もっと評価されるべき

テンションが低いなーと思いつつ、ダラダラとRSSの消化をしていたら、こんな記事を発見した。

新作映画「スピード・レーサー」

評論家は結構酷評している。となれば見ないわけには行かん。

だいたいに、ハリウッド映画なんてものはストーリーなんて考えちゃいかん。どかーーん、ばぁぁぁぁぁん!!みたいな音響だの擬音だので表現される、ド派手な映像。これが基本だろう。ストーリーなんて、3行でいい。

悪者が現れる

大乱闘

正義は勝つ

これだけだ。これをフレームワークにして、アクションだのCGだの「愛」だのが組み合わせられる。これでいい。ハリウッド映画にこれ以上を求める奴は頭おかしいだろ。異論は認めない。

と思っているので、テンション上がらないなーとか、暑くてダルいなーな時に、脳天気に「どかーん、ばーん」を見てすっきりするのにはいい。小難しいストーリーなんて、邪魔邪魔邪魔邪魔邪魔。水戸黄門並の単純なストーリーがいいのだ。

という感覚でいるものだから、件の映画の評論家による「酷評」を読んで、今日みたいな日にはちょうどいい、

見るしかない!

と思ったわけだ。ということで、上野東急へ。

ストーリーはネタバレになるから書かない。いや、書いたってしょうがない。さっきの3行で十分なんだから。まぁ気になる人はWikipediaでも。

全編実写+CGということなんだけど、ほぼ全部CGだと思っていい。で、CGだよってことが妙に強調されてて、ハイライトが効き過ぎの画だ。これにちょっと違和感があるんだけど、慣れてしまえばどうってことはない。てか、そんなことはどーでもいー。

映像技術としては、一言で言えば「タツノコプロをハリウッドでCGにしました」という感じ。これ以上の表現が思いつかない。今時のアニメじゃなくて、昔の漫画をCG化したという感じ。リアリティなんてまるっきりなしの、漫画そのもの。この単純さがいい。ここまで物理法則を無視してると、特撮も難しかろう。と言うことでCGなんだろうと思う。

意味不明の日本語やら、日本人の役で韓国人俳優が使われてるとか、そいつの名前は韓国風なのに妹が日本風の名前とか、そういったハチャメチャさも、結構心地いい。「あーアメ公の認識ってこの程度だよな」と思いながら見ると、これはこれで楽しい。妙な漢字が出て来たり、変な日本人アナウンサがいたりとか、いったいこれはどんな国を思ってるんだよとか、つっこみどころ満載だ。最後の方のシーンで、「弾幕」が流れるところなんか、お前はどこでそれを覚えたんだ、絶対ニコ厨だろとか。でも、エンドロールを見る限りでは、他の映画よりも日本人スタッフは少ないくらいだ。

原作が「マッハGoGoGo」だということになっているけど、それは「嘘」だと言っていい。もう本当に物心ついた頃のテレビだったからまるっきり覚えてないけど、こんな話じゃなかったはずだ。だいたいこれが本当だったら、

スタートレックの原作は水戸黄門

だと言っても良いことになる。DS9は「暴れん坊将軍」な。もうそれくらい「原作レイプ」だ。

ハチャメチャなストーリーで、つっこみどころ満載の設定で、ひたすらファンタジーを通り越したトンデモで。そりゃまぁ冷静に見る評論家様にとっては、B級の駄作なんだろうと思うけど、

映画なんてニコニコ出来ればいーじゃん

という向きには、最高に面白い。

評論家の酷評のせいか、映画館はガラガラに空いていたけど、こんなに「漫画」で面白い映画もそうそうないんじゃないか? しかも、これが日本映画じゃなくてハリウッドなところまたいい。ハリウッドにありがちの、馬鹿馬鹿しいつーかお手軽さが、実に心地いい。

ニコ動的に言えば、

「つっこみどころ満載」「MAD」「原作レイプ」「もっと評価されるべき」「マッハゴ」

あたりのタグがつくのが妥当だろう。

まー、それはさて置き、夏のテンションの低い時には、ぜひ見ておくべきだ。何か得るものなんてまるでないけど、2時間15分の忘我の時が過ごせる。いろいろネットで探すと評価が低かっただの、観客動員数がどーだこーだって話が出て来るけど、そいつらは

正しいハリウッド映画

を知らないアフォどもだから気にしなくていい。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on7月 13th, 2008 at 17:29:03. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

2 Responses

Comments(2)Trackbacks(0)

  1. ookami

    同意です(w

    私は日記では色々書いてますが
    確かにおっしゃる通り
    正しいハリウッド映画ですよ
    頭カラッポにしてみると気持ちいいですね確かに。
    元ネタに日本のマニア系文化が多いのはこの兄弟の作品の特徴ですから(w

    人の評価は気にせずに、興味が沸いたら見に行けって感じですよね

    2008/7/15 火曜日 22:46:49 | #1
  2. ockeghem

    おごちゃんの絶賛を読んで、昨日、みなとみらいまで行って息子と見ました。確かに面白かった。
    今時のアニメより、よっぽどマンガですね。途中でカンフーやらニンジャやら出て来たのも、彼らなりの原作に対するオマージュなんですかね。
    そういう馬鹿ばかしさも含めて堪能しました。

    2008/7/31 木曜日 13:04:11 | #2
  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報