど、「不自由なソフトウェア」はいろいろと不自由だ。

「別に割り切ればいいじゃん」的なことも思わないではないのだが、IARの統合環境とか使ってても、幸せになれる気がしない。そこで、環境をOpenOCDを使ったものにする。

STM32VLDiscoveryのST-LinkはV1なので、

STSW-LINK003

は使えない。STM32F3DiscoveryのST-LinkはV2なので、これを使うこと。

STM32VLDiscoveryの場合は、zadigを使う。

zadig

こいつを起動して、ドライバをWinUSBにする。

zadigでデバイス一覧を表示させるには、

Options > List All Devices

とやると、一覧が作られる。ここで「覚えのあるデバイス」を選ぶこと。だいたいは「STM32 STLink」みたいな名前になっているはず。

Install Driver(Reinstall Driver)を選ぶと、ドライバを入れてくれる。

これに成功すれば、OpenOCDを起動する時に、

> openocd -s tcl -f board/stm32vldiscovery.cfg

とかやれば、特にエラーもなく動いてくれる。

メッセージで、

Info: This adapter doesn't support configurable speed

とか出て、「エラーか?」と怯むが、別にエラーでもなんでもないので、慌てる必要はない。

現時点でのOpenOCDはVer 0.8が最新。あっちこっちのウェブの情報では0.5とか0.6で書かれていて、うまく動かなかった時に「もしかしてOpenOCDが新し過ぎる?」とか心配になるが、別にそんなことはなく0.8でも問題なく動く。動かないのは一重にLibUSBの問題。正しいものが入っていれば、ST-LinkがV1だろうがV2だろうが、問題ない(もちろん合ってないとダメ)。

リモートデバッグに必要なポートは、特に何もしなくても開いている模様。気になる向きは、

telnet_port 4444
gdb_port 3333

とか指定しておいても良いが、別になくても良いようだ。

Eclipse等で使うためには、以下のコマンドを定義しておくと良いらしい。

proc halt_mpu { } {
    init
    reset halt
}

適当なファイルに書いて、OpenOCD起動時に-fで指定する。まー、Eclipseは使わんけど。

参考

ちょっと工業系が通りますよ @ ウィキ STM32開発環境構築 > ドライバのインストール

日本の残念な大学イノベーション

テクノフロンティア2013」に行って来た。

お目当ては、「ミニサーベイヤーコンソーシアム」の展示。理由はまたいずれ。

ぱっと見で内容見ると、大雑把に言えば「まぁまだこの程度なのね」でしかない。それからすると、UAVつかマルチコプターはまだまだ可能性があるか、まるっきりダメかのどっちか。いくつか「これは!」って思うのがあったのだけど、全体にはまだまだ「お遊び」にしか見えなかった。なぜなら、

ラジコン技術

の域を出たものがなかったから。「自律飛行」と言っても、まだ期待するようなものがない。

クアッドコプター群でジェームズ・ボンド演奏会(動画)

こんな感じのものは全くない。まぁ、目指す方向が違うと言えばそうなんだけど、こんな感じの「驚き」はなくって、「これMultiWii?」とか言っちゃいそうなものばっかり。いや、密かに制御ボードを見てしまったのは、その場では内緒だ。

その中で一つ強く興味をひいたのは、某大(あえて名は秘す)の展示で、エンジンで駆動したマルチコプター。たいていのマルチコプターが制御の都合で電動なんだけど、電動は飛行時間の制約が大きいので、実用的にしようと思ったら、こういったアプローチは意味がある。まぁ空撮目的には使えないと思うけど、「それ以外」には意味がある。

それは良いんだけど、そこにいた学生に「到達点は何?」と聞いたら、「自律飛行です」とのこと。それは良い。てか、ある意味当然だろう。「で、今は何をやっているの?」と聞いたら、機体の運動モデルの構築らしい。「飛行制御とかやってる?」と聞いたら、全くやってないとのこと。今はひたすら運動モデルを作っているとか。さらにつっこんでいろいろ聞いたら、いわゆる連続体とか流体のシミュレーションのような「あるがまま」のモデル化ではなくて、モデルによるあるタイプの式を構築しているようだ。

運動モデル作ること自体は悪くない。飛行安定性とかを解析しようと思ったら、そういったのがあれば良いのは当然。そういった研究は意味がある。うまくモデル化出来れば、いろんな人達にとって良いことになる。

でもさ。「到達点」が「自律飛行」だったら、それに向けていろいろやるべきでしょ。「ありがち」の制御でやれば、とりあえず飛ぶはずで、それで自律飛行の研究始めちゃえばいいじゃん。その途中でどうやっても制御出来ないとかって課題が出て来れば、運動モデルを構築して解析してみるのもアリだと思うし、それで制御方法の改良のスピードアップをするとか、そういったのはやるべきでしょう。

でもね。「自律飛行」が君達の「到達点」なら、まずそこをやるべきでしょ。どうせ「制御」でやれることってたかが知れていて、それは既に研究され尽してると言っても過言じゃないし、汎用コードもそこらじゅうにある。だったら、とりあえず安定飛行のためのコード書いて、飛ばしてみなきゃ意味ないでしょ。「今は飛んでるの?」って聞いたら、「頑張って手で制御してなんとなく飛ぶところまで出来ました」とか言ってる。「運動モデル」とか作ってる暇があったら、「とりあえず飛ぶ」ってところを作れよ。そうしたら、既存運動モデルの問題がわかるだろうし、自律飛行への一歩も出せるじゃん。「独自の研究」はもちろん大事だと思うけど、

巨人の肩に乗る

ことも大事だよ。

なんてことを学生相手に言ったんだけど、ピンと来てなかったっぽい。まぁ指導教官がダメ(と言っちゃう)なんだろうな。そんなことやってたら、いつまでたっても使い物になるものの研究なんて出来ないよ。せっかく「内燃機関駆動」とゆー面白いことをやってても、もたもたしてる間に他にやられちゃうよ。なんとゆーか、

日本の残念な大学イノベーション

の典型みたいなものを見たような気がして、とても残念だった。指導教官の問題だろうけどね。

ESECに行って来た

たまにはハードウェアの情報も集めようと、ESECに行ってみた。

組込みシステム開発技術展 (ESEC)

EMSっぽいところ何社かと話をする。国内業者。

プリント基板の製造実装とか、ケースの加工とか、「売り」は「1つからでもOK」ということと、「対応のきめ細かさ」だった。産業機器絡みだと、「打ち合わせから製造まで」とゆー、普通のワンストップサービスを越えたものを提供してる。「回路図渡せば製造までやってくれるのですか?」と聞いたら、「打合せからやります」とか。

「量産は?」と聞くと、1社を除いて「あまり得意でありませんし、力入れてません」とのこと。その代わり、試作の時に作った諸々のデータはお渡ししますとか。つまり、自分ところでは試作までをやるから、量産は他でやってくれと。

途中でそーゆーことに気がついて、あるところで「どこも同じようなこと言われますよねー」と言ったら、今はみんなそーゆーものだとのこと。

で、値段はと言うと、これが意外にも安い。プリント基板実装だと、部品1点10~30円くらいで考えてくれとか言われた。ケース屋だと1U筐体、全アルミで最初が6万くらい、2つ目は3万とか。普通のPCケースでもそれくらい。それ、Lian-Liやシルバーストーンのケースより安くね? って感じ。

製造業、業界全体はどーだか知らないけど、国内で頑張ってるところは、なかなか凄いことになってるなと。

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報