「残業時間」は効率の問題ではない

電通の件が元か知らないけど、私のTLには残業の話が増えている。その中で、

というのが話題になっている。

でも、はっきり言っておくが、「残業時間」は効率の問題ではない。

私が新人だった頃、単調な作業が嫌だったので、いろんな方法で業務改善をしていた。いわゆるhackerにありがちの行動である。

それはプログラムを書くとかシステム設計するとかに留まらず、多くの事務作業も含め、ありとあらゆることに及んだ。それくらい単純作業が嫌だったし、それで残業が増えても嬉しくないからである。デートもしたけりゃ教会の奉仕もしたいし、アルバイトもしたかった。もちろん仕事もしたいのだけど、単純作業は嫌だったのだ。

当時は今のように「一人一台のパソコン」という時代ではなかったし、その必要を感じることもあまりなかった。「ワープロ」は設計書を書くのに人気だったので、「管理台帳」があって時間予約してたものだけど。

まぁそういった昔話は置いておいて、「ワープロ」でもパソコンでも、さらには手書きのものでさえ、ありとあらゆる手で効率化を図り、それはかなり成功していた。

その結果、残業時間は

減らなかった

のだ。効率をいくら上げても、それで時間を作っても、ある程度成功してしまうと、「それが前提」になってしまう。つまり、その分だけ仕事量そのものが増える。もちろんさらなる効率化を図るのだが、作った時間分だけ仕事は増えた。

お陰で、給料は増えた。今のように残業カットの圧力の強くない時代であったから、残業しただけ金になった。仕事させる方も、「残業代出してるから」ということで、遠慮なしだった。

ブラック社長が意外と社員に支持される理由

全くこんな感じ。当時は若かったし、休日出勤はあまりなかったので、「給料増えてラッキー」「効率化のお陰で単純作業減ったし」とか思ってた。つまり、

たいしたデメリットはない

ので安心していたのである。

ここでは、「その油断が」みたいな話をするつもりはない。それは話の焦点がぼやけるだけだ。そんなことよりも、

作業の効率化は残業時間とは関係ない

ということを把握して欲しい。

よく、定時内で仕事をちゃっちゃと片付けることが出来る人は、「残業は効率の悪い奴がすること」とか思ってたりする。この考え方は仕事の出来るはてなーには、支持されやすい。それゆえ、

効率を上げることが残業時間の削減につながる

とか思われることは多い。

するべき仕事の量が決まっているのであれば、これは正しい。しかし、たいていの仕事はそうではない。余裕が出来てしまえば、そこに仕事をぶっこまれる。どこまでぶっこまれるかと言えば、

残業時間の上限

まではぶっこまれる。

その結果、多分売り上げは伸びる。その分だけ給料は底上げされるかも知れない。少なくとも会社はその分だけ儲かる。分配はどうなるか知らんが。

ここで、

  • 残業時間の上限
  • 分配するか搾取するか

といったことは、わざとあいまいに書いた。なぜなら、それらは

経営と労働者の意識の問題

だからだ。

「残業時間の上限」をいくらにするか。それは「0」かも知れないし、「80時間」かも知れないし、「天井なし」かも知れない。それは経営と労働者の意識の問題だ。

増えた「儲け」の部分をどう分配するか。給与原資にするかも知れないし、福利厚生にするかも知れないし、「搾取」されるかも知れない。それは経営と労働者の意識の問題だ。

逆に、効率が悪くて売り上げがイマイチである場合。それをどう扱うかもまた、経営と労働者の意識の問題だ。

そこの部分を忘れてしまって、ひたすら効率を上げることを目指しても、残業時間が減ったりはしない。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on10月 18th, 2016 at 11:09:04. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Responses are currently closed, but you can Trackback..

Comments are closed.

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報