ネットの限界、テレビの限界

もう一発「はやぶさ」周辺のネタ。

「はやぶさ」の諸々の様子はネットでしか見られない。テレビではほとんど報道されない。ちょうどサッカーの時でもあるので、しょうがないっちゃーしょうがないんだけど、そこの

テレビの限界

を感じる。

まー、多分ワールドカップの方が視聴率も取れるだろうし、金にもなる。そりゃそうかも知れないけど、それはテレビっつーかオールドメディア達が、そーゆー教育を視聴者にして来た結果だ。こういった「イベント」で人々を熱狂させるような、そーゆー「教育」をして来なかったわけだ。

私がガキの頃、アポロが月に行ったのだけど、その時なんて大変なものだった。なんかその頃のジュースのオマケのコップがまだ郷里にあるんだけど、そんなものにまで着陸船の絵が描いてある。まぁ、確かにみんなが科学に夢を持っていた時代だったからでもあるんだけど。

そのセンで行けば、「日本独自」の「はやぶさ」で、そーゆー熱狂が作れないわけじゃない。「はやぶさ煎餅」だの「はやぶさのモデル付きジュース」だのがあってもおかしくない。そーゆーことを作って行けば、はやぶさ帰還のイベントは、視聴率にも金にもなったはずだ。

しかし、現実にはそうなっていない。NHKですらやらないらしい。

まーそーゆー馬鹿どもには付き合わないで、俺達はネットで見るぜ… と思っていたら、そうは行かなかった。

あちこちのネットメディアで、「はやぶさ」の諸々は中継されている。それはいいんだけど、あまりの人気でどれも見えない。つまり、どこも

パンク

してしまったわけだ。

高々テレビには相手にされてない程度の数の人間が集中してアクセスしている程度で、「ネット」はパンクしてしまった。どうひいき目に見ても、いまだネットはテレビの敵じゃない。

テレビの残りカス

程度で使えなくなってしまうからだ。

まぁこの一連のことが幸いなのは、テレビは「衰退の結果のショボさ」であり、ネットは「発展途上のショボさ」だということ。「ショボさ」自体に大差はないのだけどね。

PS

で、ネットで見てると、いつものように「ミンス、ミンス」と言う馬鹿が多くてウザい。言いたいことはわかってるから、他でやれ。

PS2.

↑では「テレビの残りカス」って書いたけど、実はそんなに「カス」でもなかった。

ニコ動で10万超え、ustのミラーが万のオーダになり、管制室のustや和歌山大のustとか総合すると、ざっと20万は下らない。見れた人だけで全国で20万というのは、テレビの視聴率としても「カス」とは言えない。特に日曜日の深夜として考えたらなおさら。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on6月 13th, 2010 at 21:00:02. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can Leave a response, or Trackback.

One Response

Comments(0)Trackbacks(1)

  1. […] This post was mentioned on Twitter by 楠 正憲, Baron OGOCHAN, taz (たつ), KOBATAN, 愚民Artane. and others. 愚民Artane. said: RT @ogochan: まー、私がテレビをdisってる理由は書いておいた > ネットの限界、テレビの限界 http://j.mp/bvZRof […]

Leave a Reply

(Ctrl+Enter)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報