黒が流行っているようだ

ここ数日急に暖かくなった。

冬から春になる頃に急に暖かくなると、男の服はそんなに変わりばえしないけど、女の服はいきなり春っぽい明るい色になる。秋の同じ気温の時には着なかったような、華やかな感じになる。

ところが、この数日のことはちょっと違った。

何が違ったかと言えば、

ボトムが黒い

ということ。老若問わず、スカート、パンツ、タイツ、ストッキングの違いはあっても、とにかく下半身が黒いものが多いということ。

だいたい急に暖かくなると、この辺が特に明るくなる。つーか、いくら暖かくなったとは言え知れているので、上はコートだったりするからボトムしか見えない。もう数日続くとコートも春になったり、コートをやめたりするからその変化も見えるのだろうけど、今は微妙にまだ。

とか時期のことを考えつつ、「ボトムが黒いなー」ということに気がついた。暖かくなったのにそれっぽくない。タイツが減ってストッキングになっているから、春への対応はしたんだろうけど、華やかではないのだ。

黒が流行るってのは、景気が悪い証拠だという話がある。まぁかなり俗説つーか気分っぽいものもあるだろうけど、「悪い」の方の理由を考えてみると、そうかもなと思わないでもない。なぜなら、

黒は無難

だからだ。誰でも、年齢を問わず、シチュエーションを問わず着ることが出来るのが黒だ。つまり、「着回し(笑)」がしやすい色なのだ。だから、TPOに合わせてもあまり厳密じゃない。遊びに行く時でも、葬式の時でも、黒なら問題はない。だから、買うべき服が少なくて済むので経済的。つまり、景気が悪くて支出を削りたい時に選択される。

男目線だと「金ないんだから服なんて買わなくていーじゃん」って思うんだけど、女物って男物よりも華奢に出来てるし、流行にも影響されやすいし、女って着飾りたい生き物だから、服は買いたい。でも、節約したいということで、節約向けの服を選ぶとゆーこと。

あと、景気が悪いとミニが流行るという声もあるようだ。でも、こっちは「景気が良いとミニが流行る」という声もあるので、信憑性は微妙。また、黒い服も「景気が良いと高級感のある黒が流行る」という話もあるけど、これはかなりこじつけっぽい気がする。リンク先の解説だと、結局「無難」ということに触れられているし。

まぁ当の本人達は「着たいから着てるだけ」と言うんだろうけど、多分1年中で一番服の色彩変化が激しい時期に、「結局みんな黒のまま」ってのは、やっぱり何かあるんじゃないかなーという気がする。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on3月 21st, 2009 at 19:43:52. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

One Response

Comments(1)Trackbacks(0)

  1. jiangmin

    近所の西友の陳列棚も白から黒に変りました。

    2009/3/21 土曜日 21:47:22 | #1
  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報