キーボード購入

風呂の蛍光灯がダメになっていたので、ヨドバシに買い物に行く。

ヨドバシには3波長タイプの蛍光灯ばかり売っていたので、結局蛍光灯はヨドバシでは買わずにドンキで買うことにする。どうせ風呂の蛍光灯なんで、そんなに綺麗である必要もなければ、長寿命である必要もないから、一番安いのでいいんだよね。

で、キーボードも必要だったことを思い出して、パソコン用品売り場に。ヨドバシはいろんなキーボードが触れるのがポイント高い。そこでいろいろ触ってみる。

私がキーボードに求めることは、

  • サイズが大きくないこと。テンキーはなくてもいい
  • キーが軽いこと
  • 静かであること
  • キートップがグラグラしないで、真っ直ぐに押せること

である。さらに、最近は関節炎が酷いので、

  • キーを押し込んだ時の衝撃が小さいこと

もポイントになっている。

いろいろ触るのだが、まずその前にサイズの点でテンキー付きはrejectされる。

キーストロークは大きい方が楽なことが多いのだが、どうも最近の安いキーは、キーストロークが大きいとキートップがグラグラする傾向にある。これで大多数のキーストロークの大きなキーはrejectされる。

漢はHHKだという声もあるが、HHKも最近の奴はキートップがグラグラしてあまり良くない。キートップがグラグラすると、指がすべってしまってイライラするので、私にとってはHHKはダメなキーボードということになっている。

キーストロークの大きいので良かったのは、東プレ のものだ。まぁいろいろ評判のいいキーボードではある。キーを押し込んだ時の衝撃も小さいし、キートップはグラグラしないし、軽い。

とは言え、こいつは高い(2万くらい)。また高いだけではなくて、ちょっとキーストロークが長過ぎという気がしないでもない。そこで、他のものも探してみた。

その中で良かったのは、エレコムのだ。見た目も実際に使った感じも、まるでノートPCのようなのであるが、キートップはグラグラしないし、軽いし、衝撃も少ない。

どっちを買おうか迷った挙句、エレコムの方にした。

エレコムのキーには「ギアドライブ」もあるのだが、言う程キートップの安定性は変わらない。ギアドライブはキートップが真っ直ぐに降りるのがメリットらしいが、それ自体は別に打鍵の時のメリットでも何でもないので、これにした。

東プレのものも強くひかれるものがあるし、買えない値段でもないのだが、高いものが良いのはあたり前でしかないので、「安くていいもの」を発掘しようと思って、あえて選択しなかった。

しかし、キーボードっていろいろ種類がありながら、「これ」と思うものは少ないものだ。特に気に入らないのは、テンキーなしの選択肢が少ないこと と、打鍵音が小さいものが少ないということ。この2点だけでかなり絞れてしまう。さらに、キートップがグラグラしないものとなると、ますます選択肢がな い。まぁ好みの問題だと言えばそれまでなんだろうけど。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on10月 23rd, 2006 at 22:03:36. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報