一番下へ

7 人間、歴史、遺跡

 
日本三英傑   織田信長 豊臣秀吉 徳川家康

 ※ ちなみに、家康は三河の国岡崎出身なので名古屋っ子と言うのは微妙ですが、 鎌倉幕府を開いた 源頼朝も熱田神宮の隣りで生まれた名古屋っ子です…
維新の三傑   西郷 隆盛(さいごう たかもり) 大久保 利通(おおくぼ としみち) 木戸 孝允(きど たかよし)

 ※ ちなみに、『薩摩三英傑』ということになると、 上記の木戸孝允に代わって 東郷 平八郎(とうごう へいはちろう)あたりが入るそうです…
幕末三舟   勝 海舟(かつ かいしゅう) 山岡 鉄舟(やまおか てっしゅう) 高橋泥舟(たかはし でいしゅう)

 【情報提供】 大林憲司 さん 2006/02/13(Mon)
 <独断ORIGINAL>
日本三大英雄
  源義経〔平治元(1159)年〜文治5(1189)年〕
  織田信長〔天文3(1534)年〜天正10(1582)年〕
  西郷隆盛〔文政10(1827)年〜明治10(1877)年〕

 ※ 井沢元彦氏が言っておられる。「…英雄がいる、ということは乱世なのである。平和な国には英雄は 要らない。… 『英雄→対外侵略』というのも、明らかに一つの『法則』がある。…」と…
 そういった「…歴史の大変革期に、時代の流れを急速に変えた人物…」という観点で、軍事的にも強いと言うことで まさに、独断と偏見で選びました…
 やはり、ヒーロー(Hero)であり アイドル(Idol)でもある一番人気の義経は、 名実ともに日本史上の大英雄でしょう…
 <独断ORIGINAL>
日本三大英傑
  聖徳太子〔574〜622 飛鳥時代の政治家〕
  織田信長〔天文3(1534)年〜天正10(1582)年〕
  坂本竜馬〔天保6(1835)年〜慶応3(1867)年〕

 ※ 英雄も英傑もどちらも一緒かもしれませんが、一応、軍事のみならず、 現在に至るまで日本人の心に大きな影響力を持ち、 インパクトがあるという視点で、まさに、独断と偏見で選びました…
 結局、やっぱり一緒のことか… しかも、織田信長がダブッてしまいましたね…
世界三大英雄   ユリウス・カエサル (英語読みジュリアス・シーザー、古代ローマ終身独裁官)
  成吉思汗(チンギス・ハーン) (モンゴル国創建の英雄)
  ナポレオン・ボナパルト (フランス皇帝)

 なお、『日本人の見た世界三大英雄』ってことであれば、チンギス・ハーンに替わって、

  織田 信長(天文3(1534)年〜天正10(1582)年)

を、掲載することとします。

 ※ 京都のTさんに教えていただき掲載しました。(2003/11/21)
 ※ …アメリカだと第二次世界大戦で原爆を投下した悪の大統領トルーマンが英雄扱いされているし、 中国では諸葛孔明が入ると思われます…(Wさんより2004/1/10)
 ※ ↑その後、2年半ほどぶりに、 Kohさんから情報が寄せられ、客観的には「チンギス・ハーン」が「織田信長」に取って代わるべきと 判断し、上記のように訂正しました。また、 【お国自慢メモ帳(3)】にも、Tさんからの情報と合わせて 掲載しました。(2006/02/15)
日本三大悪人  足利尊氏、平将門、弓削道鏡、松永秀久、… 【歴史画】

 「日本史の悪人番付」ということで、

 1位 藤原鎌足、2位 北条義時、3位 徳川家康 という説も…???
 ほかに名前のあがっている人では、
 豊臣秀吉、犬養毅、田中角栄、源頼朝、東条英機…などがあがっています。
日本三大梟雄(きょうゆう)
戦国の三梟雄
 斎藤(山城)道三、宇喜多(和泉守)直家、 松永久秀(彈正大忠) 北条早雲
世界三大悪党・悪人   アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)、   ポル・ポト(Pol Pot)   ハリー・トルーマン(Harry S. Truman)

 ※ 虐殺スケールの確認が取れるものとしては最大級ということで、ヒットラー、スターリン、ポルポトをあげてあるサイトもあります…
 そのほかでは、古代ローマの皇帝ネロやカリグラ、ジンギスカン、ロベスピエール、ムッソリーニ、毛沢東、ナポレオン、チャウシェスク、金日成、フセイン、ブッシュ、ビンラディン、金正日、江沢民、胡錦登…などの名前があがってきそうです…
 <独断ORIGINAL>
世界三大虐殺者
  アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)
  ハリー・トルーマン(Harry S. Truman)
  ヨシフ・スターリン(Иосиф Сталин)

 ※ 京都のTさんに教えていただき掲載しました。(2010/5/17)…
 ちなみに、私は、北朝鮮の金正日、ポルポト、中国共産党 などが思い浮かんできます…
日本三大悪女   北条政子(ほうじょうまさこ)、   日野富子(ひのとみこ)、   瀬名(せな)

 ※ そのほかには、 藤原薬子(ふじわらのくすこ) 淀殿(よどどの)…などの名前が出てくるようです…
 <独断ORIGINAL>
世界三大悪女・悪妻
  クサンチッぺ(Xanthippe)
  エレナ・チャウシェスク(Elena Ceau?escu)
  江青(Jiang Qing)

 ※ そのほかに、政治に多大な影響を与えて、国に仇する結果となった悪女といえば、 マリア・ルイサ・デ・パルマ(Maria Luisa de Parma) ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ(Josephine de Beauharnais)…などの名前が出てくるようです…
 <独断ORIGINAL>
中国三大悪女
  呂后(呂雉(りょち))
  則天武后(武則天(ぶそくてん))
  西太后(せいたいこう)

 ※ 現代的には、則天武后に代わって江青を上げているのには説得力があります…
韓国三大悪女(妖女・毒婦)
朝鮮三大悪女
朝鮮王朝四大悪女
  張緑水チャン・ノクス … 10代国王の燕山君ヨンサングンの側室
  鄭蘭貞チョン・ナンジョン … 11代国王の中宗チュンジョンやチャングムの時代
  張禧嬪チャン・ヒビン … 19代国王の粛宗スクチョンの側室

  貞純王后チョンスンワンフ … 21代国王英祖ヨンジョの継妃(王の後妻)
 ※ 「朝鮮王朝四大悪女」に貞純王后をあげることもある。
徳川御三家  尾張、紀伊、水戸

 ※ 【情報提供】KB Y.H さん 2005/07/6(Wed)
 最初の武家諸法度では「徳川本家、尾張、紀伊」となっており、「水戸」は入っていない。
 水戸は選定公の役目を負って、参勤交代の任も無く、思想的な確立のため、大日本史の編纂を行ったそうです。
 「徳川本家」は4代で絶えたため、水戸を入れたと考えられるそうです…
徳川御三卿  田安、一橋、清水
日本三大忠臣   平重盛 万里小路 藤房(までのこうじ ふじふさ) 楠木正成

 ※ 多分、明治以降に作られたと思われ、 後白河上皇を守り、父平清盛を諌めた重盛。南北朝時代の藤房と正成は後醍醐天 皇の忠臣として入れられたそうです…
 なにしろ、歴史参考書に出ているそうですから…
   【情報提供】京都市のO.Hさん 2005/03/21(Mon)
  武内宿禰(たけうちのすくね)

 ※ Kさんからの意見が届けられましたので追加します…2010/12/04(Sat)
 神話系の人物を入れていくのも確かに日本の歴史と言えそうです。
日本三大成り上がり   豊臣秀吉 伊藤博文 田中角栄
日本の精神界における
 近代化を成し遂げた
  三大偉人
 西田幾多郎、夏目漱石、鈴木大拙
政界の三賢人
(昭和の三賢人)
 椎名悦三郎、前尾繁三郎、灘尾弘吉
日本三大豪族  蘇我氏、秦氏、物部氏
日本三大杜氏  南部杜氏、越後杜氏、丹波杜氏、備中杜氏(岡山)
出雲の三名族(山林王)
(島根の山持ち御三家)

出雲の三名家
 田部家、桜井家、 絲原(いとはら)

 ※ 【情報提供】やませみ さん 2004/06/25(Fri)
 出典は、天藤 真 著 「大誘拐」だそうです…

 ※ 【情報提供】KB Y.H さん 2005/07/5(Tue)
日本三大苗字  佐藤、鈴木、高橋
日本三大清正公   本源山 實相寺(じっそうじ)(七尾市・石川)
日本三大魔術師   役小角(えんのおづぬ)『孔雀明王の術』 空海『虚空菩薩の術』 安倍晴明(あべのせいめい)『陰陽道・土御門家』
寛政の三奇人(士)
(江戸時代)
 林子平高山彦九郎蒲生君平

 ※ 奇人と言っても変人ではなく、当時としては破格の才能を持った人と言えるでしょう…
 【情報提供:KB Y.H さん 2005/07/13(Wed)】
三大剣豪   伊藤一刀斎景久(いとういっとうさいかげひさ) (天文19(1550)年?〜承応2(1653)年? 一刀流開祖)
  塚原卜伝高幹(つかはらぼくでんたかもと) (延徳元(1490)年〜元亀2(1571)年 新当流開祖)
  柳生石舟斎宗厳(やぎゅうせきしゅうさいむねよし) (享禄2(1529)年〜慶長11(1606)年 柳生新陰流開祖)

 ※  宮本武蔵玄信(みやもとむさしげんしん) (天正12(1584)年〜正保2(1645)年 円明流、二天一流開祖) や 佐々木小次郎(ささきこじろう) (永禄?年〜慶長17(1612)年 巌流) はどうなるんでしょうか?
幕末の三大剣客
三剣士
  千葉周作成政(ちばしゅうさくなりまさ) (北辰一刀流開祖、玄武館)
  斎藤弥九郎(さいとうやくろう) (神道無念流、練兵館)
  桃井春蔵(もものいしゅんぞう)(第4代) (鏡新明智流、士学館)

 ※  伊庭秀業(いばひでなり)(心形刀流、練武館)とあわせて 『江戸四大道場』と呼ばれたと言う。
 ※ なお、『日本剣術の三大源流』 『日本三大流派』 『江戸三大道場』 『江戸四大剣法』については、 〔8 スポーツ、文化、その他〕のジャンルに詳細を掲載しました。
日本三射人
( 弓術の達人)
  那須の与一(なすのよいち) 加須屋 武成(かすや たけなり)
源氏の日本三与一   佐奈田与一 那須与一宗隆 浅利与一
平安王朝の三才女
  紫式部(むらさきしきぶ) (小説家)   清少納言(せいしょうなごん) (随筆家(エッセイスト))   和泉式部(いずみ しきぶ) (歌人(うたびと))
 ※ 温厚で柔和な主婦  赤染衛門(あかぞめえもん)(歌人)とあわせて、日本の王朝文学を代表する華麗なる四才女とも…
日本三大詩人  柿本人麻呂、西行、松尾芭蕉
日本三大漂白詩人  西行、松尾芭蕉、宗祇
世界三大詩人
世界三大文豪
 ダンテ、シェークスピア、ゲーテ
  ゲーテ(ドイツ)、シェークスピア(イギリス)、松尾芭蕉(上野市・三重)
ルネッサンス三大詩人  ダンテ、ペトラルカ、ボッカッチョ
古代ギリシア
三大悲劇詩人
 アイスキュロス、ソフォクレス、エウリピデス
中国唐代三大詩人  杜甫、李白、白居易、 王維
南宋三大詩人  楊万里、陸游、范成大
奇異な三大詩人  ヘルダーリン、クライスト、パウエル
ペルシャ三大詩人  ハーフェズ、サーディ、フェルドーシー
ラテン文学三大詩人  ヴェルギリウス、ホラティウス、オウィディウス
日本三大童謡(民謡)詩人  野口 雨情、北原 白秋、 西条 八十(さいじょう やそ)

 ※ 西条八十は、南京大虐殺時に南京に居たとされる文化人のひとりで、 「南京大虐殺は無かった」説の根拠の一つとなっているそうです… ♪てんてん手まり…の作詩も西条八十さんだったんですね…
和歌三神  柿本人麻呂、山部赤人、衣通郎女(そとおりのいつらめ)
江戸三大俳人  松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶
日本三閨秀(けいしゅう)歌人   阿佐緒(あさお) 柳原 Y子(あきこ)(白蓮(びゃくれん)) 九條 武子(くじょう たけこ)
幕末の
 日本三大女流歌人
 長岡の貞心尼、加賀の千代女、京の蓮月尼
日本三大随筆   枕草子(まくら の そうし) (清少納言(せいしょうなごん))   方丈記(ほうじょうき) (鴨長明(かものちょうめい))   徒然草(つれづれぐさ) (吉田兼好(よしだ けんこう))
日本三大文豪   紫式部 西行 三島由紀夫
元禄三大作家(文豪)   松尾芭蕉(俳諧)、 井原西鶴(浮世草子)、 近松門左衛門(浄瑠璃・歌舞伎)
日本三大歌舞伎作者   近松門左衛門 鶴屋南北 河竹黙阿彌
日本三大口演童話作家
(大正時代 日本三大童話作家)
  久留島 武彦〔日本のアンデルセン〕(玖珠町・大分)
  巌谷 小波(いわや さざなみ)『日本昔噺』…(東京都)
  岸辺 福雄(きしべ ふくお) (大岩村・鳥取)
現代の
 日本三大女流小説家
 宮部 みゆき、篠田 節子、高村 薫
民俗学界の三巨頭  柳田 国男、折口 信夫、南方 熊楠
日本三大推理作家  (本格) 鮎川 哲也、土屋 隆夫、高木 彬光
 (噂…) 有栖川 有栖、島田 荘司、京極 夏彦
日本三大茶人
茶道三宗匠
 千 利休、古田 織部、 小堀 遠州
近代三茶人  益田 鈍翁、原 三渓、松永 耳庵
小田原三茶人  益田 孝(鈍翁)、野崎 廣太(幻庵)、松永 安左ヱ門(耳庵)
三筆(平安)  嵯峨天皇、空海、橘 逸勢
三蹟  小野 道風、藤原 佐理、藤原 行成
日本三大書家   中林 梧竹(ごちく)
明治三大書家  長 三洲(ちょう さんしゅう)日下部 鳴鶴(くさかべ めいかく)巌谷 一六(いわや いちろく)
三聖  菅原 道真、、弘法大師、小野 道風
日本三大
 美人画浮世絵師
 喜多川 歌麿(きたがわ うたまろ)鳥居 清長 鈴木 春信

 ※ 上記の3人に、東洲斎 写楽、葛飾 北斎、歌川 広重を加えて、 「日本六大浮世絵師」と言うそうです。
 ※ また、 『近代美人画の三母体』として、
 「浮世絵」、「文人画」、「大和絵」があるそうです。
世界三大肖像画家  ベラスケス、レンブラント、東洲斎 写楽

 ※ 明治43年ドイツ人のクルトによって挙げられたそうです…
日本三大日本画家  東山 魁夷(ひがしやま かいい)横山 大観 土田 麦僊(つちだ ばくせん)

 ※ 個人的には、平山 郁夫 を推したいのですが…
日本画壇三大天才   竹久 夢二 長谷川 利行 中村 忠二
古典彫刻の三大巨匠
(大彫刻家)
 フェイディアス、公麻呂、ミケランジェロ

 ※ ちなみに、『古典主義をもつ三大都市』は、「アテネ」「奈良」「フィレンツェ」だそうです…
 ※ また、ミケランジェロ(フィレンツェ)の 『三大彫刻』は、「ダヴィデ像」「ピエタ像」「モーゼ像」だそうです…
近代彫刻の三大巨匠  ロダン、ブールデル、マイヨール
日本三大陶工   尾形 乾山(おがた けんざん) 野々村 仁清(ののむら にんせい) 青木 木米(あおき もくべい)
近代三大陶工   北大路 魯山人(きたおうじ ろさんじん) 富本 憲吉(とみもと けんきち) 川喜田 半泥子(かわきた はんでいし)
蕎麦猪口(そばちょこ)
 日本三大蒐集家
 (収集家)
  松岡 寿夫(まつおか としお)
日本の童謡文化を築いた
 三大作曲家
  本居 長世(もとおり ながよ)『七つの子』(東京都台東区下谷)
  中山 晋平(なかやま しんぺい)〔日本のフォスター〕(中野市・長野)
  山田 耕作(やまだ こうさく)〔北原白秋と『詩と音楽』創刊〕(東京都)
日本最古の三匠 (刀工)  伯者国安綱、山城三条小鍛治宗近、 古備前友成

 ※ 友成系の刀鍛冶の中からは『古備前三平』と呼ばれる助平・包平・高平が輩出される。
 長光・景光・真長は、『長船三作』と表されてる…
三大短刀名手  来國俊(長曽我部 盛親)、栗田口 吉光、新藤 五国光
日本三大農学者
(江戸時代)
  宮崎 安貞 佐藤 信淵 大蔵 永常
日本三大本草学者
(幕末)
  賀来 飛霞(かく ひか)〔1816-1894〕伊藤 圭介〔1803-1901〕 飯沼 慾斎(いいぬま よくさい)〔1782-1865〕
日本三大和算家  久留島 喜内、関 孝和、建部 賢弘
明治の三大文宗  重野 安繹、川田 甕江、三島 中洲
夢研究の三大先駆者  モーリ(Maury) 『睡眠と夢』(パリ、1861年刊)
 シェルナー(Sherner) 『夢の生活』
 エルヴェー・ドゥ・サン=ドニ侯爵 『夢とその操縦法』
日本三大太郎  桃太郎、金太郎、浦島太郎
日本三大甚内  向坂 甚内(大悪人、マラリア平癒の神)、庄内 甚内(吉原の開祖)、冨沢 甚内(大泥棒)
日本三大名探偵  金田一 耕助、明智 小五郎、神津 恭介
(青春歌謡界)御三家  橋 幸夫、舟木 一夫、西郷 輝彦

 ※ 昭和30年代後半に若くして歌手デビューした元祖“御三家”です。
 三田 明を加えて「四天王」とも呼ばれたそうです…
(青春歌手)新御三家  野口 五郎、郷 ひろみ、西城 秀樹

 ※ 御三家の10年後の昭和40年代後半に若くして歌手デビューしたようです…
 ※ それから、かつて歌謡界の(スリー)M”ということで、
 三橋 美智也、三波 春夫、村田 英雄さん
 “ロカビリー三人男” 山下 敬ニ郎、平尾 昌章、ミッキー・カーチス
 “三人ひろし” 水原 弘、井上 ひろし、守屋 浩

 なお、私はフォークソング全盛時代に青春時代があったので、  <独断ORIGINAL> として、フォーク界ベスト(スリー)ということで、

 南こうせつ、さだまさし、谷村新司 さんをあげておきましょうか…
(初代)三人娘  美空 ひばり、江利 チエミ、雪村 いづみ
三人娘  南 沙織、小柳 ルミ子、天地 真理

 ※ そして、
 “ナベプロ三人娘”として、伊東 ゆかり、中尾 ミエ、園 まりさん
 “中三トリオ”として、森 昌子、桜田 淳子、山口 百恵さん
 ※ また、“美人演歌歌手五人娘”ということで、
 坂本 冬美、伍代 夏子、香西 かおり、藤 あや子、長山 洋子さんがいるそうです…
日本三大テノール歌手   岸 政美
和楽器の三大貴公子  〔雅楽〕東儀 秀樹、〔津軽三味線〕上妻 宏光、〔尺八〕藤原 道山
ドイツ音楽における
 “三大B”
 バッハベートーヴェンブラームス
日本三大ギタリスト  森園、木村好夫塩次伸二
 石川鷹彦、中川イサト、城田じゅんじ
 エド山口、モト冬樹玉城宏志

 ※ どうもよく分からないので、メチャクチャに羅列してありますが、 「やませみ」さんは、「高中正義」「渡辺香津美」あたりをあげています。
 ロックだと、「ジェフ・べック」「ジミー・ペイジ」「エリック・クラプトン」なんて言われてたそうです…
 私は、せっかく日本に帰化された「クロード・チアリ」さんをあげたいのですが…
日本三大ギター名工   河野 賢 野辺 正二 峯沢 泰三
元祖日本三大喜劇王   榎本 健一(エノケン) 古川 緑波(ロッパ) 柳家 金語楼(キンゴロウ)
世界三大喜劇王   チャールズ・チャップリン ハロルド・ロイド バスター・キートン

 ※ 欧米の 「四大喜劇王」となると、上記三者の他に「ハリー・ラングトン」があげられるそうですね…
日本三大ホラー女優  菅野 美穂、中谷 美紀、佐伯 日菜子

 ※ ちなみに、「リング」の貞子役で有名な中谷 美紀さんの妹さんも美人だそうですね…
 他に、高橋 惠子、大杉 漣なども候補とか…
日本三大巨匠
日本三大映画監督
  黒沢 明(黒澤 明)小津 安二郎溝口 健二…?
  勝 新太郎、森崎 東
欧米で有名な
 三大日本人監督
  小津 安二郎 黒沢 明(黒澤 明) 北野 武

 ※ 小津監督の映画はすごく日本的なのですが、欧米人にも 「オズの映画は家族の映画。家族の問題は我々にもよくわかる」のだそうです…
  【情報提供】 大林憲司 さん 2005/07/5(Tue)
S・F界の三大巨匠  アイザック・アシモフ、アーサー・C・クラーク、ロバート・A・ハインライン
日本三大評論家(映画)  山田 宏一
日本三大
 ジュブナイル・ファンタジスト
(ジュヴナイル)
 大林 宣産、小中 和弥、 渡邊 元嗣(わたなべ もとじ)…?

 ※ どうも、やっぱり… ピンク映画創作での評価に関係あるようですね…
東宝特撮
 三大バイプレイヤー
 土屋 嘉男(つちや よしお)、平田 昭彦、佐原 健二
日本三大アニメマニア  手塚 治虫、石ノ森 章太郎、松本 零士
日本三大アニメ監督  富野 由悠季、宮崎 駿、庵野 秀明
世界三大
 イリュージョニスト
  デビッド・カッパーフィールド
  2代目 引田天功(新井市出身)
  ジークフリード&ロイ(ドイツ人兄弟)


 ※ ちなみに、 “世界三大マジシャン”ということになると、上記の三人に加えて、 ランス・バートン(アメリカのケンタッキー州、ルイビル出身) さんが候補に上がるそうです…
世界三大
 ゲームクリエイター
  宮本 茂 シド・マイヤー(アメリカ)、 坂口 博信

 ※ 京都のTさんに教えていただき、→ 【お国自慢メモ帳2】にも掲載しましたが、その後(2004.7.27)、 訂正の連絡があり修正しました。
 “四大”ということになると、鈴木 裕 さんが入ってくるそうです…
日本三大閣下   「宇宙軍大元帥閣下」(野田昌宏・作家兼日本SF界の首領)
  「デーモン閣下」(デーモン小暮・ミュージシャン兼悪魔)
  「ローゼン閣下」(麻生太郎・政治家兼マンガオタク)

 ※ この中で「宇宙軍大元帥閣下」と「ローゼン閣下」は親戚で、 「デーモン閣下」と「ローゼン閣下」は 『こち亀』のファン、 という共通点があるそうです…

   【情報提供】 大林憲司 さん 2006/09/25(Mon)
日本三大アゴ  アゴ勇、辻本茂雄、アントニオ猪木
日本三大
 グルメリポーター
  阿藤 快(あとう かい) 彦摩呂(ひこまろ) 石塚 英彦(いしづか ひでひこ)

 ※ 『元祖でぶ屋』で言っていたそうな……
【情報提供】 大林憲司 さん 2006/03/01(Wed)
自称日本三大豊
自称日本三大総裁
 尾崎豊、武豊、大川豊
 日銀総裁、自民党総裁、大川総裁
外国人が知ってる3大
 20世紀生まれの日本人
 黒澤明(映画監督)、手塚治虫(漫画家)、宮本茂(ゲームプロデューサー)
世界三大建築家  「フランク・ロイド・ライト」 「ル・コルビュジェ」 「ミース・ファン・デル・ローエ」
明治の三大建築家  辰野 金吾、片山 東熊、妻木 頼黄

 ※ 曽根 達蔵を加えて「四大建築家」とも呼ぶそうです。
戦国の三大建築家  加藤 清正、藤堂 高虎、黒田孝高(よしたか)(官兵衛・如水)
日本三大美人   小野 小町 藤原 道綱の母

 ※ 正式には、「日本三大美人」という言葉はないそうで、「世界三大美人」に 小野 小町 がエントリーされているそうです。
日本三大美女   卑弥呼(ひみこ) 額田王(ぬかたのおおきみ) 衣通姫(そとおりひめ)

 ※ このほか、 ロマン・コミックス『人物日本の女性史』全30巻に出てくるような女性も含め、 一度でもご尊顔を拝してみたかったですね…
日本三大美人
(室町期の御伽草子)
1  手越えの長者の娘の千手の前
2  池田の熊野の娘の侍從
3  黄瀬川の潮音寺の亀鶴姫
(歌麿が描いた)
江戸三大美人
「寛政の三美人」
 富本 豊雛、高島 おひさ、難波屋 おきた
世界三大美人  日本の小野 小町、エジプトのクレオパトラ、中国の楊 貴妃
日本妖怪三美人  絡新婦(じょろうぐも)  雪女(ゆきおんな)  「妖狽妲己(ようろうだっき)

 ※ 『妖怪世界』  ← こちらのHPは、妖怪についてとても詳しく『妖怪探求』という掲示板で、 分からないこと教えていただきました。
 「日本では、この〈絡新婦〉と〈雪女〉と〈妖狽妲己〉の3つの妖怪がどうやら美人のようで、 ほかのものはみな恐るべき顔をしている。」
 というのは、もともと 水木しげる氏の言葉だそうです。
 また、「妖狽姐己」というのは、絶世の美女に化けてインドから中国に渡り、 時の権力者に取り入り悪事を行う。 日本では美女「玉藻前(たまものまえ)」として鳥羽天皇の精気を吸い取り、 最後は退治され、 「殺生石」(那須町・栃木)になったという…  あの有名な妖弧 「金毛九尾の狐」 のことだったのですね…ふるやまさん、ありがとうございました!
日本三大美人地帯  秋田、金沢、京都

 ※ どうも、『日本海飛び飛び伝説』というのがあるそうで、実は、何を隠そう私も、 遥か(いにしえ)の学生時代に確かに聞いたことがあるのです。
 「日本海側は、『秋田美人』『越後美人』『加賀美人』『京美人』、 ちょっと飛んで『出雲美人』『博多美人』と言うように一県ずつ飛び飛びに美人の県があるという説」 なのだそうです…
 つまり、この伝説を裏返すと、山形、富山、福井、兵庫、鳥取、山口には 美人がいないということだそうです。兵庫と鳥取が並んでいるのが玉にキズ。 青森の『津軽美人』っていうのも聞いたような気がするんですが…


 松山、京都、秋田

 ※ やっぱり、美人地帯に関しては、そんなにすんなりと終わるわけはなく、異説が出てきましたねぇ…
 【情報提供】松山出身京都在住さん 2005/08/03(Wed)より、
 「日本三大美人は愛媛美人・京都美人・秋田美人で、中でも愛媛美人が一番美しい」そうです…
 美人には言葉遣いの点も挙げられて、愛媛の「伊予弁」は何かいいらしいですw 確かに、京都弁に 近いところがあるのは事実だそうです…
 あとは、瀬戸内の気候が穏やかなことと温泉が多いことがその理由で、温泉に至っては、日本最古の湯の「道後温泉」 もあるように、古くから入っていたからこそ、美人になったのかも!?w
 ただ、気候面では同じ瀬戸内の香川の方はゴツゴツした顔が多いと言われますね…(例:南原清隆・松本明子)。
日本三大ブス地帯  仙台、水戸、名古屋

 ※ 名古屋が熊本、広島、岡山、松本、前橋、福島、米沢などに置き換わっていることもあるそうです…
 まあ、そんなことが事実だと思ってる人はいないと思いますが、結構浸透してる噂なので、 言葉遊びとして掲載しておきましたが…
 くれぐれも、不美人該当地の女性の方、気にしないで下さい!

 ※ こちらの方も、↑上記同様、松山出身京都在住さん 2005/08/03(Wed)より【情報提供】をいただきましたが、 異説はなく、この三つが定説のようですぅ…m(._.)m
日本三大美女占い師   ステラ薫子
日本三大美男子(H15.3.8)  源 義経、佐々木 小次郎、沖田 総司

 「幕末の三大美男子」(司馬 遼太郎さんが書いてらっしる?)としては、
 土方 歳三、一橋 慶喜、松平 容保 だそうだ…

  「真田 広之、保阪 尚輝、柏原 崇ですよお…」(8/8 23:36)
 と、言う人もありますが、一世を風靡した、石原 裕次郎、加山 雄三、草刈 正雄、渡 哲也、 木村 拓也、…など、これやりだしたらキリないのでやめときます…
日本三大
 土着的強情気質

日本の三大頑固な人
  肥後「もっこす」(熊本)、 津軽「じょっぱり」(青森)、 土佐「いごっそう」(高知)

 その他、富山「みゃーらくもん」、石川の「いちがい」、大阪の「きばる」、 広島の「いちぶつ」、徳島の「がいな」、鹿児島の「ぼっけもん」 などという県民性の一端を表す言葉があるようです…
欧米の男達から見て思う
 日本女性の三大欠点
 歩き方が悪い、細すぎる、歯並びが悪い
日本妖怪三大巨頭   水木 しげる   荒俣 宏   京極 夏彦
日本三大易聖  真勢 中州(ませ ちゅうしゅう)新井 白蛾(あらい はくが)高島 呑象(たかしま どんしょう)
日本三大ペテン師  竹内巨麿(たけうちきよまろ)

 ※  竹内巨麿は、 「竹内文書」なる奇書でキリストの墓以外にもぶっ飛んだことを書いています。
   【情報提供】 かまきり さん 2006/07/23(Sun)
日本の歴史学の
 三大欠陥
 「権威主義」、「史料至上主義」、「呪術観の無視・軽視」

 ※ おー、これぞまさしく、私の愛読する井沢元彦氏の「逆説の日本史」 (小学館)の中に出てくるものじゃありませんか…教科書になれば楽しいのに…
日本史を彩る三大幕府   鎌倉幕府 室町幕府 江戸幕府
日本三大怨霊  平将門(たいらのまさかど)祟徳上皇(すとくじょうこう)菅原道真(すがわらのみちざね)
日本三大神話  高天原(たかまがはら)出雲(いずも)高千穂(たかちほ)
日本三大古典  源氏物語、枕草子、徒然草
 万葉集、平家物語奥の細(おくのほそ)道(松尾芭蕉)
日本三大和歌集  万葉集、古今和歌集、新古今和歌集
日本三大随筆
日本三大古典随筆
 枕草子(清少納言)、方丈記(鴨長明)、徒然草(吉田兼好)
日本三大史論  愚管抄(慈円)、神皇正統記(北畠親房)、読史余論(新井白石)
日本三大歴史書
日本三大史書
  扶桑略記(ふそうりゃっき) (延暦寺の僧:肥後阿闍梨皇円(あじゃりこうえん)上人)
  日本書紀(舎人親王らの撰)
  大日本史(徳川光圀らの編纂)
中国医学の三大原典
漢方の三大古典
 黄帝内経(こうていだいけい)神農本草経(しんのうほんぞうきょう)傷寒論(しょうかんろん)
日本三大絵巻  「伴大納言絵巻」(出光美術館蔵)
 「信貴山縁起絵巻」(朝護孫子寺蔵)
 「粉河寺縁起絵巻」(粉河寺蔵)
日本工芸の
 三大黄金時代
 平安時代、桃山時代、昭和60年代前後
日本三大合戦  関ヶ原、戊辰の役、奥羽合戦
日本三大決戦  長篠・設楽原の戦い(新城市・愛知)
日本三大古戦場
  壇ノ浦(だんのうら)(下関市・山口)
  桶狭間(おけはざま)〔田楽狭間〕(豊明市−名古屋市・愛知)
  関ケ原(関ケ原町・岐阜)

 ※ 日本史上、 天下分け目の3回の東西合戦として、第1回は「源平合戦」、第2回は「関ケ原合戦」、 第3回は「明治維新」という捉え方があるようです。
日本三大義戦  厳島合戦、川中島の合戦
日本三大夜戦  河越夜戦(川越市・埼玉)
日本三大篭城戦  長篠城、備中高松城、三木城、八上城
日本三大水攻め  備中:高松城、武蔵:忍城、紀州:太田城、竹鼻城(羽島市・岐阜)
日本三大奇襲戦   源義経の鵯越え(ひよどりごえ)の坂落とし(一ノ谷の合戦)」(神戸市・兵庫) 〔寿永3年:1184〕
  織田信長の桶狭間(おけはざま)の戦い (田楽狭間(でんがくはざま))」(豊明町、名古屋市緑区・愛知)〔永禄3年:1560〕
  北条氏康の「川越夜戦(河越の夜戦)」(川越市・埼玉)〔天文15年:1546〕
  毛利元就の厳島合戦(いつくしまかっせん)(宮島町・広島)〔弘治元年:1555〕
日本三大仇討(あだう)   曽我兄弟の仇討(そがきょうだいのあだうち) 建久4(1193)年
  伊賀越の敵討(いがごえのあだうち) 寛永11(1634)年
  赤穂浪士の仇討(あこうろうしのあだうち) 元禄15(1702)年
日本三大守護役  結城家
三大上忍(忍者の階級)  服部 半蔵、百地 三太夫、藤林 長門…(伊賀)
 甲賀は甲賀五十三家という中忍で占められている…
日本三大お家騒動    伊達騒動(仙台市・宮城)〔万治三年:1660〜 寛文11年:1671
 仙台藩伊達62万石の3代目綱宗は、江戸吉原で(くるわ)遊びに耽溺(たんでき)して国政を(かえりみ)ず、遂に幕府より隠居を命ぜられたことが騒動の発端…
  加賀騒動(金沢市・石川)〔寛延元年:1748〕
 大槻朝元(おおつきとももと)(伝蔵)は六代藩主吉徳の寵愛(ちょうあい)を一身に受けて出世し、それまでの年寄衆をさしおいて藩政の実権を握る。
 延享2年(1745)の吉徳の死とともに、対立していた年寄衆の前田直躬(まえだなおみ)が大槻を弾劾、失脚させる。
 また同じ頃、吉徳の側室真如院により、八代藩主重煕(しげひろ)の毒殺未遂事件がおき、その事件にも大槻が関わったとされた騒動…
  黒田騒動(福岡市・福岡)〔寛永九年:1632〜寛永十年:1633〕
  黒田藩ニ代藩主・黒田忠之(ただゆき)の行動を (いさ)めるため、家老・栗山大膳(くりやまだいぜん)が 「藩主が謀反(むほん)を計画している」と幕府に訴えたのが発端。
 将軍・徳川家光は判断よろしく、黒田忠之に説教と他の全員に寛大な処置を行った。ただし、栗山大膳は主人を訴えた罪で南部藩永久預け入れとなった。(命を狙われる恐れがあるためとも言う)
 八重姫が兄長政の卑怯(ひきょう)な仕打ちの罪を (あがな)わんと (さか)(はりつけ)になって 城井谷の人々を救おうとする…
  仙石騒動(出石町・兵庫)〔天保六年:1835〕
 家老・仙石左京は藩政改革に腕を振るうが、旧守派の総反発を受け、家臣がニつに分かれて争う。 幕府の裁きで江戸・鈴が森で刑死し、石高も三万石に減らされる。
  松木事変(佐土原町・宮崎)〔天保六年:1835〕
 三万石の 佐土原藩 四代藩主、島津忠高は26歳の若さでこの世を去り、愛息の万吉丸は後継としてまだ幼すぎた…
日本三大遺訓   「徳川家康の遺訓」 「水戸光圀の遺訓」 「貞山政宗の遺訓」
日本三大藩校   「会津藩校日新館」 「長州藩校明倫館」 「水戸藩校弘道館」 「薩摩藩校造士館」
日本三大寺子屋   小西塾「臨池居(りんちきょ)(小西鳴鶴)
幕末三大私塾   吉田松陰の「松下村塾」(萩市・山口)
  緒方洪庵の「適塾」(大阪市中央区)
  廣瀬淡窓の「咸宜園」(日田市・大分)

  【情報提供】  大林憲司 さん 2006/02/19(Sun)
明治の三大塾  慶応義塾、同人社、二松学舎
日本三大飢饉
江戸の三大飢饉
近世三大飢饉
  享保大飢饉(1732)、 天明大飢饉(1782)、 天保大飢饉(1833)
日本三大一揆   山中一揆(さんちゅういっき)〔美作国 津山藩・1726〕(湯原町・岡山)

あと、私の知る限り有名なものは、

  加賀の一向一揆〔加賀国・長享2(1488)−天正8(1580)〕
  山城の国一揆〔山城国・1485-1493〕(山城町・京都)
  正長の土一揆(しょうちょうのどいっき)〔近江国坂本・正長1(1428)〕 (大津市・滋賀)

などですが…
日本の自由民権運動の
 三大激化事件
 群馬事件(明治17年) 妙義山
 秩父事件(明治17年) 秩父・大宮
 武相困民党事件(明治14年) 相模原・八王子
日本三大埋蔵金  豊臣秀吉、徳川幕府、結城晴朝
元日本三大財閥   住友、三井、三菱

 ※ 一般的には、上記の『三大財閥』を狭義の財閥(旧財閥)と呼び、 金融財閥の「安田」を加えて『四大財閥』と呼ぶそうです。
 さらに、GHQによる財閥解体指令を受けた11財閥を加え、 『十五大財閥』と呼ぶそうです。
 【情報提供】KB Y.H さん 2005/07/19(Tue)
日本三大昔話   花咲か爺 浦島太郎 桃太郎
日本三大伝説   三保の松原の羽衣伝説(清水市・静岡)
  木更津證誠寺の狸ばやし(千葉)
  館林茂林寺の分福茶釜(群馬)

 ※ ←「とぴっくす」に、狸の寺と茶釜の写真や記事が載っています!
日本三大狸伝説   證誠寺の狸ばやし(木更津市・千葉)
  茂林寺の分福茶釜(館林市・群馬)
  松山騒動伊予八百八狸物語(松山市・愛媛)
日本三大狸   佐渡の二ツ岩の団三郎狸
  淡路の柴右衛門狸(洲本市・兵庫)
  屋島の禿狸(太三郎狸)
  喜左衛門狸(東予市・愛媛)

 ※ 「喜左衛門狸」は、阿波の「金長狸」、讃岐浄願寺の「禿狸」とともに、 『四国三大狸』と言われる。
日本三大怪猫伝  鍋島(佐賀)、有馬(兵庫)、 お松大権現(阿南市・徳島)、 岡崎
日本三大天女伝説
(羽衣伝説)
  余呉(よご)湖羽衣伝説(長浜市・滋賀)
  三保の松原の羽衣伝説(清水市・静岡)
  丹後七姫伝説(丹後峰山)(京都)
日本三大悲恋伝説   佐用姫伝説(唐津市・佐賀)

あとの2つを明確に記したものは見つけてないのですが…

  お小夜の悲恋伝説(能登輪島)
  恋志谷(こいしだに)神社・夢絃峡(むげんきょう)の 夢姫悲恋伝説(笠置町・京都)
  真間(まま)手児奈(てごな)悲恋伝説(市川市・千葉)
  葦屋の菟原娘子(うなひをとめ)の悲恋伝説(芦屋市・兵庫)
  (ヤス)の滝悲恋伝説(阿仁町・秋田)
  恋路海岸・鍋乃の悲恋伝説(内浦町・石川)
  白糸姫の悲恋伝説(金ヶ崎町・岩手)
  積丹(シャコタン)・シララの悲恋伝説(北海道)
  鶴富姫の悲恋伝説(椎葉村・宮崎)
  玉恵姫の悲恋伝説(塩原町・栃木)
  緒絶(おだえ)姫の悲恋伝説(古川市・宮城)

まだまだ、たくさんありそうなのですが、とりあえずはこのへんで…
日本三古印   宝珠山立石寺(りっしゃくじ)(山寺)「立石倉印」(山形市山寺)
日本三大家紋  鷹の羽、木瓜(もっこう) 片喰(かたばみ)紋(292種類)…???
日本三大古系図   予州新居系図〔伊曽乃神社〕(西条市・愛媛)
  近江和気系図〔園城寺(三井寺)〕(大津市・滋賀)
  丹後海部系図〔籠神社(このじんじゃ)(野田川町・京都)
日本三大像   坂本竜馬像(桂浜・高地)
  楠公像(皇居前広場・東京)
  高田屋嘉兵衛像(函館山・北海道)
日本三大原人まつり   明石原人まつり(明石市・兵庫)
  葛生(くずう)原人まつり(葛生町・栃木)
  秩父原人まつり(秩父市・埼玉)
日本三大史跡   平城京(奈良市)、 太宰府(太宰府市・福岡)、 多賀城(多賀城市・宮城)
日本三大遺跡   尖石(とがりいし)遺跡(八ヶ岳西山麓、茅野市・長野)
  平出(ひらいで)遺跡(塩尻市・長野)
  登呂(とろ)遺跡(静岡市登呂)

 ※ この3遺跡は、言わば老舗といえるかもしれません。 平出遺跡は、日本三大遺跡として社会科の教科書にも紹介されていたそうです。
 これに対して、近年は新たな発掘により、以下のようなものが取り上げられてきております。 まさに、「歴史は塗り替えられる」ですね…


  三内丸山(さんないまるやま)遺跡(青森市・青森)
  吉野ケ里遺跡(神埼町、三田川町、東脊振村・佐賀)
  上高森遺跡(築館町・宮城)

 ※ 上高森遺跡の発掘調査ねつ造とわかり、今は三つ目を選定中という HPもありましたが、なにか忘れちゃいませんかって…

  桜町遺跡(小矢部市・富山)!

 これがすごいのなんのって… ほんとに富山県人は売り込みが下手なんだから…
日本三大縄文遺跡   上野原遺跡(国分市・鹿児島)
  三内丸山(さんないまるやま)遺跡(青森市・青森)
  カリンバ3遺跡(恵庭市・北海道)
日本三大遺跡(中世)
日本の中世三大遺跡
  根来寺(ねごろじ)遺跡(岩出町・和歌山)
  一乗谷朝倉氏遺跡(福井市・福井)
  草戸千軒(くさどせんげん)遺跡(福山市・広島)
日本三大墓地   万松院の宗家墓所(厳原町・長崎対馬)
  前田藩墓地(金沢市・石川)
  毛利藩墓地(萩市・山口)
日本三古碑   多胡(古)碑(群馬)、 多賀城碑(宮城)、 那須国造碑(栃木)、 宇治橋断碑(京都)
日本三大句碑   萩原 井泉水(はぎわら せいせんすい)の句碑」海光山仏現寺(伊東市・静岡)

 ※ 句碑の検索では、やはり、 松尾芭蕉のものを一番多く見かけましたが、おもしろいことに、 愛媛の松山は “俳句王国”と呼ばれており、句碑が300以上もあるという全国的にも珍しい地域だそうです…
世界三大古代文字   ヒエログリフ(エジプト)、 楔形文字(くさびがたもじ)(バビロン)、 甲骨文字(中国)
  日本三大古墳   仁徳天皇陵(堺市・大阪)、 応神天皇陵(羽曳野市・大阪)、 履中天皇陵(堺市・大阪)
世界三大古墳   クフ王ピラミッド(エジプト)、 秦の始皇帝陵(中国)、 仁徳天皇陵(堺市・大阪)
日本三大貝塚   陸平貝塚(おかだいらかいづか)(美浦村・茨城)
日本三大窯跡群(ようせきぐん)(須恵器)   牛頸山(大野城市・福岡)、 陶邑(すえむら)(堺市・大阪府)、 猿投山(さなげやま)(瀬戸市・愛知)
(古代)日本三関(さんかん)   伊勢国鈴鹿関(鈴鹿市・三重)
  美濃国不破関(関ヶ原町・岐阜)
  越前国愛発(あらち)(敦賀市・福井)
  近江国逢坂(おうさか)(大津市・滋賀)

 その他にも 『日本三関(さんけん)の候補として名前があがっているものとして…

  福島関(木曽福島町・長野)
  箱根関(箱根町・神奈川)
  碓井関(群馬―長野)
 
碇ケ関(いかりがせき)(碇ヶ関村・青森―秋田)
  栗橋関(栗橋町・埼玉)
 
小仏関(八王子市・東京)
奥羽三関(奥州三古関)
(奥州三大古関)
(東北三大関所)
  白河関(白河市・福島)
  菊多 (勿来(なこその))関(いわき市・福島)
  念珠関(ねずがせき) (鼠ヶ関(ねずがせき))(温海町・山形)
日本三奇   天の逆鉾(あめのさかほこ) (宮崎県と鹿児島県の県境の霧島山山頂付近)
  …鬼面を彫りこんだ5mほどの異形の剣が、岩垣に突き立てられている。
  「石の宝殿(ほうでん) (兵庫県高砂市生石(おうしこ)神社にある。)
  …鎮万石室(しずのいわや)、浮石とも呼ばれている。社殿の背後に龍山がある。
  「塩釜(塩竃)神社の塩釜(しおがま) (宮城県松島湾千賀の浦の一森山の頂上)
  …1000年前の巨大な大釜。

 ※ Kenji FurumiさんのHP 「不思議国日本」に掲載されていましたが、今はもう無くなってしまっています…
 ※ 「自然」の分類になるのか迷いましたが、「遺跡」の分類としてこちらに入れました。
三種の神器  八咫鏡(ヤタノカガミ)草薙の剣(クサナギノツルギ)八尺瓊勾玉(ヤサカニノマガタマ)
(昭和30年代の)
三種の神器
 白黒テレビ、電気洗濯機、電気冷蔵庫
新三種の神器(2004.3)  大型テレビ、デジタルカメラ、DVD=デジタル多用途ディスク

 ※ ちなみに、 『デジタル三種の神器』(2003.12)として、
 「薄型テレビ」「デジタルカメラ」「DVDレコーダー」とも言うそうです…
現代の三種の神器(2004.4)  パソコン、携帯電話

 ※ ときて、あとひとつは「車」とか「カード」など個人差があるそうです…
ユダヤの三種の神器  十戒の石板、マナの壷、アロンの杖
世界三大秘宝  ツタンカーメン黄金マスク、ミロのビーナス、モナリザ
日本三大神剣 (霊剣)   十握剣(とつかのつるぎ)(大和・上布留神社)
  草薙剣(くさなぎのつるぎ)(内裏の宝剣)
  経津御霊剣(ふつのみたまのつるぎ)(尾張の熱田神宮)

   【情報提供】 がめら さん 2006/03/18(Sat)
日本三作
(刀鍛冶の名匠)
 粟田口吉光(山城国)、五郎正宗(相模国鎌倉)、郷義弘
日本三槍(天下三槍)   御手杵(おてぎね) 〔駿河国の刀工 島田義助作・川越藩主 松平大和守家が所有、空襲で焼失〕
  蜻蛉切(とんぼきり) 〔正真作(村正一門)・徳川家康に仕えた本多平八郎忠勝の愛槍〕
  日本号(にほんごう) 〔作者不詳・豊臣秀吉から福島正則、黒田家の豪傑 母里(もり)太兵衛に渡る〕
日本三大(大)鎧  紺絲威大鎧(あかいとおどしおおよろい)」 〔武蔵御獄神社〕(青梅市・東京)
 赤糸威大鎧(こんいとおどしおおよろい)」 〔大山祇(おおやまづみ)神社〕(大三島町・愛媛)
日本三銘鏡   「海獣葡萄鏡」 (香取(かとり)神宮・佐原市・千葉)
  「正倉院御物」(奈良)
  「禽獣葡萄鏡」(伊予国一宮大山祇(おおやまづみ)神社・大三島町・愛媛)

 それに、

  「白銅月宮鑑」(貫前(ぬきさき)神社・富岡市一ノ宮・群馬)

 ※ やませみさんから連絡があり、→ 【お国自慢メモ帳】に記載しました。
三大ピラミッド  クフ王、カフラー王、メンカウラー王 … (カイロ・エジプト)
日本三大ピラミッド  ・  葦嶽山(あしたけやま)815m(庄原市・広島) 〜日本のピラミッド探訪はここから始まると…

 昭和9年に酒井勝軍(かつとき)が、 「この山は2万年前のピラミッドである」と断言してブームとなった。 日本がピラミッド(比彌廣殿)の発祥地なのだという…

 ・  位山(くらいやま)1,529m(宮村・岐阜)〜太古この地で天皇が位を授かったと言われ、 飛騨(ヒダ)日球(ヒダマ)の転化で 太陽を祭る日球国があったという意味で、天皇が位を受ける天と地の霊的なエネルギーの交換の場であったという 飛騨高天が原伝説の地…

 ・  尖山(とんがりやま)559m(立山町・富山) 〜最も有名な日本のピラミッド。UFO基地説もある。
 ・  十和利山(とわりさん)(新郷村・青森)〜キリストの墓伝説などもあります…
 ・  岩戸山(いわとやま)【城山、日室岳】427m(大江町・京都)、
 ・  三上山(みかみやま)【近江富士】432m(野洲(やす)町・滋賀) ←もともと『御神山』と表記されていたそうです。琵琶湖の比良山は「ヒラミツド」の一つ…?
 ・  皆神山(みなかみやま)659m(松代町・長野) 〜未完成の人工造山と言われる皆神山を、完成したものを推測すると、世界最大のピラミッドになるという…

 ※ これ以外にも、30ほどの山が日本ピラミッドの候補地だそうです…
 ※  「日本ピラミッド」への批判的な所論があります。  なるほど、アカデミックな学者はオカルトものに下手に関わって自分の権威が丸つぶれになるのを恐れてるんですね… 伸び伸びと研究すればいいのに…
 ※ キリストの墓伝説云々は、竹内巨麿がでっちあげた明らかな捏造と実証されており、 村長も村おこしのために快く受け入れたとのことです…
   【情報提供】 かまきり さん 2006/07/23(Sun)

 まだまだなにかありそうですが…

一番上へ

ここをクリックすればトップページに行くことができます。