コミュニケーションロボット

寝てる時にふと思いついたこと。

カメラ、マイク、スピーカを、それぞれ目、耳、口のところに配置したような筐体を作って入れる。で、これをネット用の入出力機器とする。これが「ロボット」。

相手方は、HMD、ヘッドホン、マイクなぞを装備したヘッドセットを装着する。そうすると、ロボットがいる場所にいるのと同じ音が聞こえ、同じ視界が持てる。つまり、そこに行ったような気分になれる。ついでに首の向きに合わせてロボットが首を振れば、もっと臨場感は高くなる。移動とかも検出して… というのも良いかも知れない。バーチャルな郷里帰りとか、バーチャルな旅行とかに使えそうだ。身動き出来ない時(人)の暇潰しにも良いだろう。

さらに進めて、こいつら「代理ロボット」を集めて「会議」をやることもできる。ただし、代理ロボットが見えているところは、本人の映像にすげ替える。そうすると、テレビ会議にありがちのギクシャク感も低減する。

デザイン的なことを無視すれば、これらの機器は今現在秋葉で買って来るもので構成することが出来る。つまり、「夢のシステム」ではなくて「やろうと思えば作れる」ということ。実装するのも、多分「ロボコン」の類のためのロボットよりは簡単だろう。動かなくってもそこそこ機能するんだし。

暇があれば自分で作るんだけどな。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on9月 15th, 2007 at 18:05:33. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can Leave a response, or Trackback.

Leave a Reply

(Ctrl+Enter)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報