「まつもとゆきひろコードの未来」

日経Linuxの森側さんより献本される。

私がmatzの本の書評を書くとかいろいろ微妙だし、私が書評書かんでも売れるものは売れると思うんだけど— とか言ってたのだけど、くれるってものはもらっておくし、もらったんで書評を。

結論書いとけば、これは

伝道書

である。


パラパラっとめくって、ちょっと上から目線で見ると、

誰がこの本読むん?

というのがすぐ思い浮かぶ。なにかの入門書でもなければ解説書でもない。Rubyの本とゆーこともあまりない。だからそういったことを期待して読んだら、期待外れに終わる。そういった期待を持って読めば、何も得るものはないと言っていい。いろんなことが解説されているけど、そんなに深い内容でもないし、何か知らないことがわかるようになる程の解説ではない。matzの文章が好きな人とか趣味の一致している人なら良いのだけど、そうでない人にとっては、そんなに実りはないかも知れない。

とゆーか、この本の価値はそんなところにはない。この本は、

初心者が中級者以上に進むための導入の書

である。初心者が入門のためになることは、あまり書いてない。「それ以上」のレベルになろうとして、学習することに直接役に立つ程の解説はない。だけど、そういった「それ以上」のレベルでやるべきことの「導入」が散りばめられている。だからたとえば、「一応コード書けるようになったんだけど、次何をやろうか?」と思っている人が、「次にやること」に対しての「興味」を発見することが出来る。そこにこの本の価値がある。

だから、たとえば新卒採用の新人が、もっとコの世界の理解を深くするための、「それ以上」のレベルへの糸口として読むとか、長らくCOBOLerをやっていて、「COBOLer続けるのはなぁ」とか思って、「それ以上」のレベルに入るための糸口とか、そういった目的で読むといい。つまり、

コの世界は広くて楽しい

ということを知って興味を持つために読むものだ。

そういった意味では、一番いいのは

ギークな先輩が見所のある新人にプレゼントする

ことではなかろうか。それも、情報が専門でなかった文系出身業界新人とかが、この本を興味を持つようになったら、そいつには期待していい。

Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on5月 17th, 2012 at 14:17:33. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. Responses are currently closed, but you can Trackback..

Comments are closed.

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報