STM32VLDiscovoryでOpenOCDを使うメモ

ST-Linkそのままでも一応はいろいろ出来るのだけど、ツールがプロプラだったりして面倒臭いことが多いので、OpenOCDを使う決心をする。WindowsでIARのツールとかでやるんだったら、そういったことをする必要はないのだけど、「不自由なソフトウェア」はいろいろと不自由だ。

「別に割り切ればいいじゃん」的なことも思わないではないのだが、IARの統合環境とか使ってても、幸せになれる気がしない。そこで、環境をOpenOCDを使ったものにする。

STM32VLDiscoveryのST-LinkはV1なので、

STSW-LINK003

は使えない。STM32F3DiscoveryのST-LinkはV2なので、これを使うこと。

STM32VLDiscoveryの場合は、zadigを使う。

zadig

こいつを起動して、ドライバをWinUSBにする。

zadigでデバイス一覧を表示させるには、

Options > List All Devices

とやると、一覧が作られる。ここで「覚えのあるデバイス」を選ぶこと。だいたいは「STM32 STLink」みたいな名前になっているはず。

Install Driver(Reinstall Driver)を選ぶと、ドライバを入れてくれる。

これに成功すれば、OpenOCDを起動する時に、

> openocd -s tcl -f board/stm32vldiscovery.cfg

とかやれば、特にエラーもなく動いてくれる。

メッセージで、

Info: This adapter doesn't support configurable speed

とか出て、「エラーか?」と怯むが、別にエラーでもなんでもないので、慌てる必要はない。

現時点でのOpenOCDはVer 0.8が最新。あっちこっちのウェブの情報では0.5とか0.6で書かれていて、うまく動かなかった時に「もしかしてOpenOCDが新し過ぎる?」とか心配になるが、別にそんなことはなく0.8でも問題なく動く。動かないのは一重にLibUSBの問題。正しいものが入っていれば、ST-LinkがV1だろうがV2だろうが、問題ない(もちろん合ってないとダメ)。

リモートデバッグに必要なポートは、特に何もしなくても開いている模様。気になる向きは、

telnet_port 4444
gdb_port 3333

とか指定しておいても良いが、別になくても良いようだ。

Eclipse等で使うためには、以下のコマンドを定義しておくと良いらしい。

proc halt_mpu { } {
    init
    reset halt
}

適当なファイルに書いて、OpenOCD起動時に-fで指定する。まー、Eclipseは使わんけど。

参考

ちょっと工業系が通りますよ @ ウィキ STM32開発環境構築 > ドライバのインストール

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on8月 6th, 2013 at 18:07:15. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Responses are currently closed, but you can Trackback..

Comments are closed.

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報