記者の対応のこと

またギャラの話になるんだが。

俺がいままでマスコミに取材されてもらったギャラと、記者への印象

この手のことは、今まで何度も血祭りに挙げているんで、「またか」なネタなんだが。

この話になると、真っ先に思い出すのは、「日経メディカル」の某記者である。「某」と書くのは別に匿名にしたいわけじゃなくて覚えていたら実名にするところなんだが、あまりに不愉快だったので記憶から消したので思い出せないだけだ。

まだ医師会の仕事をしてた頃に、知り合いの山崎記者の紹介で来た記者が不愉快極まりなかった。確か、医師会長が坪井さんから植松さんに代わった時の話だったと思う。

こっちは別に医師会のスポークスマンではないし、別に医師会の利益代表でもないのに関わらず、なんか話の途中から喧嘩ごしになって来た。私は自分の理解している範囲での医師会の立場を解説してやってるだけなのに、なんだか知らないが私が医師会の利益代表であるかのような、そういった態度になって来る。あまりに不愉快だったので、

帰れ!

と言いたいところなのだが、知り合いの記者の手前と「医師会の代表という幻想」とがあって、我慢し続けた。

当然、そのインタビューの後で礼を言われたこともないし、何かの記事になったかどうかも連絡がないし、もちろんギャラの類なぞあるわけもない。

良い思い出があるのは、「朝日新聞」。取材してくれたのは、大鹿記者だったのだが、ちゃんと事前に調べて来てるし、あまり「シナリオ」を強いるところもなかった。終わってから「ギャラとか出せないので」ということで、当時住んでた原宿まで

朝日新聞の旗のついた車

で送ってくれたので、ちょっと嬉しかった。

他はまぁこんなものかなという感じ。だいたいのイメージとして、保守的な老舗メディアはいろいろ配慮してくれる。アナーキーな新興のメディアは何もしてくれないし、態度もよろしくない。これは政治的な立場と言うよりは、「守備範囲としている世界での立場」としてなのだけど。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on8月 2nd, 2016 at 11:54:23. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Responses are currently closed, but you can Trackback..

Comments are closed.

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報