「JOYSOUND」のランキングがヤバい

JOYSOUNDのランキングがヤバい。

カラオケランキング-総合|JOYSOUND.com

何がヤバいって、これは「総合ランキング」だということ。つまり、JOYSOUND利用者全体のランキングなのだ。

ぱっと見るとわかると思うのだが、ほとんどが「アニソン」と「ボーカロイド」だ。クドいようだが、これは「総合ランキング」であって「アニメランキング」ではない。つまり、JOYSOUNDで歌う人は、

アニソンとボーカロイド

が多いということだ。まぁあくまでも「ランキング」だから、これらの占有率が高いというわけではないのだけど。

「アニソン」については、実はそれ程驚いていない。なぜなら、アニソンは今時珍しく「メディアで繰り返し流れる」曲であり、「仲間で盛り上がりやすい」曲だから、親しまれやすいし、歌われやすい。そもそも、たいていのアニソンは「みんなが歌う」ことを意識して作られている。

どこかで読んだのだが、

アニソンは歌謡曲の正統な後継

という話もある。そう言われて聞けば、80年代頃の歌謡曲に似た「くささ」がある。

「くさい」というのはリアルではうっとおしいが、バーチャルでは心地良い。韓流ドラマが流行ったのも、日本ドラマがリアリティに向かい過ぎて「くささ」が減ったからだとゆー分析も出来るわけで、「くささ」は重要なのだ。とは言え、「リアリティ」と「くささ」は同居したがらないものだから、「アニメ」というバーチャルにくっつけておけば、うっとおしくなく、また無邪気に歓迎出来る。なので、現代の音楽シーンを考えれば、アニソンが上位に来るのは不思議でも何でもない。

私が衝撃を受けたのは、むしろボーカロイドが随分あるということ。

「ボーカロイド」のオリジナル曲の作者は、たいてい「素人」か「野生のプロ」だ。つまり、商業ベースの音楽とはあまり縁のない、商業的には素人に属する人達だ。「素人パワー」がここまで侵食して来ているという点を脅威に感じるわけだ。

プロは当然ながら、「勝つ気」で来ている。また、曲を作ることで少なからぬ報酬を得ている。そういった素人に負けるはずのない存在、そういった人達が頑張っている業界が、かなり素人に侵食されているわけだ。

かつて、フリーソフトウェアが伸び始めた頃、当初は「しょせん素人の作品」という扱いを受けていた。それがそのうち、企業が参入したりして、だんだん業界の一翼を担うようになった。そういった姿を目の当たりにしていても、「音楽」や「文学」に関してはそうはならないというのが、大方の見方だった。

「文学」と言えるかどうかは別にして、最近のドラマ脚本は「オリジナルはネット」のものは少なくない。多分「電車男」あたりからなんだろうが、それなりに増えている。ドラマに限らず、映画にも侵食している。つまり、

ウケれば素人でもOK

な世界が作られつつある。

音楽は昔からフリーな曲は結構あったのだけど、それらがメジャーで流通するのは難しかった。ところが今やここでも「ウケれば素人でもOK」が可能になってしまった。「良いもの」であれば、誰の作品でも構わないということが可能になった。

これらのことについて、ここから先にはいろいろなことが考えられると思う。音楽業界やCD業界の停滞を見ることも出来れば、CGMの現状を考えることも出来るだろう。そういったことは他の人に譲ることにするのだが、とにかくこの「ランキング」にいろいろ感慨深いものがある。

PS.

「後継者」のことはちょっとソースを失念。まぁ、多分私のことだからtwitterあたりで聞き齧ったんじゃないかと思います。

PS2.

オリコンもかよ…

初音ミク“ボーカロイドアルバム”が徳永を押さえ、初首位

まぁ確かに「JOYSOUNDじゃん」ってのもわかるんだけど、いくらヲタ曲の多いJOYSOUNDと言っても、行くのが全員そうだってわけじゃない。ほとんどの人は「入ったカラオケ屋がJOY SOUNDだった」だと思う。それに「オリコン」の話を見ても、「やっぱりなぁ」感があるわけで。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on5月 24th, 2010 at 13:28:26. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

5 Responses

Comments(4)Trackbacks(1)

  1. Ryu

    素人なら『一生に一本ヒットが出れば成功』ですから一本に凄い時間と手間暇と情熱を捧げられるんですよね~。プロの人は本当にこれから大変そうです。

    2010/5/24 月曜日 21:48:59 | #1
  2. ogochan

    そこなんですよ。一発屋ばかりでも、その一発屋は後から後からやって来る。「プロいらない」とは間違っても思いませんが、いろいろ油断ならないなと。

    2010/5/24 月曜日 21:55:55 | #2
  3. 株式戦隊サラリーマン

    鉄拳(芸人の方)がフリー時代の方が
    給料良かったっていう話を思い出しました。

    プロ(芸能プロ所属)になって
    給料下がるってなんか切ない・・・

    2010/5/25 火曜日 1:09:45 | #3
  4. 謎の匿名希望

    今週はもっとすごいですよ。
    エヴァとけいおん!!と坂本冬美さんが頑張らなかったらどうなっていたか・・・・・

    2010/5/31 月曜日 20:58:43 | #4
  1. […] This post was mentioned on Twitter by Baron OGOCHAN, minemaz. minemaz said: RT @ogochan: エントリにしてみた > 「JOYSOUND」のランキングがヤバい http://www.nurs.or.jp/~ogochan/essay/archives/2442 […]

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報