「肉屋」

わりと有名店だと思う。

肉屋

歩いて行ける限界あたりの店なので、思い立たないと行けないんだけど、行かないといつまでも気になるので、勢いで行ってみた。

「肉屋」とゆーことで、チャーシューが売りの店みたいだけど、わりと好みのラーメンだった。

この店は、

チャーシューいっぱい

で有名らしい。通常のラーメンでも、無料オプションでチャーシュー追加が可能とか、どんだけチャーシュー食わせたいんだよ。

だいたい、こーゆー「オマケ」に力が入ってるところって、「本体」がロクなもんじゃなかったりする。だから、「オマケ」で有名な店ってのは、基本的に避けることにしてる。そういった意味では、この店は

地雷臭

しまくりだ。さらに、「お茶の水」あたりだとゆーのも微妙だ。あの辺って、要するに学生向けに店多いし、そーゆーところって… ってことで、どっちかと言うと、敬遠するタイプの店。

とは言え、それだけチャーシューを売りにするんだから、どんだけチャーシュー凄いんだよとゆーことで気になってた。チャーシュー単体で良ければ、それはそれでいいし。

つーことで、「無料オプションのチャーシュー」があるにも関わらず、「チャーシュー麺」を食うことに。もちろんさらに「無料オプションのチャーシュー」もつける。もうチャーシューだらけになる。

ラーメンの方はあまり期待してない。なんせ地雷臭してるんだから。

ところが、このラーメン。個人的に好みぴったりだ。

うちの隣りのラーメン屋とか結構評価高いし、まぁ私も嫌いじゃないんだけど、なんとゆーか「濃い味のラーメン」とゆーと、このタイプばっかり。正直、この手の味には飽き飽きしている。また、他の系統で「こってり」と言うと、やたら背脂を入れられて、脂身ドロドロ、それでいて味が… ってのが少なくない。

ところが、「肉屋」のラーメンは脂多めだけど、背脂ドロドロでもないし、やたらに魚臭くもない。「天下一品」の「こってり」とはまた意味が違うのだけど、濃厚な豚骨。九州系の豚骨とは違うけれど、しっかりとした濃厚な豚骨。

チャーシューの評価は、まぁ世間の言ってる通り。

そんなわけで、「オマケ」で売ってるラーメン屋ではないと思うのだけど、どうも世間ではチャーシューのデカさばかりが評価されてるっぽい。個人的には下手に「二郎インスパイア」してる店なんかよりずっと良いと思うのだけど。

まぁ遠いから、そんなにしょっちゅうは行けないと思うけど。

PS.

この店の食べログのレビュー。あらためて読んだけど、妙な食通気取りが多くて食傷。あのさ。しょせんラーメンだし、そもそも食べ物なんてのは、

好きかどうか

でいいんだよ。「○○が××の方が良いのでは」とか、お前自分で作れるのかよ。それお前の好みだろ。「いい悪い」じゃなくて「好きかどうか」で書けよ。まぁこのイライラ感は、気が向いたらまた書く。

PS2.

RDBを見るな」と言われたんで、つい見てしまった。そうそう。これこれ。こーゆーラヲタが嫌いなんだよ。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on2月 3rd, 2012 at 18:21:11. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Responses are currently closed, but you can Trackback..

Comments are closed.

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報