○○を××するnの方法

世間ではblogのアクセスを増やすのには、「○○を××するnの方法」というタイトルが良いらしい。まー、私の雑文はそういった「アクセス稼ぎ」とは別の世界にいるから、「ふーん」でしかないけど。

で、あちこち見ていると、このnは結構大きい。「10の方法」とか見ると「どうやってそんなの覚えるんだ」とつっこみたくなる。10個もゴチャゴチャ書かれたって、覚えることすら出来ないから、心に止めておくことも実践することも難しい。

私が文章を書く時の「n箇条」は、原則的に

だ。それ以上でもそれ以下でもない。ほとんどの箇条書きの項目数は3である。これは書く時にそう調整しているからだ。

箇条書きで項目が3より多い場合、4とか5になっている場合は、たいてい内容がかぶっている。しばらく推敲すれば、3に収まるはずだ。これが7とか10になってしまっていたら、それは秘訣でも要点でもない。単にだらだらと思いつきを列挙したに過ぎない。現実にそうでないにしても、そう受け取られてもしょうがない。また、仮にそれの全てがエッセンスであったとするなら、覚え切れなくて実用にならない。

逆に3より少ない場合、たいてい重要なものを落としている。本当はもっとあるはずなのに、項目として挙げ損ねている。あるいは、そもそもそういった項目を挙げるべきものではないかも知れない。

実はスピーチの時にはこれを逆に使うことが出来る。つまり「○○を××するには3つある」と、最初に宣言をしてしまう。エッセンスとしての「3」は納まりがいいだけではなく、納得もさせやすい。だから「3つある」と宣言してしまって、3つ思いつきを並べてしまう。そうすると、聞いてる方はなんとなく納得してしまう。思いつきであっても、3つ例示されると納得してしまうのだ。

まぁそんなわけで、「○○を××にするnの方法」に信憑性があり、かつ実用性があるのはn = 3の場合に限る。だから、実際に自分でそんなものを作ったり書いたりしたかったら、n = 3に持って行く努力をするべきだ。また、n >> 3のものを見たら、「単なる思いつきだ」と思ってスルーしておいても、そんなに損もない。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on10月 16th, 2007 at 22:57:46. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報