2chirc.netと2chbbs.net取得

スレにいろいろ晒されてるわけだが。

「2ちゃんの万一の事態」に備えて、とりあえずそれっぽいドメインを取得した。既に2ch ircに関しては、2chirc.netでも見えるように設定した。

「2ch.netの差押え騒動はひろゆきとZakzakのネタ」という話もあるようだし、ドメインの差押えが果して法的に認められるかどうかの議論もあるのだが、「備えあれば憂いなし」ということで、「万一に備えて」ということで取得しておいた。 必要とあれば、いつでも「2ちゃんのため」に使って欲しいと思っている。

とゆーか、こんなドメインを「私用」で取る度胸は私にはない。一歩間違えればvipperの格好の「ネタ」だ。そんなリスクのあることは、賢い奴はしないものだ。

じゃあなんで取ったかと言えば、「2ちゃんなもの」が消えてしまいそうなことが嫌なだけだ。2ちゃんを嫌悪する人達は確かにいるし、私自身が2ちゃんに被害を受けてないかと言えばそうではない。別に私は「バリバリの2ちゃねらー」というわけでもない(2ch ircの鯖缶の一人ではあるが)。また、最近のvipperの暴れ方は、あまり好ましいとも思わない。

しかし、いろんな意味を含めて「真に大衆のためのメディア」は、2ちゃんを置いて他にはないとさえ思っている。「ネタ」はあっても「嘘」はない。まやかしの「市民メディア」とは違う、「大衆メディア」なのだ。あそこにある悪意も善意も、全て「普段着の大衆」によるものだ。それが2ちゃんの価値だ。

人には善意があり悪意がある。それをストレートに表現している場が「2ちゃんねる」なのだ。「一部の善意」のせいで2ちゃんねるがもてはやされるのも、「一部の悪意」のせいで2ちゃんねるが攻撃されるのも、どちらも「人の一面」でしかない。全てがあって「人」であり、その投影が2ちゃんねるなのだ。

だからこそ、「2ちゃんなもの」に消えて欲しくはない。もちろん2ちゃんねるの使っている技術は既に過去のものだから、いずれ新しいものに代わるかも知れないし、そうあるべきだろう。しかし、「2ちゃんなもの」はそういったプラットフォームを越えた「文化」である。とは言え、今はまだ「古いプラットフォーム」の上でのみ存在しているわけだから、「次代のプラットフォーム上の2ちゃんねる」ができるまでは、このプラットフォームは守らねばならないのである。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on1月 15th, 2007 at 13:28:36. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報