X86_64の落し穴

ファイルサーバの続き。

ハードウェアを組み上げて、電源を入れてみる。ちょっとした配線ミスを直して無事起動する。起動したら、HDDを認識させるわけだが、認識しない。

dmesgを見る限り、インターフェイスを認識しているのだが、HDDがまるで見えていない。配線ミスした時に壊したかと思い、あれやこれや配線をいじったり、SATAカードを交換してみたりとかするのだが、動かない。HDDの箱が悪いのかと思い、直接つないでみても動かない。マザーに元々あるインターフェイスにHDDを繋ぐと動くので、HDDは壊れていない。だからつまりは、インターフェイスカードがまともに動いていない。

HDDが見えてないというのはわかったのだが、その理由がわからない。SATAドライバはいろいろと問題があるものだということがわかったので、Libata-tj-stableでパッチを取って来て入れてみたのだが、動かない。カードが悪いのかと思ってネットを探すと、むしろ「玄人志向で動くようになりました」的な話ばかりで、トラブったという話は皆無。

他のマシン(IA32)で試してみると、このカードもちゃんと動く。だから、カードも壊れていない。

実はファイルサーバはAMD64なものだから、64bitカーネルにしている。だから4GBの壁はないはず。だからメモリも4GBにしている。そこで「もしや」と思い、1GB抜いてみたら… ちゃんと動いた。

要するに、玄人志向のカードのチップ(Sil 3132)のドライバは、32bitまででしかテストがされていないらしい。4GBだと動かない。思うに、「Linuxで問題なく動いているカードとドライバ」と言われているものは、あくまでもIA32の範囲のことであり、それ以上となると要確認ということなわけだ。

そんなわけで、メモリは3GBになってしまった。せっかく買って来たのになぁ。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on10月 8th, 2007 at 5:29:44. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報