Archive for the ‘労働’ Category

「チキン食べ放題」以上のケンタッキーからの贈りもの

「世界でもっとも有名なシェフ カーネル・サンダースの自伝」の電子版が無料配布されている。

KFC 今日もカーネルの調理法!

このページの下の方にリンクがって、PDFがダウンロードされる。

これは要するに「カーネルおじさん」の自伝なんだけど、これが凄まじい。

最初の方ページを見ると、絵本っぽいレシピとか並んでいたりするので、子供向けの絵本かと勘違いするのだが、がっちり書かれた凄まじいカーネル・サンダースの自伝だ。

どんな話か、具体的なことは割愛。どうせ

無料ダウンロード

だから、興味を持った人は読めばいい。私の下手なレビューでわかった気になるより、実際に読むのがいい。

しかし、高々100ページ強だと舐めてかかってはいけない。私をして(何冊本を買っても、その日に全読する)読了まで思いがけず時間がかかる。それだけ内容が濃いのだ。つまり、あの「ケンタッキーのおじさん」はそれだけ濃い人生を送って来たということだ。

これは「自伝」であるから、「自伝バイアス」はあって当然… とか思うだろうが、起きているイベント自体が濃いものだから、むしろ

「そこもっとkwsk」

と言いたくなるような、そんなイベントの連続だ。「破産して」とか、たったの1行で書いてあったりするのだが、「あれやって、これやって、これが起きて」を並べただけでこの分量だ。よくこれだけ浮沈の激しい人生を送って来たものだと思う。

しかも、読んでも読んでも「ケンタッキー・フライド・チキン」の話は出て来ないのだ。フライドチキンの話は早くに出て来るのだけど、かなり読み進んでも、「ケンタッキー・フライド・チキン」なるフランチャイズビジネスの話は出て来ない。モーテル作ったとか、レストラン作ったとか、破産したとか、そんな話ばかりが続く。なぜなら、「ケンタッキー・フライド・チキン」なるビジネスは、普通の人なら「晩年」と言ってもいい、彼が

年金生活者

になってから起こしたものだからだ。てか、年金生活をしたから出来たみたいな話らしい。その辺の「凄さ」は、ぜひ読んでもらいたい。

という濃い自伝であると共に、これは「最高の自己啓発書」でもある。読んでいるうちに

「よっしゃ、俺も頑張る」

という気分になって来る。自己啓発セミナーとか薄っぺらいビジネス書、あるいは毎日のようにどこかのブログに書かれているような、「こうやって成功した」の類とは全くレベルの違う、「自己啓発」が得られる。

こんな本をサクっと公開してくれた「日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社」に感謝したい。「チキン食べ放題」なんかよりもずっと素晴しい贈りものだと思う。

自覚のない精神論が、ブラック企業を作る元凶

例のバス事故のことで、またブラック企業が叩かれている。まぁ、ブラックはそーゆーものなんだけど。

高速バス事故の事故の責任は、あなたにも私にもあるかもしれない。ブラック企業を生み出す「ブラック消費者」という問題

お説ごもっともで、みんながブラックなものを求めているってのは、まぁ間違いではない。とは言え、この記事の根底にあるものこそ、ブラックの元凶だと言っていい。
More »

自己都合退職でも、有給消化は当然の権利

Facebookのウォールでの話。労務なエントリが続いてるけど、別に社労士になろうとか、そーゆーつもりはないw

有給山盛り残ってる状態で、会社辞めようとしたら、有給使わせてくれなさそうだと。まぁこの手の話はいっぱい聞くし、私も有給0で退職出来たのは、最初に勤めていた会社だけだった… とゆーくらい珍しい話じゃない。

でも、結論から言えば、

使っても何の問題もない

のだ。
More »

最低賃金のあるのは「労働者」だけ

増田のこれがちょっと周囲で話題に。

そのイラストにおよそ10時間以上の作業がかかるなら、最低賃金の(概念)にひっかかるよ。

自分で自分を雇用する場合も、極論を言えば最低賃金の概念は発生するし(だれも訴えないから公にならないだけで)

かつ、相手が未成年ならば 社会常識を勉強している最中で自立する概念に乏しい未成年者=契約に対して不十分な知識しか持たない者を不当に搾取している疑いあり。

各方面に聞いてみたり、調べた限りでは、これはかなり勘違いに近い。
More »

10年後通じるエンジニアになる方法

程々の忍耐と、程々の飽きっぽさと、程々のスルー力を身につけること。

More »

市場性の低い技術を狙え

多分、今時は新人向けのエントリが流行ってるんだろうけど、これはあまり新人向きでない話。てか、新人はそんなことはどーでもいいので、今はひたすら

会社に慣れ(馴れ)ろ

これはまぁ、どっちかと言えば5月病先取りメッセージかも。

情報の「回り」が速くなったせいで、世の中新しい技術やビジネスがいっぱいあることに気がつく。「勉強会」はそこらじゅうで開かれているし、ネットや雑誌からはどんどん新しい情報が入って来るので、ついそれらに振り回されてしまう。もちろん程々に振り回されることも大事なんだけど、自分の「スキル」として集中するのであれば、表題のようなことを考えるといい。
More »

「起業」って、もっとカジュアルなものではないか?

就職がない学生へとか、学生起業の勧めとかの声がある。

それとは逆に「起業ってそんなに甘くはないんだぜ」って声もある。

どっちも一理あるのだけど、私は

そんなに大袈裟に考えなくてもいいんじゃね?

って思っている。
More »

ケチ、オタク、田舎者を客にしてはいけない。

2年近く放置しておいた書きかけのエントリを発掘した。まぁ、いろいろほとぼりも冷めてるので良かろう。「いけない」的なエントリをいくつも書くのは気が引けるのだが。

体力のある大企業と違って、フリーランスや零細企業だと、「ダメな客」から仕事を受けてしまうと命取りだ。

もちろんそういったところでは、「お付き合い(接待受注)」というのもあるのだが、体力がない身ではそれは限界があることを知っておくべきだ。

ところが、案外気がつかないこともある。
More »

「プロジェクトX」をもっと称えよ!

これも「お題読み」だ。

プロジェクトXが日本の技術立国を神話にした。

ここで述べられている主題には特に異論はない。でも、「プロジェクトX」はもっと称えられるべきだ。「技術者」の地位のために。
More »

全力で非ノマドワークを目指してます

ノマドワークがお題らしい。

ノマドワーキングを目的にすると不幸になるのでは?

ノマドとかライフスタイルをテンプレで語ること自体の陳腐化と正社員とノマドの中間解

どうやら元は酒井さんのエントリか。

パブリック・マン宣言

ノマド的なワークスタイルを長いことやっているけど、個人的にはあまりお勧め出来ない。それゆえ、個人的にも全力で非ノマドワークを目指している。
More »

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報