「チキンフィレダブル」

無茶なものは食わないではいられないので食って来た。

でも、言う程のことはなかった。

以下はヨタなんで読む必要ないよ。

「フライドチキンにベーコンはさむ」とか、正気の沙汰ではない。そこに痺れ憧れて、はるばる秋葉駅の向こうまで行って来た。

ところが、出て来たものを見ると、

小さい

のだ。まーそりゃ油でギトギトであろうものだから、そんなにいっぱい食えるもんじゃないってのはわかるんだが、量としてはちっとも食った気がしない。「セット」と言ってもケンタッキーのはドリンクしかついてないので、ポテトつける。

ハンバーガーの類が1個で満足出来るとは思ってなかったので、「念のため」に「醤だれチキンサンド」も追加したのだが、これもペロだ。

若者じゃないんだから、こーゆーものをばかばか食えるわけでもないんだが、それでもあっと言う間だった。

娘と一緒に行ったのだけど、娘は件のサンドの他に「フリフリポテト」を食っていた。

二人の感想としては、

多分もう来ないな

ってこと。

件のサンドがイマイチ小さいということもあるのだけど、なんとゆーか満足感がない。それでいて、二人合わせて2000円くらいの金がかかっている。「フリフリポテト」なんて、あれだけで320円だ。320円あったら牛丼食えるぞ。二人で2000円とか、普通に飯食った方がいいぞ。2000円あったら、「シャリマール」のランチバイキングとか食えるし。

ケンタッキーのフライドチキンは、おいしいと思う。同等以上のものを作れるかと言われれば、私は無理だ。そういった意味では、価値のあるものだと思う。

しかし、「コストパフォーマンス」的なもの、払っただけの満足感があるかと言えばそうではない。高々ファーストフードで2人で2000円。それでいてイマイチ満足感がない。

こういった店のターゲットは何なのだろうと考えてしまう。他に満足な選択肢がない田舎なら、高校生が贅沢して… という展開もあるかも知れないが、それなら「マック」の方がアリだろう。もっと安くて満足出来る。

大人がおシャレな軽食というのも無理がある。「おシャレ」ならもっといろいろあるし、そもそもフライドチキンはあまり上品でもない。女の子なら油の多さが気になるだろう。

とかいろいろシーンを考えてみると、まるっきりターゲットというものが見えて来ない。たまたま出来心で入った人とか、ネタ的な意味で来た人、あるいは無性にフライドチキンを食いたくなったくらいしか、行くシーンが考えつかない。つまり、普段の食事の選択肢には出て来なくなってしまっている。

それに比べれば、マックはいい。セットを頼めばそれだけで1食分ある。松屋とか吉野家とか、もっと安いファーストフードもあるけど、それらと比較して凄く高いと思うこともない。とか考えると、ケンタッキーは何かチャレンジが成功しない限り、これから衰退する一方ではないかと思う。実際、この近くの店舗は減っている。マックが増えているのと比べると、随分な違いだ(ケンタッキーは秋葉に1つ。マックは秋葉に6つ)。

このままでは間違いなくジリ貧で終わるだろう。マクドナルドがやったようなチャレンジをしないと、思い出の中にものになってしまう気がする。

PS.

このエントリの後に、

ケンタッキーで注文却下されたんだが

を読むと見方変わるかも。「規則で」とか言ってるあたりで、企業としての努力をやめちゃってると宣言してるようなものだ。まぁ、日本では胸はあまり歓迎されないと思うから、いろいろ困りはするだろうけど。そこは工夫のしどころって意味でもある。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on2月 5th, 2012 at 22:08:00. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Responses are currently closed, but you can Trackback..

Comments are closed.

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報