日々のお料理

最近は、毎日のようにフランスパンを焼いてます。そのうちレシピ書こうと思ってるけど、まだまだ実験要素が多いんで。

いかにもセレブっぽいのだけど、どうも御飯を炊くよりも、その方が安くつくらしいことに気がついたからでもあります。オーブンの余熱とか電気食いそうだけど、稼動時間で言えば炊飯器よりも短いし、保温する必要もないので、多分電力的には得をしてる。手間はいろいろ工夫して省力化したので、御飯を炊くのと大差ないレベルになってます。

それ以外のおかず類も、毎食作ります。私は何でも「食べ切り」の量しか作らないので、一般家庭の食卓には「前の時に出たおかずの残りがあって品数稼ぐ」とか「常備菜」とかあったりするようだけど、うちにはありません。まぁその分品数少ないのだけど。

忙しいと作らないかと言えばそんなことはなく、週に5日徹夜してるような時でも、毎食作ってます。

よく「自炊は却って金がかかる」とか言う人がいるけど、そんなこともなく。まぁ、松屋の「ネギ塩豚カルビ丼」のコストパフォーマンスの良さは凄いと思うけど。

また、「男の人の料理って趣味だから」とか言っちゃう主婦とかいるんだけど、うちでは完全にルーチンワーク。「作る」とか「工夫する」ってのに趣味要素とゆーか、

hack

要素はあるのだけど、いかにも趣味の料理ですみたいな、コスト無視なんてものは、まぁ滅多に作りません。毎日のことですから。

私にとってはそれが普段の生活で、ことさら贅沢をしてるわけでもなく、却ってコスト的には得をしてるし、あまり面倒臭いとも思わずにやってます。面倒臭くならないように、手間を減らしたりして、それもまたhackで楽しい。

買って来る食材も、いかにも素材っぽいものばかりで、インスタント食品とか冷凍食品とかは、まぁ滅多に買いません。アメ横センタービルの地下で売ってる業務用の水餃子は、コストパフォーマンス素晴しいから買うけど、まぁそれくらい。

別に自作至上主義とかじゃなくて、インスタント食品や冷凍食品は結構高くつくので、そういったものを買うくらいだったら外食しちゃえと思ってます。それに、素材の方が応用しやすいので、食材がムダにならない。そもそも「××を作るために」とか思って食材買うことってあまりなくて、冷蔵庫覗いて「あー、あれがあるなら、これ作る」とかやってるし。

時々書いてるレシピを見るとわかるけど、あまり計ってものを作りません。「だいたいこんなもん」で作ってます。まぁこれも失敗しない秘訣とかあるので、また機会があったら書こうかと思います。

たまに数値入りのレシピがあるのは、数値通りにしないと再現性が著しく下がると思われるものです。主な材料が小麦粉なものは、ある程度ちゃんと計らないと再現性が下がります。と言っても、数値通りにしたら失敗しないとか、数値通りにしないと絶対ダメだとかってことはなくて、あくまでも目安であって、細かいところは「感触」だったりするわけですが。

つーことで、私が日々作るお料理なんてのは、「いかにもちゃんとしたもの」に見えても、たいして金はかかってないし、実はそんなにちゃんとしてるわけでもないし、凄い趣味でもない。なんつーか、

ルーチンワーク

なのです。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on7月 6th, 2012 at 17:22:00. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Responses are currently closed, but you can Trackback..

Comments are closed.

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報