プログラミングに誇りを持ちたいなら単価を考えないこと

元ネタは、ひがさんの

プログラミングに誇りを持ちたいなら単価を上げること

なんだけど、どうもこれに違和感をおぼえるのだ。いわゆる嫌儲じゃないんだけど、なんか「誇り」と「単価」がつながることが、ちょっとなぁと。

そもそも、「価値」と「高い金」が結びつかない。売り物のソフトやSIであれば、確かに「価値」と「高い金」は結びつくことは多いし、そうなるようにすることに意味があることは否定しない。それについては何度か私もエントリを書いているが、それはプログラマの仕事と言うよりは

経営や営業の仕事

だと思う。もちろんプログラマ自身が意識することも大事だ。「価値」はプログラマの能力で左右出来るけど、「高い金」はプログラマの能力じゃない。技術者自身は1円の金も生まない。もちろん「単価」の高い仕事を志向すべしというひがさんの主張は正しいとは思うけど、それはあくまでもそういった枠組の中だ。

「プログラミングの誇り」に関して言えば、「金」よりも「価値」の方に関係があると思う。そして、経験的には

金になるプログラムでは価値は後回し

だ。まぁ考えてみりゃ当然で、「金になる」というのは金にするためのことが必要になる。その中には「納期」だとか「コストパフォーマンス」といった、価値と背反するものがある。そうなると、「価値のため」ではなくて「金のため」に働くことになる。「金」の前には誇りなぞ埃と同じだ。

もちろん金を稼いではいけないというわけじゃない。金になるものなら金にした方がいいし、より価値のあるものはより多くの金になるだろう。でも、そこを狙い過ぎると「誇り」から離れてしまう。

また、「単価」という意識が出る世界は、結局のところレベルの違いはどうあれ「使われる」側だ。そんな使われる側の奴が下手に「誇り」なんて持ってたら、使う側はうっとおしいだけだ。早い話、

お前、何様?

でしかない。それは態度云々に出てなくても、内面としてもおかしい。

もし「誇り」を持ちたければ、そういった「使われる」側を脱するべきだ。仕事を引き受ける時も「使われる」のではなくて、「引き受ける」ことだ。「パートナー」とか「コンサルタント」というような対等(に近い)目線で話せるような契約にする。相手に「価値」に対して金を払うと意識を持たせ、「使ってやってる」的目線ではなくさせることだ。

そのためには、金をもらう場合でも、「単価」のような労働との交換ではなくて、「価値」との交換にするべきだ。同じ「5人月600万くらいですかねぇ」と言う時であっても、「単価」を意識して「使われる」ために言うのではない文脈を心掛けるべきだ。

そういった意味では「単価を考えない」というのは、

「単価」という尺度で考えることを捨てる

ということだ。努力すべきは「単価を上げる」ことではなくて、「単価を超越する」ことであり、それはとりもなおさず、

価値を金に変えること

を目指さなければならないということだ。まぁ「価値」ってのはこれまたいろいろな尺度があるわけで、そこはまたどうするかってのはあるだろうけど。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on2月 13th, 2009 at 17:13:36. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Both comments and pings are currently closed.

4 Responses

Comments(4)Trackbacks(0)

  1. r_ikeda

    >もちろんプログラマ自信が

    プログラマ自身でしょうか

    2009/2/13 金曜日 23:25:09 | #1
  2. ogochan

    ありがとうございます。直しておきました。

    2009/2/13 金曜日 23:49:15 | #2
  3. have

    「プログラミング」と「誇り」と「儲け」が、
    どうして繋がるのかが、良く解らない。

    プログラミングが面白いから「プログラミング」するのであって、
    他人から評価され、それに「誇り」を感じるのなら、
    プログラマなんて辞めてしまうことを勧めます。
    (リアル肉体労働系の方が、なんぼか社会貢献できる素敵な仕事です。)

    出来上がったプログラムが、
    「儲け」に繋がるか繋がらないかは、
    ディストリビューションのプロデュースの問題であって、
    =優れているわけではありません。
    よって、「儲け」=優れているわけではありません。

    他人には生み出せないことを、
    キーボードを叩くだけ(比喩)で、
    新たに生み出すから利用者に喜んで貰えるのだと思います。
    =「誇り」でもないと思います。
    喜んで貰って嬉しい、程度のことだと思います。

    あぁ、結局、何を書いているんだか解らなくなってしまった。

    取り急ぎ

    2009/2/17 火曜日 22:55:27 | #3
  4. ogochan

    商売としての「誇り」なんだから、金は無関係じゃないさ。でも、完全に一致させてしまったら、「誇り」じゃなくなるよね。

    2009/2/18 水曜日 13:24:39 | #4
  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報