現在、新規記事追加中なのだ!やっとやる気をだしたのだ!(´・ω・`)

■生命線
■感情線
■火星線
■運命線
■印象線
■太陽線
■知能線・頭脳線
■健康線
■二重知能線
■結婚線
■財運線
■人気線
■金星帯
■直感線
■土星帯
■向上線
・細かい向上線
・向上線が知能線の下まで伸びる
・向上線が知能線を抜ける
・途切れた向上線の先に運命線がある
・向上線が運命線へと流れ込む
・木星丘下の向上線
・向上線の妨害線
・向上線の流年法
・向上線の島
■反抗線
■放縦線
■希望線
■医療線
■寵愛線
■陰徳線
■仕事線
■享楽線
■妨害線
■ますかけ線
■悲哀線
■気づき線
■手首線
■不動産線
■旅行線
■疲労線
■引き立て線
■子孫線
■ユーモア線
■災害線
■フィッシュ
■十字線
■仏眼
■火星環
■パートナー線
■太陽環
■三喜紋・三奇紋
■ソロモン環
■金星丘
■土星丘
■月丘
■火星平原
■木星丘
■第一火星丘
■第二火星丘
■水星丘
■太陽丘
■親指
■小指
■ほくろ
■奇相
■死相
■子供の手相
■老人の手相
■流年法 生命線
■流年法 運命線
■流年法 太陽線
■流年法 感情線
■流年法 結婚線
■影響線
■薬指
■中指
■忍耐線
■指
■丘
■指紋

手!sou

向上線

手相画像(メイン):向上線−> title=向上線(こうじょうせん)とは生命線上から上に伸びる線です。
この線は第二の運命線とも言える相で、本人が努力を始めた時期から刻まれ始めます。

(1)のように生命線上から生じた向上線が大きく伸びる場合、本人の努力によって運命が切り開かれていく事を暗示しています。
(2)のように短かい向上線が数本刻まれる場合は、努力に永続性がなく移り気な性格であることを表しています。
流年 については諸説あり、運命線の流年に準ずる方法と、生命線とふれる位置を生命線の流年で見て開運時期を見るという方法がありますが、私は生命線の流年を採用しています。
ただし、太陽丘に伸びる向上線の場合、後者を採用します。

向上線は向かう向きによって様々な意味合いが出てきます。
財運を現す水星丘(小指の下)方向へと伸びれば、本人の努力によってお金を儲けられるという意味を現しています。
世間的な評価・成功を現す太陽丘(薬指の下)へと伸びれば、本人の努力が世間的に認められるという意味を現します。
本人の立場・方向性を現す土星丘(中指の下)へと伸びれば、この向上線が第二の運命線となり運命線本線とは違った運命を同時に歩む事を示します。
野心や希望を現す木星丘(人差し指の下)へと伸びれば、本人の努力により、野心が成就することを現します。

向上線はかなり変化しやすい線で、本人が努力奮闘すると見る見るうちに強く、深く刻まれていきます。
自分が現在行っている努力がどの程度運気を強くしているかを知りたい場合、この向上線を一つのバロメーターとして見ると面白いでしょう。

<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■サブメニュー
手相画像向上線
向上線
手相画像細かい向上線
細かい向上線
手相画像向上線が知能線の下まで伸びる
向上線が知能線の下まで伸びる
手相画像向上線が知能線を抜ける
向上線が知能線を抜ける
手相画像途切れた向上線の先に運命線がある
途切れた向上線の先に運命線がある
手相画像向上線が運命線へと流れ込む
向上線が運命線へと流れ込む
手相画像木星丘下の向上線
木星丘下の向上線
手相画像向上線の妨害線
向上線の妨害線
手相画像向上線の流年法
向上線の流年法
手相画像向上線の島
向上線の島
トップへ戻る


生命線/ 感情線/ 火星線/ 運命線/ 印象線/ 太陽線/ 知能線/ 健康線/ 二重知能線/ 結婚線/ 財運線/ 人気線/ 金星帯/ 直感線/ 土星帯/ 向上線/ 反抗線/ 放縦線/ 希望線/ 医療線/ 寵愛線/ 隠徳線/ 仕事線/ 享楽線/ 妨害線/ マスカケ線/ 悲哀線/ 気付き線/ 手首線/ 不動産線/ 旅行線/ 疲労線/ 引き立て線/ 子孫線/ ユーモア線/ 災害線/ フィッシュ/ 十字線/ 仏眼相/ 火星環/ パートナー線/ 太陽環/ 三喜紋/ ソロモン環/ 金星丘/ 土星丘/ 月丘/ 火星平原/ 木星丘/ 第一火星丘/ 第二火星丘/ 水星丘/ 太陽丘/ 親指/ 小指/ ホクロ/ 奇相/ 死相/ 子供の手相/ 老人の手相/ 流年法/ 生命線 流年法/ 運命線 流年法/ 太陽線 流年法/ 感情線 流年法/ 結婚線 流年法/ 影響線/ 薬指/ 薬指/ 忍耐線/ / / 指紋/ /
■当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。
■メールをくださった方のメールアドレス等は、しかるべき捜査機関等から正当な理由により提供の申し出を受けた場合以外には外部に提供いたしません。