ここのペ−ジは香港の事でもなければ、山の写真集とも
まったくカンケイない、ど〜でもよいペ−ジです。
添付写真も文章とはゼ〜ンゼン関係ありません。
"フリフリ"ダンスとミュ−ジックでお楽しみください!!

「Jokeのペ−ジ、その1.」

【出典:友人経由"今日の冗談"より】


♪いっきに次を見たいJoke、その2へ!!

♪もっと〜先を見たいJoke、その3へ!!

≪このファイルで音楽を聴くにはQuickTime Playerが必要です。
お持ちでない方は ここ からダウンロ−ドして下さい。≫



♪ブラジル・カーニバルの“フリフリダンス”と音楽のリズムは大体合ってるでしょう!!
(音楽は全て一つにしました。サ−バ−容量節約のためでして!!)


[僕の妻 --- 内なる世界 ]
僕は出張先から家に電話した。
「もしもし。あれ?なにか大声が聞こえるけど?」
「そうなの。もう何時間も、若い男が大声で叫びながら、この部屋のドアをドンドンたたいてるのよ。どうしましょう」
「それは大変だ!すぐ警察を呼ぶんだ」
「ちょっと待って。ドアを開けてみるから」
「そんなことして大丈夫?」
受話器の向こうで、妻のわめく声が聞こえた。
「わかったわよ!今出してあげるから」

[ 僕の妻 --- 取り急ぎ]
僕はその日、会社を早引けして帰宅した。すると、家の前を裸で走っている男がいた。
「どうしてそんな格好で走ってるんですか?」
「…あんたが早く帰ってきたからだ」

[ 調べる方法 --- 彼はゲイか ]

今日はどうしました?どこか具合でも?」
「実は先生、僕は最近、自分がゲイじゃないかと悩んでいるんです」
「ほう、そうですか。ゲイかどうかの検査をしてみましょうか」
「ぜひお願いします!検査してください」

「では、パンツを下ろしてください」
医者は男のタマをギュッとつかみました。
「この状態で、55と言ってください」
「55ですか?『55』」
次に医者は、男のナニをギュッとつかみました。
「この状態で、55と言ってください」
「55ですか?『55』」
次に医者は後ろを向かせ、男のお尻に指をズンッと入れました。
「この状態で、55と言ってください」
「55ですか?えーと、1、2、3、4・・・」


Joke、その2へ!!

ここのペ-ジを読まれた方は是非!是非!ご一報、ご感想をお聞かせ下さい。

「続・書きたい放題掲示板」でも結構ですし、、、

メールだったら光頭老へのメ−ルはここからどうぞ!!こちらから!

興味ない人は↓


Copyright(C)2000〜"光頭老" All rights reserved