Archive for the ‘記事’ Category

衰退するメガネ市場?

切り込み隊長のエントリ

えっと、眼鏡は衰退産業じゃないんだけど

disられてるのは、こっちの記事。

JINSが衰退するメガネ市場で成長している理由は「ゲームのルール」を変えたこと

ゲームのルール云々は私はどうでもいいことなんだけど、仮に眼鏡市場が本当に衰退していると思っている人がいるなら、それは間違った認識だ。

事実として、

眼鏡のマーケットは、1996年には6000億円あったのが、2009年には4000億円を割り込む衰退市場です。

と言うのがあるようだけど、それは単に「売上」を比較したものでしかない。

この間に何があったかと言えば、いわゆる「激安店」が増えたことだ。眼鏡は一人が何本も持たないから、安いのが出れば高いのが売れなくなるというだけ。安いので満足する人がいれば、高いのは売れない。

てかね、元々眼鏡って、高過ぎたのだ。私が常々言っていることは、

眼鏡は一番目立つアクセサリー

だってこと。それと同時に贅沢品じゃなくて、必要な人はみんな持たなきゃいけないもの。となると「一式3万円」はなかなかに厳しいのだ。1本持つのがやっとで、2本目なんて無理。でも、嫌でもつけなきゃいけないアクセサリーでもあるから、なかなか選択が厳しい。そうなると、無難な眼鏡を1本だけってことになって、なかなか「アクセサリー」として積極的な選択は出来なくなってしまう。

それを劇的に値段を下げて1本1万円くらいにしたら、「TPOに合わせる」ということが可能になる。眼鏡をTPOに合わせて選ぶとゆーことが出来るようになれば、

勝負眼鏡

みたいなことだって出来る。「1本1万円」で眼鏡が持てるようになったら、「普段使い」に「1本3万円」を使う必要はない。「1本3万円」は「勝負」の時用でもいい。「勝負」がない人は… 支出が2万円減る。売上が減って当たり前だ。

とゆーのは、経済屋さんでもわかる話だけど、眼鏡フェチ的な立場でこの間に起きた大きな変化は、

レンズが小さくなった

ということだ。レンズの大きな眼鏡は単価が上がるので、安い眼鏡を出すためにはレンズは小さくなる。どっちがどうだって順番はよくわからないけど、この10年(1996~2006)の間に起きた大きな変化は、このレンズが小さくなったと言うことだ。

この変化は、眼鏡の単価を押し下げることもあるのだけど、似合う眼鏡が減ることでもある。

何度か書いた気がするのだけど、眼鏡選びの一般論として、

顔の色形に合わせる

と言うのがある。色の濃い人は濃い目のフレーム、丸顔には丸いフレーム。そうやって合わせておけば、だいたい大外しはしない。逆に、このセオリーから外れると、似合わない危険性が上がる。

「この10年」の間に、レンズは小さく細めになり、フレームは赤とか青とかカラフルになった。とゆーか、「激安店」では、そういったのばかりだ。そうすると、何割かの人にとっては、

似合う眼鏡を売ってない

ということになってしまう。具体的に言えば、丸顔で色黒だと絶望的に似合う眼鏡が減る。そういった人達は眼鏡屋で見てもピンと来ない。流行りの眼鏡を買っても似合わない。そうすると、「私は眼鏡が似合わない」とか勘違いをしてしまう。眼鏡選びと言うと、JINSが

JINS直伝!自分に似合うメガネの選び方

と言うのを書いてて、だいたいこれでいいんだけど、「顔の輪郭と合わせる」という点で間違っているのが残念。合わせるのだったら、「丸顔には丸」なのだ。ところが、JINS(とゆーか激安店)には丸は少ない。なくはないし数はあるのだけど、「長丸」なのだ。これでは丸顔には合わない。別にまんまるである必要はないのだけど。

私に言わせれば、眼鏡の似合わない女性なんていない。ただ、似合わない眼鏡をかけてしまっているだけだ。似合わない眼鏡をかければ、眼鏡が似合うはずがない。そして、何割かの人にとっては、似合う眼鏡を売ってない。

そうなった時にどうするかと言えば、

眼鏡離れ

するしかない。コンタクトだってレーシックだってあるんだから、何も似合わない眼鏡をかける必要はない。つまり、本来市場を拡大するはずだった激安店が、逆に品揃えの点で眼鏡離れを起こしているとゆー、おかしなことが起きてしまっている。そういったあたりが、件の2/3に衰退した原因ではないかと思う。つまり、

  • 単価を下げた
  • 眼鏡離れを起こさせた

ということだ。そりゃ売上落ちて当然だろう。

眼鏡の潜在的な需要は減らない。むしろ増える方だ。それが「衰退」するわけがない。衰退したように見えるのは、単に売上を落としてしまっているだけのこと。そんな市場なんだから、ちょっとでも風を掴めば、いい感じに伸びるのは当然のこと。切り込み隊長が言うように、別に「ルールを変えた」とか言う必要なんてないし、まだ変える必要もない。

PS.

レンズは大きいのを削って(切って)作るものだから、眼鏡の大きさと関係ないだろーとゆーつっこみがあったのだけど、ある程度以上の大きさになると、その「元のレンズ」が大きくなります。私は大き目のレンズなので、いつも高くなってしまう。思うに、私が「大き目」と思っているのが元々のサイズで、激安店用に安くて小さいのを作ったんじゃないかなぁ。

おそらくこの辺は、レンズのメーカによっていろいろなんだろうけど、市場とか商品とか考えれば、「数出るものは安く」なるはずだし、そういったものは正のフィードバックがあるものなので、だいたいどこも同じ傾向になるはず。

groupon.comからのspam

よくわからないが、GROUPONを自称するspamが来た。

たいていこんなのはフィッシングだったりするのだけど、メールの中にあるURLは、全てGROUPON.COMのもの。トラッキング用のidがついている以外は、普通のリンクだ。だから、多分これはGROUPON.COMから来たものだろう。

なんでspamだと判断するかと言えば、私はGROUPON.COMを使ったことがないから。彼等が正規の手段で私のメアドを知る術はない。また、Toには同じNURS.OR.JPのメアドが並んでいるので、まとめて出したメールだろう。ゆえに、このメールはspamか、それに準じるもの。

つまり、総合すると、

GROUPON.COMがspamを送って来た

と判断してもいいと思う。

通常spamなんてのは、「お得な××」みたいなものが出ていて、それがたいてい詐欺だったりするものなんだけど、トラッキング用のidを外してアクセスする限り、普通のページが開く。

The Groupon Promise. We got your back!
The
GROUPON
Promise
The Groupon Promise. We got your back!
If the experience using your Groupon ever lets you down, we’ll make it right or return your purchase.
Simple as that.

Take us with you

Take us with you
Download the mobile app to keep Groupon in your pocket or purse.

こんなところへのリンクだ(idは消してある)。

spamまでしてURLを送るような内容ではないと思うのだけど、いったい何がしたいのだろう。

次は「スパップ」の時代か?

あまたある情報商材のspamで面白いものが来た。

あまりこういったもののリンクを貼るのは良くないが、実際どんなものか見てもらうために。

iPhoneアプリ収益化プログラム

多分、アクセスしたくらいでは害はないと思うけど、一応いろんなものはログアウトしてからが良いかも知れない。

何が面白いかと言えば、これは要するに

スパムアプリで商売する方法

なのだ。リンク先を読むとわかるのだけど、よくある「サンプルプログラムに毛の生えたようなもの」を量産して、それを有料で売ったり、無料で広告費を稼いだりとゆー、そういったことについての指南が書いてある。そのノウハウ()を売りますとゆー情報商材()らしい。

まー、spamとして送って来るのだから、多分この「情報小罪商材」を売ってる奴が一番儲かる仕掛けになってるだろうと思うのだけど、気になるのは「スパムアプリをいっぱい作って商売する」というスキームだ。

私がそれまで長年使って来たauを捨ててAndroidを選択せず(当時auにiPhoneはなかった)iPhoneにしたのは、いくつか理由があって前にも書いている。

結局iPhone白にした

Androidを入れてみて気がついたこと

Androidは自由度が高過ぎて、「自己責任」が多過ぎて面倒臭いということに尽きる。iPhoneはAppleがうるさいせいでアプリに対する自由度が低い代わりに、ある程度安心して使うことが出来る。高々携帯電話までハックする暇なんてないから、「自由度」はわりとどうでも良かったりするので、そういった「余分な自由度」を捨てて、「そこそこの安心」を選択したわけだ。まぁ、そのうち気が変わるかも知れないけど。

私が素人相手に「iPhoneにしなよ」と言うのも同じ理由。わけのわからないものを入れて、わけのわからないことになってしまったら、「素人」にはお手上げだろう。「ハカー」なら「面倒臭い」で終わることであっても、「素人」は

raise お手

状態になってしまう。

iPhoneにはそういった、安心感とゆーか、思考停止を許してくれるものがある。まぁ、それでもヤバいものがないわけじゃないけど。

そういった安心感で、ある程度思考停止出来ることをメリットだと思っていたところに、件の情報商材のようなやり方が出て来ると、直接リスクは増えないかも知れないが、

スパムがいっぱい

状態になってしまう。ちょうど、ブログが流行ってアフィが金になり始めた頃「スプログ」なるものが量産されて、ある種の単語でうっかり検索すると残念なことになってしまうのと同じようなことが、iPhoneアプリの世界で起きてしまう。個人的には、「spam application」だから、略して

スパップ

とか呼んで流行らせて、「アレオレ」をやりたいところだがw

件の商材の紹介をチラと読むと、いわゆる「ワードサラダ」的なアプリではなくて、サンプルプログラムに毛の生えたような、他愛のないものを作ることを勧めている。そういった意味では、ある程度「まっとう」な勧誘と言えなくもないのだけど、App Storeにゴミクズが増えることに変わりはない。

こういった「ゴミクズ」は検索とゆーシステムの性質上、人気の高いものや評価の高いものを検索する時には何の邪魔にもならないが、「人気は低いがピンポイントなもの」を探す時には結構邪魔になる。そういった意味では、「ワードサラダ」みたいに本当にクソなものでない分、有害であるとも言える。

もちろんこういったことで書き散らかされて、オープンソースでもないものは、セキュリティ的なリスクもあるだろうし、対策もされないだろうし、虫取りもされないだろうし… ということもあるのだけど、この辺はまぁここでの本質ではない。

あと、どうも金を払わないと読めない情報に「ある方法で一気にダウンロード数を引き上げ」というのがあるようだ。また、「ある方法」でなくても「レビューを5つ集めろ」的なことも書いてある。おそらくは、App Storeの評価システムにノイズを入れてしまうノウハウなんだろうと思うが、そういったものはたいていspamの手口だ。何にしろ、

スパップが増える

ことには変わりはない。

もっとも、このspamにもなかなか参考になることが書いてあって、「なるほどなぁ」と思うことは多々あるので、騙されない程度に読んでみるのは良いかも知れない。普通の「アプリの作り方」の類のマトモな技術書には

どのターゲットを狙うか?そのターゲットにはまるアプリとは?

複数展開する為のネタはどこで探せばいいか?などなど、具体的な方法に沿ってリサーチを行います。

なんてことは書いてないわけで、これだけで目から鱗な人もいるかも知れない。「売れるもの」を作る基本だよね。

また、こうやって掴んだ「顧客」に対して「アプリテンプレート」を(実質)売りつけるというのは、なかなか頭いい商売だなぁと感心したりもする。そりゃ胴元は儲かる仕掛けが作れるわ。

自覚のない精神論が、ブラック企業を作る元凶

例のバス事故のことで、またブラック企業が叩かれている。まぁ、ブラックはそーゆーものなんだけど。

高速バス事故の事故の責任は、あなたにも私にもあるかもしれない。ブラック企業を生み出す「ブラック消費者」という問題

お説ごもっともで、みんながブラックなものを求めているってのは、まぁ間違いではない。とは言え、この記事の根底にあるものこそ、ブラックの元凶だと言っていい。
More »

最低賃金のあるのは「労働者」だけ

増田のこれがちょっと周囲で話題に。

そのイラストにおよそ10時間以上の作業がかかるなら、最低賃金の(概念)にひっかかるよ。

自分で自分を雇用する場合も、極論を言えば最低賃金の概念は発生するし(だれも訴えないから公にならないだけで)

かつ、相手が未成年ならば 社会常識を勉強している最中で自立する概念に乏しい未成年者=契約に対して不十分な知識しか持たない者を不当に搾取している疑いあり。

各方面に聞いてみたり、調べた限りでは、これはかなり勘違いに近い。
More »

中学生を舐め過ぎだ

なぜに発光ダイオード?

これで発光する?兵庫県公立高入試、出題内容にまた疑問

手製の電池で発光ダイオードが点灯することが前提の問題。

問題自体がダウトだと思うのだが、

受験生に影響はあったのか。最初に指摘を寄せた西野准教授によると、「もし点灯するかどうか悩んだ中学生がいたら、ノーベル賞ものかも」。この装置が点灯しないかもしれないことが原因で、合否に影響が出たとは考えにくいようだ。

んなこたぁない。中学生舐めんな。
More »

「忌しいものだ。偽善の律法学者、パリサイ人たち」

表題は新改訳聖書第二版 マタイによる福音書 23章13節より。って、別に抹香臭い話をする気はない。

ザンビアを最貧国と報道してバンブーバイクを売ることが「貧しさ」を作っているのではありませんか?

前に

「偽善」はもっと評価されるべき

という話を書いたのだけど、追記に書いたようなことが出て来たので呆れた。
More »

残念ながら「まだ」Samsungの方が正しい

TechCrunchの記事。

サムスン、Apple恐るるに足らず「テレビは究極的には画質だ」

いかにもSamsungの幹部が頭が足りないと言いたげな記事だが、残念ながら頭が足りないのはTechCrunchの方だ。
More »

「ステマ」に騙される奴は情弱

実はこの記事もステマである。

ネタとしては

「食べログ」は恥を知るべき

と同じ。2ちゃんあたりでステマステマとうるさいけれど、そもそもステマに騙される奴って、情弱だろwww
More »

「食べログ」は恥を知るべき

まぁ例の騒動。ソースはいらんだろうけど、そのうちみんな忘れるだろうし。

「食べログ」やらせ騒動でランキング操作は確認できず–消費者庁も動く

この辺のニュース、読めば読むほど

馬鹿か?

としか思えん。
More »

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報