ダメな仕事を受けないためのNGワード

体力のある大企業と違って、フリーランスや零細企業だと、「ダメな仕事」を受けてしまうと命取りだ。

もちろん戦略的タダ働きというのもあるのだが、体力がない身ではそれは限界があることを知っておくべきだ。

と共に、そういった仕事を避けることも考えておかなければならない。

弊社はSIを積極的に受けているわけではないが、背に腹は代えられない。お金が厳しくなれば、SIだってホイホイやってしまう。

とは言え、何でもかんでも引き受けていると、身動きが取れなくなってしまう。それでは自分も困るし、お客にも迷惑がかかる。場合によっては、業界に迷惑をかけてしまうことだってある。だいたい、原価割れでも仕事は仕事なんで、そーゆー仕事で苦労している間に、もっと率のいい仕事が目の前を通り過ぎて行かないとも限らない。原価割れの仕事は、

海水で渇きをいやす

ようなもので、その瞬間は何とかなっても、さらに厳しくなってしまう。

そーゆーヤバい仕事を持って来てしまう「お客」には、一定のパターンがある。簡単に言えば、

NGワード

がある。就職する側にブラック企業のNGワードがあるように、仕事を受ける側にもブラック企業のNGワードがある。以下思いつくままに。

「御社なら簡単ですよね」

これは前にもエントリを書いた。これを言われると、腕に自信がある人はつい「はい」と答えてしまう。詳細はリンク先へ。

「レベニューシェアで」

ちょっと手間や技術が必要、つまり高い見積りを出さなきゃいけない時になぜか言われる言葉。わりと相手の仕事の深いところまで関わった時に言われる。まぁリスクを見通せて、悪くないと判断出来ればやってみても良いかも知れない。しかし残念なことに、ほとんどの場合

タダ働き

をさせる時の常套句だと思っていい。だいたい金の入りについては、ほとんど場合相手が握っていることが多いので、仮に「ビジネス」が上手く行っても正しくシェアされる保証なんてどこにもない。

と言うか、そういった「ケチ」のやる「ビジネス」なんて、そもそも上手く行くわけがない。出すべき金を半ば詐欺のような口車で払わないような奴の「ビジネス」に金を払う馬鹿はいないのだ。

「今回は予算があまりないので小額になりますが、次回はしっかり払いますので」

これもあまり金が出せない時の常套句。零細企業としては大儲けしても税金になるだけだし、先の見通しを立てて楽になりたいとゆー欲があるので、ついうっかり乗ってしまう。

しかし、このような話で「次回」があったことは、私の20年以上の業界経験で

ただの一度もない

のだ。むしろ、「ピーターの法則」が適用されることの方が多い。世の中広いから、「40歳童貞を買いたい金持ちマダム」みたいなのがいるかも知れないが、まぁそうそうあることじゃない。そもそもが、その「次回」まで自分の命が続いている保証だってどこにもない。自分に体力がないとわかっていれば、自分の手の中にある金が全てだと自覚しておくべきだ。

「ぶっちゃけ予算はこれだけなんです」

これも見積りが合わない時に言われる言葉。ふっかけたわけでもなく、妥当だと思う金額の時によく言われる。

ここでついうっかり「じゃあしょうがないですね」とか言ってしまいがちなのだけど、自分に体力がない時にそれをやると命取りだ。ちょっと業界経験のある人が自分が妥当だと思って出した見積りや見通しは、そんなに間違っているものじゃない。フリーランスや零細企業であれば、倍半分くらいの見積りの違いは、実はそんなに痛いわけじゃないし、「じゃあもらった額に見合った仕事しかしませんよ」とか言う手もあるのだが、やっぱりダメだ。

プロが1円でも金をもらえば、それは責任を取るべき仕事だ。責任範囲を契約書で明確に書いてない限り、事実上

無限責任

だと思っていい。特に弱小だとそうなってしまう。だから、「もらった額に見合った仕事」なんて出来ず、「要求仕様に見合った仕事」をすることになる。「品質悪いですね」とか言われても「安いですからね。はっはっは」なんてのが通らないのが、日本クオリティとゆー奴だ。

「必要な額は後でちゃんと払いますので、すぐ着手していただけますか」

納期の厳しい仕事を出す時によく言われる。こっちも金と仕事に目がくらんで、つい契約書もなしに着手してしまう。納期が短いということは金になるのも早いとゆー意味なので、苦しい時にはつい引き受けたくなる。そうやっているうちに、納期が来てしまったりするのだが、その納期に合わせるように仕事を完成させてしまう。

多くの場合、これで払われる額は「必要な額」ではない。「はぁ? たったこれだけ?」なことがほとんどだ。私の経験では1000万単位の見積りを出していて1円も払われなかったことすらある。なんせ見積りも契約書もないんだから、払う方としては知らぬ存ぜぬが通る。

そもそも、「時間がないので早く」というのは、詐欺の常套句だ。「時間がない」ということで思考停止をさせて、正常な判断をさせない。タイムリミットが設定されていると、ついそれをクリアさせることを第一に考えてしまい、「そもそもやることが妥当か」ということの判断をすっとばしてしまう。こっちも「頼りにされてるからどうせやるんだし」とか考えてしまって、「契約でgdgdやって納期厳しくなるの嫌だし」とかってことで、片付けてしまう。

でも、現実には本当にそんなに「急ぐ」ことはまずない。また、それが本当に急いでいるのであれば、全力で逃げる方がいい。

「オープンソースにされて結構ですからご検討下さい」

こーゆー話になるのはうちくらいかも知れないけど、つまりは「コードの所有権を主張しないから安くやってよ」ということ。

でもよく考えてみよう。今時はオープンソースを適用しても、その適用のための費用を戴くのが常識だ(「え? うちもらってないし」とか言う奴は取れ)。その「費用」というのは、そのお客が「使う」ための費用なわけで、あなたが「使わせてやる」という費用ではない。「普通のお客」はオープンソースが使えるようになるまでの対価ですら払う。つまり、

オープンソースであることと仕事としての対価には
何の関係もない

のだ。そもそも、オープンソースにしてしまったら、それ自体のライセンス料で儲かるわけではないんだから、それが値引きの理由になるわけがない。それに、SIで作るソフトウェアがそうそうオープンソースとしての市場性を持っているわけでもない。

似たようなので「実績として出されても結構ですから」というのもある。どっちも「いいです」って言ってしまえばいいだけのことなんだけど。

「御社が頼りなんです」

結構自尊心を刺激されるこの言葉。でも、

言うのはタダ

くらいに思っておくのがいい。

てか、注意しなきゃいけないのは、その「頼り」の内容だ。「この価格でやってくれるのは御社だけ」とかだったら、自尊心もへったくれもない。日本語で言えば、「甘く見れるのは御社だけです」って意味だ。

この言葉を言われると断わるに断われないことになることが多い。でも、そこは適当に「大人の言い訳」でもして逃げる方がいいことが多い。たいてい、無茶を要求されているからだ。それに仮に本当に技術的な理由で頼りにしてるんだったら、割増費用払ってもバチは当たらねーぞ。

まぁ他にもいろいろNGワードはあるだろうと思うけど、私が「お客」に言われたものの一部を挙げてみた。まぁ、私がつけ込まれやすいだけかも知れないが。

PS.

いつもはPSで追記して行くようなことは、長くなったので次のエントリにしました。

フォントが酷いとかHTMLが酷いとか、知らねーよwww コメントの改行が無視されるとかも知らねーぞ。ま、暇だったらそーゆーことのエントリ書く。

PS2.

これは書いとかねばと思い出したのは、「他は○円だって言ってました」って奴。まぁその「他」が実在だったらまだしもね。まぁそんな時には、

「じゃあ、そこにやってもらって下さい」

と言って帰るのがいい。「次回」とかを期待しちゃってる不当廉売と勝負してもしょうがないし、パッケージとかテンプレートとか持ってるところとは勝負しても勝てるわけないし。まぁこれについても、いずれまた書くかも。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on7月 15th, 2010 at 23:55:49. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

20 Responses

Comments(19)Trackbacks(1)

  1. calc33

    客先で聞いたことのある台詞だらけ・・・(汗

    2010/7/16 金曜日 3:02:51 | #1
  2. a

    nice entry!

    2010/7/16 金曜日 3:11:53 | #2
  3. ttakeo

    構築の方がお金貰えたりするので、コーディングは余技くらいにオモた方が良いのかもしれない。

    2010/7/16 金曜日 3:50:36 | #3
  4. dameri

    はっはっは、言われた事があるセリフですね
    うちの場合は、相手が社会的信用もある中規模以上じゃない限り
    この手のNGワードの時は譲歩せずに相手に「ご縁がなかった・・・」と言わせてます。

    2010/7/16 金曜日 10:31:26 | #4
  5. Toru

    「〜から–に移植するだけです」
    「あの時のアレと全く同じです」
    「あの時のアレとの差はこの部分だけです」
    も、加えてほしい。

    こういう説明しかできない人は、だいたい仕事を炎上させる才能がある。
    よって、断る。

    2010/7/16 金曜日 11:32:07 | #5
  6. aaa

    レベニューって便利な言葉だよね。最近よく聞きます。

    2010/7/16 金曜日 19:37:59 | #6
  7. anonymous

    「長くなったので次のエントリにしました。」
    のリンクが間違っているようです。

    2010/7/16 金曜日 20:40:35 | #7
  8. yosshi

    昔この手の言葉に踊らされて痛い目にあいました。

    2010/7/16 金曜日 20:55:25 | #8
  9. nobody

    なんてこったい さっき言われたぞ・・・

    2010/7/16 金曜日 21:06:58 | #9
  10. nanashi

    どうでもいいところですが「ピーターの法則」の使い方間違ってますよね。
    独自の定義の法則を用いるのなら、紛らわしいので「ピーターの法則」という言葉は使わない方が良いと思います。

    2010/7/16 金曜日 21:08:00 | #10
  11. clausemitz

    今回は強烈に面白いですね。(^ω^;

    >40歳童貞を買いたい金持ちマダム

    こんなの迷惑メールでも見たことのない単語w

    2010/7/17 土曜日 8:39:28 | #11
  12. fuji

    とても面白くためになります。
    あーあるある。と読みながら頷きました。

    2010/7/18 日曜日 1:46:16 | #12
  13. gossun

    「更新が結構あるので」「他の事業も考えているのでいずれそっちもお願いしたいので今回はできるだけ安く」なんかもNGワードかも。

    2010/7/20 火曜日 12:35:48 | #13
  14. ogochan

    あるあるw

    結局「おいしそうな話」+「安く」は、ほぼみんなNGワードだとゆーことですね。

    2010/7/20 火曜日 21:53:36 | #14
  15. Enzo

    うちの営業ならどれでも飛びつきます・・

    2010/8/3 火曜日 14:25:57 | #15
  16. ogochan

    あるあるw

    2010/8/3 火曜日 15:31:59 | #16
  17. sindobook

    レベニューシェアでまともなのは最初はたくさん払うけど、量が増えてきたら割り引いてよって奴ですね。ボリュームディスカウントと言った方がいいかもしれません。
     ウチの場合レベニューと言われたら徹底的に相手と詳細を詰めます。それが出来ないところとは契約しません。出来ないと言うことは相手にこの事業の明確なビジョンが無いと言うことですから。

    2010/8/4 水曜日 11:36:28 | #17
  18. ason

    ああーーーー言われました。
    まさにレベニューシェアで。。。

    2010/8/9 月曜日 1:32:00 | #18
  19. uncle_polenta_

    業界は違えど、その手の文句は変わらない。これまで幾度となく、その手の言葉に翻弄され、高い授業料を払ってきたことか。要は、日本ならではの「あいまい」さを置き換えただけのこと。

    2010/9/13 月曜日 18:03:16 | #19
  1. […] 「この価格でやってくれるのは御社だけ」とかだったら、自尊心もへったくれもない。日本語で言えば、「甘く見れるのは御社だけです」って意味だ。 ●おごちゃんの雑文 […]

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報