■生命線
■感情線
■火星線
■運命線
■印象線
■太陽線
■知能線・頭脳線
■健康線
■二重知能線
■結婚線
■財運線
■人気線
■金星帯
■直感線
■土星帯
■向上線
■反抗線
■放縦線
■希望線
■医療線
■寵愛線
■陰徳線
■仕事線
■享楽線
■妨害線
・運命線の妨害線 ・生命線の妨害線 ・結婚線の妨害線
■ますかけ線
■悲哀線
■気づき線
■手首線
■不動産線
■旅行線
■疲労線
■引き立て線
■子孫線
■ユーモア線
■災害線
■フィッシュ
■十字線
■仏眼
■火星環
■パートナー線
■太陽環
■三喜紋・三奇紋
■ソロモン環
■金星丘
■土星丘
■月丘
■火星平原
■木星丘
■第一火星丘
■第二火星丘
■水星丘
■太陽丘
■親指
■小指
■ほくろ
■奇相
■死相
■子供の手相
■老人の手相
■流年法 生命線
■流年法 運命線
■流年法 太陽線
■流年法 感情線
■流年法 結婚線
■影響線
■薬指
■中指
■忍耐線
■指
■丘
■指紋

手!sou

生命線の妨害線

妨害線がよく現れる部位として、生命線がありますね。
生命線はその人の生命の変化を意味する線です。
仕事やプライベートで嫌なことがあれば、当然体調の変化を生じるものでしょう。
生命線は体調がどのような変化をするかを現す線ですから、運勢上の変化は生命線にも出うる、という訳になります。

運勢自体がどのように変化するかは運命線でみて、その変化に伴い自分自身にどのような影響を与えるかを生命線で見る、というのが正解と思います。

運命線の上に妨害線が生じる事は非常に多く、一般的です。
生命線を切り、同時に運命線を切るというパターンもよく見られるもので、運命線と生命線の流年が重なる30歳前後は特に刻まれやすいように思う。
30歳前後というのは仕事では出世コースに乗るか乗らないかが決定的になる時期ですし、家庭では結婚・子育てなどが重なる時期。
この時期に妨害線が運命線と生命線を同時にかつ同時期に切る事があるという事実は、面白いことと思います。

生命線上に生じた妨害線は、生命に関するトラブルを意味します。
過度に仕事が忙しくなり、昼夜休まず働かなければならないような境遇になれば、当然のごとく体調にも大きな変化を生じるでしょう。
こうなれば生命線上に妨害線が生じてもおかしくは無い。
また女性の場合、出産に伴う身体の大きな変化が妨害線として表れる事がよくある。

生命線上に妨害線が生じた地点より後の生命線の状態が、前後共にそれほど変わっていないのならば大事には至らないでしょう。
ですが妨害線後の生命線が勢いを落としていれば、この身体の変化により体調を大きく崩すこととなるのです。
生命線が消えているような状態になれば、生命の危機が訪れることになります。

生命線の妨害線がどのような方面からの妨害を意味するのかを把握するのは比較的難しい。
がある程度のパターンはある。
親指の付け根付近から生じれば、身内家族から受けるトラブルが原因で体調の変化を生じる。
結婚線から妨害線が延び、運命線・生命線を切れば、結婚恋愛上のトラブルが原因で運勢・体調共々変化を生じるでしょう。
仕事線が延びて運命線・生命線を切れば、過度に仕事が忙しくなり、生命力を削ってでも仕事をしなければ鳴らないような状態となるでしょう。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>


■サブメニュー
手相画像妨害線
妨害線
手相画像運命線の妨害線
運命線の妨害線
手相画像生命線の妨害線
生命線の妨害線
手相画像結婚線の妨害線
結婚線の妨害線


生命線 / 感情線 / 火星線 / 運命線 / 印象線 / 太陽線 / 知能線 / 健康線 / 二重知能線 / 結婚線 / 財運線 / 人気線 / 金星帯 / 直感線 / 土星帯 / 向上線 / 反抗線 / 放縦線 / 希望線 / 医療線 / 寵愛線 / 隠徳線 / 仕事線 / 享楽線 / 妨害線 / マスカケ線 / 悲哀線 / 気付き線 / 手首線 / 不動産線 / 旅行線 / 疲労線 / 引き立て線 / 子孫線 / ユーモア線 / 災害線 / フィッシュ / 十字線 / 仏眼相 / 火星環 / パートナー線 / 太陽環 / 三喜紋 / ソロモン環 / 金星丘 / 土星丘 / 月丘 / 火星平原 / 木星丘 / 第一火星丘 / 第二火星丘 / 水星丘 / 太陽丘 / 親指 / 小指 / ホクロ / 奇相 / 死相 / 子供の手相 / 老人の手相 / 流年法 / 生命線 流年法 / 運命線 流年法 / 太陽線 流年法 / 感情線 流年法 / 結婚線 流年法 / 影響線 / 薬指 / 薬指 / 忍耐線 / / / 指紋 / /
■当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。
■メールをくださった方のメールアドレス等は、しかるべき捜査機関等から正当な理由により提供の申し出を受けた場合以外には外部に提供いたしません。