「キャッシングリボ」に注意

ふと、「グレーゾーン金利がなくなったら金利はどうなるんだ?」ってことを思って、サラ金やキャッシングとゆー「簡単に借りれるけど金利が高いもの」の金利を調べてみた。

そうしたら、案の定

キャッシングリボの方が高金利

だとゆーことがわかった。

まぁ、カード会社のキャッシングやらリボやらの金利は安くないから注意しろってのは、昔から言われていることではあるんだけど。

率だけ比較すると、手元にあるアコムが15%。多分これは契約が古くて実績もあるから、金利が下がっているんじゃないかと思う。そこで、広告を見ると、18%と書いてある。利息制限法の上限一杯だ。

銀行系のプロミスだと、17.8%ということになっている。

これがVISAのキャッシングリボだと、一般会員で18%

これを見ると、「なんだみんな18%で横並びじゃん。プロミスが安いと言っても誤差だろ」と思うかも知れないが、実は罠がある。

サラ金の返済は、原則的に

期限内でいつでも返せる

ようになっているし、一度にいくら返してもいい。もちろん、金利は借りた額と期間だけの計算になる。極端な話、100万円を今日借りて今日返せば、金利は0だ。「そんな借り方ねーよ」と思うだろうけど、これは実は使い出がある。深夜、銀行ATMを探して自分の金をおろすと、手数料が取られる(取らないところも増えたけど)。これをサラ金から借りて昼間返せば、その手数料すらいらない。まぁそんな裏技みたいなことをしなくても、

借りた金はとっとと返す

ことが可能だし、そうすれば余分に払う金は少なく出来る。つまり、実質の金利を下げられる。

ところが、カード会社のキャッシングリボの場合、

返済額は借入額に応じて、月々一定

になっている。「今日借りて明日返す」ことは不可能だし、「次の引き落としの時に全部」すら不可能だ。つまり、借りた期間だけしっかり金利が取られる。

つまり、「サラ金」と「キャッシングリボ」の金利の間には、利率以上の違いがあるのだ。

ところが、世の中の認識としては、「サラ金よりもカード会社が安心」みたいなのがある。つい「リボ」を使ってしまう。でも、その人の金回りのことを考えれば、ほとんどの場合、

キャッシングリボ使うくらいなら
サラ金の方がマシ

になっている。

ついでに書いとくと、キャッシングでない方のリボ払いは、VISAは15%となっている。サラ金の金利より3%安いんだけど、これも「借入期間中しっかり取られる」ことを考えれば、実は「安い」と言える違いじゃない。「借りた金はとっとと返す」ことをするのであれば、簡単に逆転出来てしまう程度の差でしかない。

そんなわけで、キャッシングに限らず、

リボ使うならサラ金

くらいに思っておいた方がいい。

もっとも、VISAもプロミスも三井住友系だって点では同じなので、金利そのものについてはいずれ是正されるかも知れない。それでも、返済のスキームが変わらない限りは、「実質はサラ金の方が安い」ことに変わりはない。

PS.

コメントによると、「キャッシングリボでも一括返済可能」とのこと。それは朗報なんでリンクを張ろうと思って探したのだけど、なかなか見つからない。どこにあるのだ? このエントリの目的は「注意しましょう」であって、「クレジット会社はクソ」ということを言いたいわけじゃない。

でも、仮にそーゆーサービスがあるとしても、簡単にはその説明が見つからないってことは、要するに使って欲しくはないってことなんだろう。わかりにくいサービスはないのと同じだ。

PS2.

どうやら、ここに書いてあるらしい。

キャッシングリボの臨時のご返済方法

「繰り上げ返済」という類の表現かと思ったら…

ということで、キャッシングリボをしてしまった人は、定額の引き落しにままにするんじゃなくて、「あぶく銭」のある時にはとっとと返してしまうことを強くお勧めします。方法とか見る限り、やっぱり「なるべくして欲しくない」な臭いがぷんぷんするので、金利も同じなんでサラ金から借りてでも返してしまった方が良いと思う。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on7月 11th, 2010 at 17:09:42. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

10 Responses

Comments(10)Trackbacks(0)

  1. amex

    すくなくともDC+VISAとかは、リボでもいつでも返せますが?たぶん、他でも同様に返せると思いますがね。

    2010/7/11 日曜日 17:16:02 | #1
  2. ogochan

    なんと「初耳」ですね。多分事実としてそれがあるんでしょうが、私は知りませんでしたから。キャッシングリボで借りたのを一度で返したくて調べてもわかりませんでした。つまり、それ程に知らせていない。

    ちなみにアコムでは、契約の時にしつこいくらい言われました。「実際の金利は安いんですよ」と言いたかったんだろうとは思いますがw

    2010/7/11 日曜日 20:28:50 | #2
  3. amex

    そんなにわかりにくくはしてないと思うんですけどね。わかりにくい会社もあるかも知れませんが…。
    たとえば、以下。

    http://www.smbc-card.com/mem/loancash/loancash_hensai.jsp

    さすがに、返したい時に返せないってのはあまりに借り手不利なので規制されてるんじゃないかと思うんですけど…そこまでは調べてないです ;)

    2010/7/11 日曜日 21:29:32 | #3
  4. ogochan

    「臨時返済の方法」って表現なのか。そりゃ探してもわからないわけだ。どうもありがとうございます。

    2010/7/11 日曜日 21:32:28 | #4
  5. Enzo

    キャッシングじゃないけど家買った時の借金なんて
    繰上したり借り換えで一括返済されると儲けが減るので
    担当者がなかなかつかまらないことがあります。
    返済が滞った場合には即座に電話かけてくるのに。

    2010/7/15 木曜日 13:15:11 | #5
  6. ogochan

    私結構必死な営業にあったんだけど、あれは公庫からの借り換えだったからなんだな。納得。

    2010/7/15 木曜日 21:43:09 | #6
  7. Aki

    ちょっと古いエントリーにコメントですが、現金借りて一定金額返すなら、労金マイプランのモバイルタイプが一番お薦め。
    自分が普通の組合員だったら、金利は5%~6%。
    ちょっと優遇金利が付けば4%前後になります。
    現役労組員じゃなくても、口座作ってある程度取引してれば、向こうから案内が来ると思います。

    2010/8/2 月曜日 20:49:06 | #7
  8. ogochan

    なんとゆーライフハック。
    友達んところの従業員だってことにして労働組合作ればいいんだな。

    2010/8/2 月曜日 21:29:10 | #8
  9. Aki

    東京だと中央労金の案内(PDF)が詳しいです。
    http://chuo.rokin.com/kariru/pdf/myplan.pdf
    組合だと3年以上の実績が必要になるので、それなりの古いところに名前を参加させて貰うとか必要かも。
    生協会員でも組合員よりはちょっと高いですけど、リボ系としちゃあ非常に安いですけどね。
    オンラインバンキングを使えば、申し込んだ枠内で本当にいつでも借りていつでも手数料0で返すことが出来るので、わざわざ貯金崩したくないときとかは、非常に便利です。

    2010/8/3 火曜日 11:34:11 | #9
  10. Aki

    東京だと中央労金なので、以下を参照して下さい。
    http://chuo.rokin.com/kariru/pdf/myplan.pdf
    組合は3年以上が条件なので、どこかある程度歴史のあるところに名前を加えて貰う必要がありますね。
    後は、生協会員になるか。
    オンラインバンキングにしておけば、借りるのも返すのも直ぐですし、無論一括返済、一部返済も手数料無しです。

    2010/8/3 火曜日 14:21:52 | #10
  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報