私は容赦ないです

ちょっと古いエントリのようなんだけど、twitterで誰かが挙げていたので。

【長文】全グルメブロガーに問う

ここで問われている、

あなたは、自分の意見にどのくらい自信がありますか?
また、自分の意見の影響力について考えた事がありますか?

は確かにそうだなと思う。でも、あえて、またそうであるがゆえに、私はダメな店は容赦なくdisる。

まぁ「容赦なくdisる」と言っても、ファーストフードに高級レストランみたいなサービスを要求して騒ぎ立てるのは、イタい行為だ。そういったのはやめればいいのになーと思う。向こうは「サービス」と言えども「業」なのだ。報酬に見合ったサービスを提供すればいいだけで、それを超えたことをする必要はない。いくら「お客様は神様です」とか言っても、限度がある。過度にサービスすることはない

とは言え、セルフサービスでない店だったら、席に座ったら水くらい出して欲しいし、注文も適当な時に聞きに来て欲しい。それくらいは要求する権利はあるだろう。そこで出し方がどーのとか、水の味がどーのとかってのは、分を超えている。

と、それくらいの常識をわきまえた上であれば、ダメな店は容赦なくdisってもいいし、それが主観であっても構わないと思う。なぜなら、

しょせん個人の意見に過ぎない

わけで、その正当性についてあれこれ言ってもしょうがないということと、ダメなサービスで嫌な思いをしたら、声は上げるべきだからだ。

後者については最近書いているので、そっちで。

「しょせん個人の意見に過ぎない」というのは、私がよく言う「ネットの意見は人それぞれ」ということと共に、

サービスの良否は主観的

だということからだ。

どんなに優れたサービスであっても、誰にとっても最良ということはまずない。ある人にとって良いサービスであっても、他の人にとってそうであるという保証はない。「ダメなサービス」については、わりと一致するところなのだけど、良いとなると難しい。ましてや、マス相手のサービスは難しい。だから、良心的な店としては「これがうちのベスト」として提示する。

ただし、その「うちのベスト」が「私」にとって良いかどうかは別だ。「他の人」にとって良いものであっても、「私」にとってそうだとは限らない。だから、よくある「店舗評価」で星がいくつかつくとかというのは、あくまでも「そう思う人が多かった」というだけであって、自分にとってそうだとは限らない。

とは言え、プロファイルの似た人は同じように受け取る可能性は大だ。また、具体的にどうだと書いてあれば、「それは私にとって良い」「それは私にはちょっと」と判断することが出来る。だからこそ、「自分」のプロファイルを明らかにしつつ、「自分の感想」を述べたり、「具体的な内容」を書いたりすることには意味がある。

だから、disりたかったら容赦する必要はない。もちろんそれで悪い印象を持つ人もいるだろうけど、他の人で良い印象を持つ人もいるだろう。さらにそれが「具体的」であれば、そこからいろいろ思うこともあるだろう。「ああ、ここでは酷く言われているけど、これは自分にとってアリだな」という人だっているかも知れない。

逆に変に容赦したり、オブラートにかけてあったりすると、良くわからない。また、感情だけが書かれていては、情報としての価値がない。だから、お店の感想とかレビューのようなものは、

容赦なく、事実と共に

書いてある方が有用なのだ。「私の一言で店の売上が」みたいなことを考えるのであれば、最初から何も書くなと思う。明らかにマズいものを「面白い味」みたいな表現で語られても、レビューとしての価値はない。まぁ「雑文」として楽しむ分にはそれでいいけど。

容赦なくdisり、容赦なく褒める。この方が情報としての価値がある。

自重はダークサイドだ。
Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on2月 11th, 2009 at 4:09:06. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

One Response

Comments(0)Trackbacks(1)

  1. 【長文】埋もれゆく過去記事に思う…

    こんばんは。

    ここ数日、うちのような過疎ブログでは信じられないようなアクセス数に跳ね上がっていました。
    すわ、炎上か!?とアクセス解析を見たところ、この過去記事のアクセス…

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報