日本人は「英語が出来る」のハードルが高過ぎないか?

私の英語ははっきり言って滅茶苦茶だ。

ネイティブがどーだこーだってレベルじゃない。多分、高校の試験で赤点楽勝なレベルだと思う。楽天の役員やってたら、多分2年でクビになるだろう。でも、とりあえず「外人」と意思疎通は出来るし、仕事だってして来た。

だから、

死ぬほど英語を勉強してきたからわかる、英語学習の限界

このエントリの言わんとしているところはよくわかる。で、例によってブコメを見てて思ったのが表題のこと。

いやもう私なんて自慢出来るくらい英語ダメで。だいたい、高専なんてところが英語力がまるでないところに、さらに英語の成績はダメダメで。私が外人付きパーティーのところで四苦八苦して会話している姿を見てる人はわかるだろう。思わず通訳したくなる人が結構いるようだw

でも、まぁ苦労しつつも英語喋る人達と直接自分で意思疎通をし、仕事が出来ている。英語のドキュメントも、あんまり抵抗なく読んでるし、必要があれば英語のメールもやりとりする。

それはなぜか出来るかと言えば、

どうせ日本語だってそう通じてる訳じゃない

ことを知っているから。つまり、「英語」ってものの壁の存在は実は「誤差」でしかないと思っているからだ。

意思の疎通をする時、人はまず伝えたいものを想う。そして、それを言語化し、相手はその言語を聞き、理解をする。つまり、二度の変換と1度の伝達がある。当然、そこには「効率100%」ということはありえないのは、エネルギー変換とか思えばわかると思う。「変換」とか「伝達」というのは、常に

損失

を伴う。どれだけ高能率でやったところで、完全じゃない。

同じ日本語を話す同志であっても、時としてまるっきり通じないことを感じることがあるだろう。あるいは自分の言いたいことを言語化する時に、いい言葉が浮かばないと苦しむこともあるだろう。「意思の疎通」とゆーのは大変だってことは、多分誰でもわかるだろう。件のエントリのブコメに、「論文が真っ赤になるのは日本語でも普通」とかあるのは、その好例だ。「意思の疎通」ってはそんなもんだ。

だから、そもそも母国語でない言語で十分に意思疎通が出来るなんて、期待する方が無理だ。むしろ、

通じなくて当然

と言ってもいい。でも、一生懸命話していれば、全く何も言わないよりは通じる。全く何も通じないよりはずっとマシだ。また、仮に言いたいことの半分だけが通じていたとしても、二度言い方を変えて言えば、3/4通じるかも知れない。お互いに「意思を通じあいたい」という意思があれば、そうやれば何とかなる。

これが、ナンパとか演説、あるいは論敵の多い学会発表というような、「あまり聞く気のない人達」だったらそうは行かないだろう。件のエントリの人が「壁」だと言っているのは、そういった例だ。でも、よく考えればそれは当然のことで、そもそもそーゆーのは

日本語でも難しい

のだ。そこまでハードル上げたら、TOEICが何点とかあっても足りないだろう。聖書とシェークスピアに親しみ、StarTrekを空んじるくらい見て… ってやっても、やっとスタートラインに立てるかどうか。

でも、普通の意思疎通や仕事であれば、お互いに「意思を通じあいたい」という気持ちがある。だからどうやったって何とかなる。普通に高校出てる程度であれば、あとは

やるかどうか

だと言ってもいい。やってみりゃ何とかなるってことがわかるよ。

だから、もうたいていの奴は「英語コンプレックス」なんて持つ必要ないんだよ。一生懸命聞いて一生懸命話せば、普通の意思疎通や仕事だったら何とかなる。TOEICの点なんて、何点でも誤差だよ。1度で通じなくても2度3度言えば通じるよ。だから自信持て! だいたい、日本語未満のブログとか平気で書いてるクセに、なんで英語だけシビアになるんだよwww

余分なことをつけ加えると、私くらいの英語でも韓国の友達(彼は外大を出てて日本語をしゃべる)は「英語うまいじゃないですか」と言っていた。「何を馬鹿なことを言ってるんだ。これだけ苦労してやっと通じてるし、発音とか滅茶苦茶なのは聞いてたらわかるだろう。日本ではこれはうまいなんて言わないんだよ」と言ったら、

日本人は英語が出来るということのハードルが高過ぎます。
ちゃんと会話が出来ていれば十分です

と言い放っていた。まぁお世辞やらなんかも混ざっているとしても、「ちゃんと会話出来ていれば十分」という見方ってのは、評価としてそうおかしくもない気がする。そういった意味では、たいていの人は「第一のハードル」は既に超えている。だからこそ大事なのは、

ハードルの向こう

なんだよ。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on6月 21st, 2010 at 2:03:17. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

5 Responses

Comments(3)Trackbacks(2)

  1. Ryu

    日本人は『通じないと恥ずかしい』とか『変な事言ったら失礼』とか言う感覚が強いので、【やるかどうか】が一番大きな壁ですよね。無理やりにでも話せば不思議と通じる物なのですが。疲れるけど(笑)

    2010/6/21 月曜日 8:58:17 | #1
  2. Enzo

    お酒を飲むと、気負いが無くなって
    わりと普通に喋ったりします。
    そうやって思い切れればいいんですが、日常でも。

    2010/7/15 木曜日 15:16:45 | #2
  3. ogochan

    私もそう思います > 酒

    どうせ同じ人間の言語なんだから、たいそうなもんではないと思う。

    2010/7/15 木曜日 21:41:58 | #3
  1. […] This post was mentioned on Twitter by Makoto Setoh, Baron OGOCHAN, kandabako, 林愛一郎Aiichiro HAYASHI, Hiroshi Yata and others. Hiroshi Yata said: RT @ogochan: 日本人は「英語が出来る」のハードルが高過ぎないか? http://j.mp/aGrwyA […]

  2. [texan][se] ”日本人は「英語が出来る」のハードルが高過ぎないか?” にコメント…

    標題のブログポスト: http://www.nurs.or.jp/~ogochan/essay/archives/2497 東京からテキサスに来て二年経ったという背景で私なりに読むと, 同意できる箇所と同意しかねる箇所の両方です. 同意できる点は, どうせ日本語だってそう通じてる訳じゃない 仕事や生活含め, 社会一…

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報