「技術者育成」という上から目線

しばしば政策的な意味での「技術者育成」が話題となる。

これに対する私の答えは、「別に日本の技術者は貧弱じゃないんだよ。むしろ貧弱なのは経営者の方だろ」であり、これは今のところ変わる様子もない。日本のコの業界の問題点はまさにそこにあるからだ。

ということは、わかっている人はわかっているんじゃないかと思う。でも、なぜ「技術者育成」がしばしば政策になるか。それは単なる「上から目線欲」の満足のためではないか?

若干ひねくれつつよく考えてみれば「育成」なんて語はとても上から目線だ。イメージ的には、

こいつだ。「育成」という目線は、まさしくこれだ。もちろん、もっとマトモな会社もあるのだろうが、結局目線はこれなのだ。上手く育てて食う。ブラック企業はブラックなりに、そうでないとこはそれなりに。「いや、俺は豚じゃねーよ」って声はわかるし、「私は従業員を豚扱いなんてしてません」って声もわかるし、私もそう言いたいところなんだけど、「育成」の視点は結局はこれなのだ。

「技術者育成」というのは、しばしば「日本のIT業界がマズいので」的な文脈で語られる。「業界がマズい」というのは少なくともある見方としては正しい。それに対する私の答えは、いつだって

マズいのは技術者じゃなくて経営者

ってことになるのだけど、経営者を「育成」という視点で語られることはおよそない。「IT業界重鎮達」は現代の現場で炭鉱労働して再教育でもするべきだと思うんだけど、そんなことは会社に不満を持っている社畜どもでさえも言わない。そもそも、「経営者に問題あり」的な意見を「不満」以外の文脈で語る者さえ少ない。

これは突き詰めれば、

コの業界がダメなのは技術者のせい

という責任の押しつけでもある。でもさ、技術者で程々に出来る奴は、ちゃんと世界に肩並べてるってば。ところが「世界的IT会社の経営者」なんて日本にはいないぜ。

ということがあってもなお、「技術者育成」が語られるのって、結局それをやっている連中が技術者のことを

養豚所の豚

と同じような目線で見たいって思ってることじゃないか? 「育成」なんて視点はそうなんだから。

でも現実には、「世界的IT技術者」なんて日本にはゴロゴロいる。ところが、「世界的IT会社経営者」なんていないし、「世界的ITジャーナリスト」もいないし、「世界的IT系政治家」も「世界的IT役人」もいない。つまり、

育成が必要なのはテメーらの方

なんだよ。

お前はどうだって? 僕育成されたいんで、お金下さいwww

PS.

「育成って必要じゃね?」って話もあるんだけど、こと技術者に関して、特にここで「育成」とか言われている文脈で語られているような技術者には多分いらない。彼等に必要なのは、

能力の発掘と成長の機会

だ。つまり、誰かに育てられるようなものではなくて、もっと主体的なことだ。素質ある者を発掘し、成長の機会を与えることなのだ。間違っても「養豚所の豚」にしてしまうことではない。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on9月 9th, 2009 at 1:51:44. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

6 Responses

Comments(4)Trackbacks(2)

  1. clausemitz

    予想通り、うちのブログで取り上げたアレでしたか…(^ω^;
    ニコニコのID持ってない人はどうぞ↓。
    http://blog.livedoor.jp/clausemitz/archives/51047411.html

    2009/9/10 木曜日 21:51:26 | #1
  2. ogochan

    そりゃあんなにいい動画はないでしょwww

    2009/9/10 木曜日 22:21:08 | #2
  3. i16(愛一郎)

    古い話を読んで回るとそもそも昔の日米戦争も技術レベルでは負けてなかったでしょ。兵器の技術も戦闘機乗り等の技術も。経営というか戦略というか政治というかとにかく技術以外のほうをどうにかする必要があった。開発の進めかたという戦略がおかしかったので最後のほうは出来るもの効果のあるものを作らず出来ないもの効果のないものを無駄に開発させられたりしてせっかくの技術も活かせず数百万人が死亡して日本全国が焦土と化すというまるでコケ負けになったわけですが。そういう目にあったにもかかわらず反省がないというかそういう変わらぬ国民性であるというか。

    2009/9/22 火曜日 19:43:30 | #3
  4. ogochan

    鋭過ぎる…

    2009/9/23 水曜日 16:42:07 | #4
  1. […] おごちゃんの雑文 » Blog Archive » 「技術者育成」という上から目線 おごちゃんの雑文 » Blog Archive » 「技術者育成」という上から目線 […]

  2. […] This post was mentioned on Twitter by linn, Masafumi Ohta, Tetsuya Ohashi, Takeyuki Fujioka and others. linn said: 「技術者育成」という上から目線 http://bit.ly/1tVNKI […]

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報