「mixiの偉大なる発明」だったもの

日本のSNSはもう終わりだなぁって話はいずれ書く。

まぁそれとは直接関係ないのだけど、mixiに「仲良しマイミク」とかって機能がついたらしい。mixiやってる人はお知らせに出てるから見るといい。

これについてgdgd言うのも時間が惜しいので、かなり前にmixiに書いたエントリを皮肉として上げることにする。

おごちゃんの日記
2005年06月17日 14:10
mixiの偉大なる発明

mixiは国内の他のSNSから突出した存在のようだ。それと比べれば、ライブドアのSNSなんてまるで存在感がない。

これはシステムが(比較的)使いやすいとかという問題もさることながら、

マイミク

という概念を発明したということが大きいのではないかと思う。

他のSNSはこれを「友達」あるいはその類語で表現している。しかし、「友達」と言われるとそれぞれの持っている「友達」に対する固定概念に引きずられて解釈してしまう。そうなると、リンクリクエストが来た時に、いろいろ考えてしまう。「この人は自分の友達かどうか」と。

そうなると、よく知らない通りすがりに近い人に対してのリンクは躊躇してしまう。そうなればサービスとのつながりも薄くなり(「友達」なら他でも会える)、結果的にサービスが流行らなくなってしまう。

その点「マイミク」はお気楽である。これ自体には「ミクシイでリンク関係にある人」以外の意味がないからだ。だから、「誰でもおっけー」みたいなこともできるし、友達とイコールと考えることもできる。既存の色がついた概念ではないから、深層の意味は好きなように解釈ができる。リンクリクエスト(ミクリク)に応えるのも、肯定的になりやすい。

そんなわけで、私にとって「マイミク」とは「縁のあった人」という意味である。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on9月 7th, 2009 at 18:04:34. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報