IT業界に文句と未練があるのなら、てめーが起業しろよ

ごーざ氏のエントリ

プロの経営者とエンジニアの未来について思うこと

を読んで、codemaniax氏のエントリ

ふざけんな

への違和感を思い出す。codemaniax氏の書いてることは、表現は違いながらも同じところに問題を感じているし、吉岡さんへのdisも同じなんだけど、なんか違うんだよなーと思っていた。

ずっとそれが気にかかってたんだけど、どうやら表題のようなことを感じていたようだ。

別の個人攻撃する気もないし、よく知らん人をdisるつもりもないんで、一般化しての話とする… ってことで、ごーざ氏のエントリがうまくまとめてくれている。

で、ごーざ氏のエントリに蛇足とdisをちょっと加えるなら、表題のことになる。これは特に誰かに向けた訳でもない。「業界にしがみついていながら、会社にgdgd不平を言いながら、業界を諦めたようなことを上から目線で語りたがるような奴等」全員とでも言おうか。

私はSIerには絶望している。これは前にも書いた。何しろSIerってのは、どんなに頑張ったところで、

1人が1人分しか稼げない

のだ。会社がどれだけ稼ごうと、「公平」に成果に応じて配分するなら、1人の稼ぎは1人分にしかならない。もちろん、稼ぎのいい奴は配分も増える。稼ぎの少ない奴は配分が少ない。あるいは見積りの方法を変えて「人月」以上の稼ぎ方があるのかも知れない。でも、そんなことをひっくるめて、成果に応じた配分を「公平」とするなら、結局「それぞれの1人分」になるだけだ。

もちろんエンジニアの「能力」の違いはそんなもんじゃない。もっともっと違うだろう。正当な評価は能力を基準にすべしということにするなら、SIerには無理だ。SIerの「稼ぎ」は「能力」ほどは違わないんだから。「稼ぎ」なんてのは、能力以外のいろんなもので変化する。でも、私は人は「能力」で評価したい。となると、SIerではそれは無理だ。

ということを考えつつ、SIerだった前の会社を辞めた。辞めた理由はポジティブなものもネガティブなものもいっぱいあるのだけど、「能力ある奴の待遇を良くする」ということが出来ないというのが、「会社を辞める」ということだけではなく、「SIという業務を辞める」きっかけになった。

まぁそんなことを言いつつ、SI的な仕事も引き受けてはいるのだけど、あくまでも「日銭稼ぎ」とかスキルアップが目的であって、そこにどんどんリソースを投じるつもりはないし、戦略的に何かをするつもりはない。だから、「投資して下さい」的なことを書くことはあっても、「仕事下さい」的なことは書かないのだ。

ってのは良いとして、私はSIという業務に不満があった。SIは楽しい仕事ではあるけれど、「業務」として行うには不満があった。だから、とっととSIerを辞めた。そして、SIerでないことを志して起業したわけだ。

「起業」と言っても、そんなに手元現金があったわけじゃない。いや、あるつもりで辞めたんだけど、「他の役員の陰謀」のせいで金がなかった。本当にない金をかき集めて、無人君のお世話になったりして100万用意して、「出してもいいよ」と言ってる人が2人いたので同じだけ出してもらって、資本金はたった300万円でスタート。それだけの金で始めた。

仕事だって、SIerつーか「フリープログラマ」みたいなことをやればそれなりに何とかなるんだろうけど、それはやらなかった。幸い、日本医師会の仕事があったので何とか命がつなげられた。それでも結局「1人が1人前」でしかないわけで、人を増やすなんて無理。でも、「もっと実入りのいい仕事くれ」とか言って探し回るつもりはなかった。SIerをやめたかったからだ。だから、時間はかかるけれど、「本来やりたかったこと」のためのコードを書いている。まぁそんな自分語りはどうでもいい。ここで言いたいのは、

私はコの業界が大好きだ
でも、SIerには絶望をしている

ということだ。

だからSIerをやめたし、新しくやろうと思ってない。SIerとしてのコネはあったけど、それをやろうとは思ってない。とは言え、私には金がない。簡単に言えば、条件としては

gdgdと業界や会社の不平不満言ってる奴等よりも悪い

のだ。在職時代の貯金で半年職探しとかしてる奴等の方が、ずっと条件がいいと言っても良い。私にはそれ無理だし。

だから、コの業界が好きで、「日本のコの業界はぁ~」みたいなことをgdgd言ってる暇があったら、半年ニートしながら職安みたいなところに通う金と暇があるんだったら、自分の頭と腕を使って起業してみろと。gdgdブログで理屈こねるだけの頭があるんだったら、もっと生産的なことに使えよ。

もちろん安易にやるべきではないと思うし、自分のやりたい仕事が出来るわけでもない。また、成功するためには「他を圧倒する」ものが必要であることも確かだろう。でも、gdgdと偉そうなことを言いつつ、何もやらないでいるよりは、起業して現実を知るのもいい。それに、もしかしたら成功するかも知れないのだ。

「いや、僕には出来ません」という結論はそれはそれで悪くない。でも、そう思うのなら偉そうにネットで「日本のコの業界はぁ~」とか言うんじゃなくて、mixiやリアル赤ちょうちんあたりでやっててくれ。君の見識ってのはその程度なんだから。職人ってのは、寡黙に文句を言わずに働くのが美しいもんだろ?

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on10月 9th, 2009 at 0:46:40. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

One Response

Comments(0)Trackbacks(1)

  1. […] This post was mentioned on Twitter by medicalcloud. medicalcloud said: IT業界に文句と未練があるのなら、てめーが起業しろよ: ごーざ氏のエントリ プロの経営者とエンジニアの未来について思うこと を読んで、codemaniax氏のエントリ ふざけんな への違和感を思い出す。codemaniax.. http://bit.ly/Jt3Vd […]

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報