「怒り方が足りない」とかゆー批判について

例の事件、結果的に弁護側は片山氏に騙されていたということになる。

それについて、どちらかと言えば弁護側にシンパシーを持ってくれていた人達から、

弁護団(側)の人達は片山氏への怒りが足りない

的なことを度々言われた。

まぁ、言いたいことはわかるし、私なんかでも結構腹は立ってる。それはまぁ、他の人達だってそう。まぁ、もっと正確に言えば、

怒りを通り越して脱力

してるわけなんだけど。

そりゃこれで鬼の首を取ったかのように「検察や警察は正しい」とか主張する人達や、「冤罪なんて怪しい」とか主張する人達、あるいは

佐藤弁護士赤っ恥。

とか言っちゃう人まで出ちゃうわけで、とりあえず腹立てておけば格好がつくというのは、それはそれでもっともな話だし、内心では怒り心頭な人もいると思う。まぁ、本当のところ「怒りを通り越して脱力」な人の方が多いと思うんだけど。

とは言え、弁護側に近ければ近い程、表立って怒る人はいない。なぜなら、

怒っても無駄

なのが、片山氏だからだ。てか、そーゆー怒りが通じるようなタマだったら、そもそも誰も「騙され」たりしない。

つまりはそーゆーことで、怒っても通じない相手に怒ってもしょうがないし、そこで怒るということはポーズに過ぎないし、そのポーズは何のためになるかと言えば、結局

僕悪くないもーん。

でしかないわけで、頭いい人達が見たらあまり格好のいい態度じゃない。

そんなところで怒って見せるよりは、真相や深層を見る努力した方が、ずっと楽しいし、問題解決になる。それが面倒なら、おいしい御飯でも食ってる方がいい。

まぁそんなわけで、誰もが温厚で緩いとかそんなわけじゃなくて、とにかく怒っても無駄なことだから怒ってないだけ。「視聴者」の皆さんは「なんだかなぁ」とか思って釈然としないと思うのだけど、一番釈然としないのは弁護団だろうし、その次に釈然としないのは「内野」にいた人達。その辺は理解して下さい。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on5月 28th, 2014 at 14:17:33. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Responses are currently closed, but you can Trackback..

Comments are closed.

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報