ORCAのアーキテクチャ(言語とデータベース)

(序)」からの続き。

COBOLという頭痛

実はアプリケーション開発者を集めた時点で、某社社長は「開発言語はCOBOLで」と言っていたフシがある。まぁそうでなかったら、多分彼等は参加してなかっただろう。私は逆にイマイチ仕事のない人達を使うんだから、「仕事」をエサにすれば言語には選択肢があると思っていた。仕事が欲しけりゃ言語くらい勉強すりゃいいんだから。

当時のCOBOLで一番頭が痛く、かつ私が気乗りしなかったのは、

オープンソースの処理系がない

ということだった。全くの皆無ということはなかったのだが、実用処理系はなかったのだ。確かにTinyCOBOLはCOBOL 85の重要な機能を実装してはいたが、計算が浮動小数点で行なわれていたから、金の計算には無力だった。他の処理系は、74規格までだったりしてお話にならない。いくらなんでも、21世紀になろうとしている時に、74規格はありえん。

某社社長達の「勝算」には、当時関係のあったドット研究所の「dot COBOL」を使うということがあった。確かに当時は彼等と一緒にビジネス展開とか考えていたところであるから、ある意味妥当な選択ではある。

しかし、dot COBOLはランタイムが有償だった。となると、アプリケーションはタダで配布することが出来ても、その実行環境が有償ということになってしまい、日本医師会の期待からは外れてしまう。だから、あまり使いたいとは思わなかった。

反面、dot COBOLは素晴しい開発環境を持っていて、GUIで画面を作るとか、帳表を作るとかそういったことが出来た。「序」で言ったように、当時オープンソースで業務アプリケーションを作る開発環境は皆無だということを思うと、多少ランタイムに金を払ってもペイするとも考えられる。そういった意味では「ベスト」の選択ではないが、「ベター」ではあったのだ。

ランタイムについてどうするかは、私の関わるべきレイヤではないなという部分があったので、とりあえず「有効な選択肢」として持っておくことにした。

他の言語の検討

COBOLでもう一つ気乗りしなかったのは、COBOL自体が古臭い言語だということだ。

確かに、あまり難しいことを考えなくても、それなりの品質でシステムが作れるというのは大きいし、当時はプログラマを集めるのもそれ程手間がかからなかった。このプロジェクトは「実験」でないのだから、「確実に動くものが作れる」ということは、最重視されるべきポイントだ。そういった意味では

COBOL最強

とも言える。

しかし、当時の私をして「今からCOBOL?」と思ったのも事実だ(ちなみに「COBOLの中の人」になったのは、それからずっと後のこと)。レガシーマイグレーションのツールとして、Linux上のCOBOLは非常に興味があった。しかし、新規にアプリケーションを作るものとしてCOBOLというのは、いくら何でも… というのが正直なところだった。だから、出来ることなら他の言語で開発したいと思っていた。

某社で言語と言えば、当然

Ruby

だ。だから、当然のことながら、Rubyという選択肢についての検討をした。当時の状況を考えれば、「Matzが会社でのうのうとRubyで遊ぶ対外的説明」が必要だった。その当時の某社は結構某V社やその関係者の資金が入っていたから、その辺の人達から説明を求められるということは十分に考えられた。彼等の戦略は毎晩のように変わっていたから、どの時点でどうだとは言えないが、某社を上場させて… という考えもあったので、直接目玉になるような案件が欲しいという事情もあった。その中にあって「この開発にはなぜRubyは使えないの?」というつっこみは十分に考えられた。また、そういった開発をテコに開発力を強化して… ということも考えた。他人のものであるdot COBOLへ投じる金が、「自社製品」であるRubyに投じれるのであれば、商売としてもおいしい。

そんな背景もあって、Matzに打診(聞いたのは私じゃない)をしたら「まだそんなことに使えっこないし、そんなことで縛られたくもない」というツレない返事だったらしい(*1)。まぁ当時のRubyはあくまでも「オブジェクト指向スクリプト言語」であって、汎用の業務開発言語じゃない。彼としては妥当な返事だろう。だから、Rubyという選択肢は早々に消えた。

Rubyのあるお陰で、当時の某社にはperlをガリガリ書ける人もJavaをやっている人もいなかった。何しろ、Rubyは何でもかんでも使える便利言語だ。CGIとかなら十分過ぎる。また、SI経験のない某社に、いわゆるシステム開発の仕事は入って来ない。だから、「Cで難しいプログラム」を書く人以外は、たいてい何でもRubyを使っていた。だから、某社内での人材的には、perlやJavaという選択肢はない。とは言え、「プログラム開発だけは他の外注に出し、上流工程だけ集めた技術者にやってもらう」という考えもあったから、これらについても検討してみた。

Javaはいまだに「なんで使わないんだ」とつっこまれる言語の一つであるが、当時は以下の理由で選択肢とはなりえなかった。

  1. Linux上のJavaは当時はロクなもんじゃなかった
  2. 当時のJavaの実行はアプレットとJSPが中心
  3. 結局オープンソースの処理系はない

1.は時代をその頃に戻さないと理解出来ないだろうが、当時LinuxとSunはあまり良好な関係ではなく、Sun純正のJavaはLinuxにはなかった。また、Java自体もやっとこさJava2が出たところだったので、これを業務システムに使うというのは、まだ「チャレンジ」だった。おまけに、JavaとJava2の変化を見て、「これ、基幹業務システム開発言語という立場を理解してる?」と思ったものだった。それくらい変化が大きかった。もちろんそれは良かれと思ってされた改良だったのだが、あちこち互換性がなくなったこととか見ると、この先何10年も使えるかと言うと、不安になるものだった。

2.は後からまた話に上ることなのだが、「レセコン」は業務システムだ。業務システムのデータエントリというのは、「伝票見ながら、高速タッチタイプする」ものだ。だから、操作にマウスが必要なんてダメだし、画面の展開の速度等も速いことが求められた。だから、webを使ったシステムは検討すらしてもらえなかった。そういった意味では使えなかったのだ。

3.についてはdot COBOLと大差ないし、こっちは無償だということもあって、いくらかマシだとも言えたのだが、当時のLinux上のJVMの不安定さとか考えると、「自分たちで何とかしたい!」という気がするものでもあった。つまり、非オープンソースに身を委ねられる程の品質がなかった。また、当時(今も)JavaはECMAにすら承認されていない「Sunの俺言語」だった。つまり、Sunが潰れたらどうなるかという点についても不透明だった。これはdot COBOLも似たようなものだが、ドット研究所はあまり大きな会社じゃないから、「もしそうなったら、最悪会社ごと買え」という話があった。さすがにSunにはそれは無理だ。

そんなわけで、「当時」のJavaはまだ安心して基幹業務システムを作れる環境ではなかったし、プログラマも集めにくいものだったので、選択から落ちた。

perlはいくら何でもないだろうということで、ほぼ無検討で落ちた。

実は当時一番安心して使えたLinux上の開発言語は、「C/C++」だった。だから、当然これらも考えに入れようとした。しかし、いくら何でもCで業務システムを作るというのは、リスクも大きいし、開発にかかる負荷も大きい。本質的でない問題で悩むであろうことも想像に難くないし、「10進演算」についてもライブラリを用意しなきゃいけない。うまく環境整備をすればそれなりの生産性も上げられたかも知れないが、その工数も馬鹿にならない。また、後で述べるミドルウェアの問題もあった。そんなわけで早々に選択肢から落ちた。

ということで、なんだかんだ考えながらも、

ランタイムのことはとりあえず忘れて、
dot COBOLを使う

という選択になったのだ。結果論であれこれ言うのは簡単なのだが、「当時」の「現実」を考えると、事実上その他の選択肢はないも同然だった。

データベース

dot COBOLを使うとなると、データベースはOracleを使うしかない。だから、開発を始めた当時はOracleの上で開発していた。

もちろんこれは許されることではなくて、早々に(公式リリースまでに)他のオープンソースのデータベースを使うことが求められていた。当時の我々とドット研究所の関係から「PostgreSQLへのインターフェイスを用意してもらう」というのが前提であった。だから、「私のよく知らない上位レイヤ」では、その辺の交渉が進められていたはずである。実際どうなったか知らないけど。

私は私で、dot COBOLに他のデータベースへの口をつけることを検討していた。では、何を使うかだ。

時計の針を当時に戻すと、PostgreSQLはVer 6系から7に移る時期だ。プロジェクトが始まった当時はVer 6系だったから、まだテーブルロックしかサポートされていなかった。ただ、7系はそれが解決されるという話は、既にML等で知っていた(MLに参加したのはPostgres95のちょっと前くらいからだったと思う)から、「とりあえずそれを待つ」というつもりでいた。問題は、スケジュール通りに7系が出てくれて、それが実用に耐える品質であるかどうかだ。ORCAの開発は2000年の春頃から開発が始まっているので、いろんなタイミングが微妙な時期だ。

私のような古いタイプのエンジニアは、「初物」を嫌う。やはりある程度世間で動作が確認されたものでないと使いたいとは思えないのだ。それを思うと、「とりあえずORCAのデモ公開」という時期に、PostgreSQLが使用に耐える品質になっているというのは、甘過ぎる見通しだ。どうせ「とりあえずのデモ」なんだから、別に難しいことや高負荷をかけるつもりはないのだが、「動くと思っていた機能が動かない」という事態が起きると厄介だから、極力「初物食い」は避けたい。それを思うと、そのタイミングでPostgreSQLを正式採用するというのは、難しい選択だった。

他のデータベースエンジン、たとえばMySQLなんてのも選択肢としてあったし、InterBase(Firebird)もあった。新規に作るソフトウェアで使うのだから、難しいSQLを使わないようにすれば、多少SQLの機能が低くとも問題はないので、ある程度の速度(当初は「内科の開業医」が想定ユーザだった)とトランザクション管理さえあれば採用の候補になった。

しかし、MySQLは高速ではあるが、当時はトランザクション管理を持っていなかった。webアプリケーションではその辺をうまく騙してやって実用にしているところもあったのだが、その辺にエネルギーをかけるのはアプリケーション側には難しいからミドルウェアで頑張る必要があった。しかし、当時ミドルウェアにどこまで開発力をかけるかというのは、未定だった。だから、「ドット研究所にお願いして作ってもらえる範囲」あるいは、「私がちょっと頑張って何とかなる範囲」での採用については、否定的だった。

InterBaseは機能的には特に問題はなかったのだが、今となってななぜ候補から外したのか覚えていない。多分、PostgreSQLと比べると情報が少なかったということと、当時実際にプロジェクトをやっていたのは加藤大受さんだけのように見えたので、不安があったからだと思う。また、オープンソース公開された直後に近いタイミングだったということも災いしていると思う。

ただ、その場の人達の考えとして、「dot COBOLにPostgreSQLサポート機能を用意してもらう」ということで、PostgreSQLを将来的には使うということになっていた。

とは言え、前述のような理由で、公開デモの時に向けてはOracleのままで行き、PostgreSQLにするのは「追い追い」ということになっていた。

データベースをどうするかについては、「ミドルウェアの検討」のところで、再度考えることになる。

余計なおまけ

これまでの諸々の開発上の意思決定については、基本的に「私個人の都合」は入れていない。なぜなら、それを通してしまうと、私に責任を被せる人が出て、余計に厄介になるからだ。それでも諸々の決定については、私はかなり「強硬」に主張している。それは、当時の「周辺環境」のせいだ。

とにかく「公開デモ」の時に動いているものを見せなければならないという大前提がありながら、「上のレイヤ」の人達は様々な思惑で朝令暮改的に方針変更をしようとしていた。それを一々聞いていたら、出来るものも出来なくなってしまう。そのため、「多少マシ」な提案があっても、それはスルーしておくべきことだった。

また、なんとかして余分に金を引き出したい(引き寄せたい)人とか、これをネタに関連する会社を上場させて儲けようとか、そんな人も大勢いた。そういった人達は、どんどん話を大きくして行き、数10億単位で金が動きそうな巨大プロジェクトにしようとしていた。そんな中で、何とか「公開デモ」に漕ぎつけたのは、頑固者を演じたからだと思う。

外野が多いプロジェクトだし、「半可通」も大勢絡んでいた。そういった人達は「いつでも逃げれるポジション」を確保すると共に「自分の手柄」を作ろうと、様々な工作をしていた。「助言」だの「提言」だのと称する「雑音」も多かった。そのほとんどは「それは後にしてくれ」と返事することばかりだ。「あの時僕が提案したのに却下した」とかいうM社社長は、要するにそんな雑音を言っていたに過ぎない。物事にはやるべきタイミングというものがある。いくら「いい意見」であっても、聞くべきタイミングとそうでないタイミングがある。

「序」にも書いたように、当初

私のやる気はゼロよ!

なプロジェクトだった。とは言え、結局選択肢は「Yes」か「はい」しかなかったのだ。そうなれば、成功への最短コースだと信じる道を見い出したら、「助言という雑音」はスルーして走るしかない。仮にLarryが言うような、「鼻持ちならないような傲慢さ」を、持ち合わせていなくても、それがあるかのようにふるまうということは、プロジェクトを失敗させないためには重要なスキルだ。

成長するためには「謙虚さ」は大事なスキルだ。それはいつであっても忘れてはならない。しかし、プロジェクトをやり通すためには、謙虚さよりも傲慢さが必要になる。なーに、プロジェクトをやり通せばそれなりに成長する。プロジェクトをやっている最中くらい謙虚さを忘れてしまっても、成長が止まることはない。優先されるべきは、プロジェクトの成功だ。

PS.

*1 Matzのコメントを見るとわかるように、本人はその旨を言っていないらしい。とは言え、私はそう言われたと認識しているので、そう伝えた人がいるということだ。その当時の状況を考えると、「業務で使った実績」を求められていたことも事実なので、かなり高い優先順位で採用候補に入れていた。あるいはアプリケーション開発が難色を示したことを、そう伝えられたのかも知れない。「Ruby」についてはかなり後になって、また話題に上る。「実績」についてはdot COBOLも提携絡みで求められていたので、これはこれで採用圧力があった。これも後に再燃することになる。

PS2.

頭の悪いtweetがあるようだが…

昨日今日プログラムを始めたひよっこにとっては有史前だろうが、2000年頃Rubyがどういったステータスだったか、またGUIの世界がどんなものだったか思い出してみろ! まだRailsもなければAJAXもない。ブラウザは互換性がまるでない。おまけにパフォーマンスもそんなに良くない。そんな時代に、どうやったらRubyでこの規模の業務システムを常識の工数で作ることが出来たか。

今から作れと言われたら、確かにこんなことはしなかっただろう。でも、当時の現実的な解としては、こうやるしかなかったのだ。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on11月 26th, 2007 at 1:34:56. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

8 Responses

Comments(7)Trackbacks(1)

  1. まつもと

    少なくとも「Matzに打診をした」というくだりは記憶違いだと思います。
    私がORCAの話を聞いたのはMONTUQIのアーキテクチャが決定した後ですから。

    また、私の発言だという「まだそんなことに使えっこないし、そんなことで縛られたくもない」というのも、おかしな話です。個別の目的にRubyが使えるかどうかは私が判断することではなく、実際のユーザがすべきだと(当時から)考えていますし、私は「使えっこない」かどうか判断できるほど業務システムの知識がないことは自覚していますから。
    だいぶ後になってORCAにRubyをという話をしたときには「人材の確保について懸念」した覚えはあります。

    「縛られたくない」の方だけであれば、「私みずからORCAの開発そのものに携わるのは乗り気でない」という意味だと思えば、理解できますが(記憶にはないけど)。それにしてもタイミングが異なると思います。

    2007/11/28 水曜日 11:44:43 | #1
  2. ogochan

    > MONTUQIのアーキテクチャが決定した後

    これはもっと後に書くけれど、時間的にはもっと後です。

    > おかしな話

    これは「そう言われた」と社長から聞いたんだけどな。

    どうやら私が直接聞いてない部分に、「何か」があるみたいだな。

    2007/11/28 水曜日 12:21:16 | #2
  3. ogochan

    再度思い出そうとしたけど、やっぱりおかしい。

    > 実際のユーザがすべきだと(当時から)考えていますし

    あの頃は、基幹業務的なことに使うことには、かなり否定的な発言を言われてたものだけど。少なくとも、あまり前向きなことは言われてないよ。言語仕様とかではなくて、信頼性の点でそこまで自信がない的なことを言ってたと思う。

    「あの頃」がどれだけ前かということを思い出してごらん。それに、「否定」ってのは否定した側よりも、された側の方がよく覚えているものよ。

    2007/11/28 水曜日 12:32:27 | #3
  4. まつもと

    否定的な発言は「誰の誰に対する」発言だったんでしょうか。

    リソース(人員)が確保できないので、ある程度以上規模が大きな業務システムの開発は難しかろう、というようなことを一般論としては話したかもしれません。それはつい最近まで真実だったわけですし。今でもJavaやPHPよりはずっと人員確保は難しいですしね。

    ただ、おごちゃんの文章を読むと

    「仕事」をエサにすれば言語には選択肢があると思っていた。
    仕事が欲しけりゃ言語くらい勉強すりゃいいんだから。

    と「当時」思ってたということだそうですから、その時にそう言われてたのであれば私には反論の余地はないはずです。

    もう一度まとめると

    * 人員確保が難しいと言う懸念を口にしたことは何度もある
    * 技術的に業務に適用可能か不可能かの判断は私はしてない
    * 私が(Rubyの開発を離れて)業務システムの開発するのは嫌だ、
    とは言ったかもしれない。覚えてないけど

    というところでしょう。いずれにせよ、元のおごちゃんの文章が与える印象とはだいぶ違うと思います。

    2007/11/29 木曜日 23:19:09 | #4
  5. ogochan

    > 「誰の誰に対する」

    「私が直接じゃない」わけだから、言う人は決まってるじゃん。

    少なくとも私は、人員確保の問題について当時は気にしてませんでした。COBOLで書く程度の使い方であれば、そんなに難しいことを書く必要はないので、その程度であればCOBOLが書ける人なら書けるだろうと。実際には凄く抵抗を受けるのだと知ったのは、せいぜいここ数年の話。

    > 技術的に業務に適用可能か不可能かの判断は私はしてない

    「書けるかどうか」という話じゃなくて、「信頼性の不安」とかの話だよ。その辺の漠とした不安はかなり聞かされてたよ。20世紀と21世紀の間の頃だからね。

    > 私が(Rubyの開発を離れて)業務システムの開発するのは嫌だ

    ではなくて、Rubyの開発ではあっても、業務システムのスケジューリングの中で開発するのが嫌だという話だったのかも。かなりタイトなスケジュールだったし。

    それに、当時はまだMONTSUQIもRoRもなかった時代だったから、そういったものも作らなきゃいけなかった。でもMONTSUQIのアイディアは既にあってその話はしたから、「そういったもの」を作るのが嫌だという意味での否定だったのかも知れないね。私はまだその当時は自分で「そういったもの」を作るつもりがなかったから、「自分以外の誰か」が作ることを期待していたし。

    当時の私の立場をふり返れば、当時は身内でない株主がいて、直接お客の仕事をしていない人の仕事の内容について、いろいろ説明しなきゃいけなかった。また「合併」の時に自分たちのポジション確保(資産評価)をしなきゃいけなかった。そこで、「ツールを開発しながらシステム開発をするのが我々の偉いところなんだ」という口上で「Rubyの資産価値」という話をしなきゃいけなかったから、そう簡単に「Rubyで開発」というのは降ろせなかったのも事実。技術的要求があったと言うよりは、政治的事情があった。

    2007/11/30 金曜日 3:18:16 | #5
  6. まつもと

    なんど思い返しても、そんな初期に「ORCAにRubyを」という話を(誰からであっても)尋ねられた記憶がありません。

    まあ、私が忘れちゃうのは珍しくないので、仮にそういうことがあったのだとしても、私から「不安」を口にする理由はありません。2000年といえばずいぶん昔のことではありますが、Rubyが生まれて7年目、英語での書籍も出版されるくらいにはユーザ層も広がっていた頃です。当時「漠然たる不安」を持つ人は多かったでしょうが、私には持つ理由がない。

    誰かが不安を口にしてRubyの利用が中止になったのは事実なんだろうな、と思いますが、少なくともそれは私ではない。ので、そこだけははっきりさせたいです。まあ、原文にも注を入れてくださったので、私としてはもう構わないのですが、「伝えた誰か」と見なされそうな人はまた別の認識を持つかも。

    2007/11/30 金曜日 14:05:58 | #6
  7. ogochan

    > 尋ねられた記憶がありません。

    ないのなら、「ということにしたい」人が勝手にそう言ったのかも。

    当時の私は、Linux上のCOBOLにも漠とした不安は持っていて、と言うか「いかにdot COBOLがあるとは言え、いずれライセンス絡みで厄介になるんだがな」と思ってました。それ以外のCOBOLはないに等しかったから、「結局は作らんといけない」と不安になっていたものです。特定顧客の単発の開発なら、不安になることもなかったけどね。

    > 私には持つ理由がない。

    む。それは忘れ過ぎだ(ぉ

    昔はいろんな時に結構「大丈夫か?」的発言してたくせにー。それは本人的には謙尊なニュアンスかも知れないけど、周囲は「本人が不安がっているのだから」と思うものだよ。

    2007/11/30 金曜日 15:06:27 | #7
  1. […] This post was mentioned on Twitter by Takafumi Saikawa and hassy, Keigo IMAI. Keigo IMAI said: せめてRubyだったらよかったのに。って色んな人が言ってるんだろうなぁ http://bit.ly/8YLMpj […]

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報