味覚って違うんだねぇ

暗黒破滅病棟の奴等が、平兵衛に行く企画を立てたらしい。

平兵衛の良し悪しについては置いといて、かのid:itkzも閉口したという親父の毒気にビビって、他の店に行くことにしたらしく「蓬莱屋」を勧めておいた。そうしたら、一同、「あまり美味しくなかった」という感想だったらしい。

平兵衛は私は2度行ったことがある。個人的には「微妙」としか言いようがない。先週、タケルンバ卿を連れて行ったのだけど、その前に行った「丸五」で時間をかけ過ぎたせいもあって、閉まっていた。いや、そもそもトンカツ屋をはしごする時点でおかしいんだがw 卿は閉まっていてほっとしていた模様。

まぁ平兵衛とはそんな店だ。

そこで怖いもの見たさで病棟の住人を中心として、平兵衛に行く企画を立てたらしい。ちなみに、病棟と平兵衛は徒歩5分もかからないくらい至近。ところが、なんだかんだで行かずに、「蓬莱屋」に行ったらしい。

「蓬莱屋」は良い店で歴史もある。「上野 蓬莱屋」あたりでぐぐってみるとわかるだろう。ちょっと高いんだが、味も悪くない。「丸五」もいい店なんだけど、先週タケルンバ卿が行ってるんで、勧めなかったようだ(直接私が勧めたわけじゃない)。

ところが、行って来た奴等が、「あんな値段ならもっと旨い店がある」とか言ってたらしい。「そんなことあるかいな」と思ってよく考えてみたら、自分でもそんなに行きたい店に入れてなかったw もちろんいい店なんだけど。

何がいけないと言って、「蓬莱屋」は「ヒレカツ」が中心の店なのだ。つまり、ヒレカツを食いに行く店だ。確かにこの店のヒレカツは絶品と言ってもいいんだけど、

私はヒレよりもロースが好き

なのだ。まぁヒレカツを喜ぶなんてのは、老人と女くらいなもので、中年までの男や若者なんてのは、トンカツと言えばロースなのだ。だから、そういった世代にとって、つまり「トンカツってのはロース」と思ってる人達にしてみれば、蓬莱屋は特に旨い店にはならないわけだ。そんなわけで、私も蓬莱屋は第一選択にはならない。

「丸五」については、秋葉にちょいちょい来る人達にしてみれば言うまでもないだろう。ここの特ロースは素晴しい。これぞ

トンカツの中のトンカツ

と言ってもいいくらいだ。

そんなわけで、「蓬莱屋」は「上野の御三家」と呼ばれるくらいの名店ではあるのだけど、誰にでもお勧め出来る店ではない。「ヒレカツが好き」な人にとっては至高のトンカツなんだろうけど。

ということをコロっと忘れてたんだなw てか、

平兵衛に行けよ(北方謙三的な意味で)
Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on4月 13th, 2009 at 3:31:06. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can Leave a response, or Trackback.

Leave a Reply

(Ctrl+Enter)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • 私について

    ただのプログラマです、ハッカーではありません。

    秋葉で暮し秋葉で仕事してますが、秋葉系は嫌いです。物事を冷静に分析することは好きですが、ニヒリストは嫌いです。

    秋葉でちっこい会社をやってます。 こーゆーことがお仕事です。

    詳しいことは、自己紹介のページでも見て下さい。また、mixiの方でもいろいろわかるかも知れません。twitterは@ogochanですが、たいしたこと言ってません。近頃はShorplug内の別館で日記書いたりもしてます。だいたいここのコピーだったりしますが、ログインするとコメントがつけられます。

    日経ITProに連載(生越昌己のオープンソースGTD)を書いています。「ちゃんと書いた文章」が読みたい人は、そっちを読む方がいいと思います。

  • このページについて

    ここは私の雑文の置き場です。WordPressを使っていますが、いわゆるblogのつもりで書いているわけではありません。「覗き見のできるチラ裏」くらいの意味しかありません。

    もしかしたら有用なことがあるかも知れません。あるいはむかつくことも書いてあるかもしれません。それらはみな「そんなものだ」と思っておくに留めましょう。

    コメントを書くのは構いませんが、「反論」の類はよそでやって下さい。同意する気のない人達と議論する気は全くありませんので、議論したければよそで勝手にやって下さい。

    と言っても、「読むな」「広めるな」というわけでもありません。リンク、ブクマの類は御自由に。

  • カテゴリ

  • 過去の記事

  • メタ情報