WEBローンで今すぐ申し込み

xyakuのインストールと設定


xyakuのインストールを行いました。
xyakuとはlinux上で単語を和英、英和翻訳してくれるedictのフロントエンドです。

スクリーンショットはこちらです

まずはソースファイルと辞書ファイル(edict)を以下のサイトからダウンロードします。
http://www.ainet.or.jp/~inoue/software/xyaku/


私はこのサイトから xyaku-1.3.0.tar.gz と edict.gz をダウンロードしました。

ファイルをダウンロードしたらそれぞれのファイルをコピーします
# cp xyaku-1.3.0.tar.gz /usr/local/src
# cp edic.gz /usr/local/share

次にディレクトリを移動してコンパイルします。
# cd /usr/local/src
# tar xvfz xyaku-1.3.0.tar.gz
これでソースが展開されます。
# cd xyaku-1.3.0
# ./configure --with-edict=/usr/local/share/edict
# make
# make install

これでxyakuのコンパイルは完了しました。次にダウンロード直後は圧縮されている辞書ファイルを解凍します。

# cd /usr/local/share
# gunzip edict.gz

さて、xyakuを起動してみましょう!

運のいい人はちゃんと起動しているはずです。翻訳したい単語をマウスで選択してデフォルトでセットされている Ctrl-F1を押下すれば結果が表示されるはずです。

私のように運の悪い人は以下のエラーが表示されると思います。
$ xyaku &
[1] 5364
$ BadAccess (attempt to access private resource denied)
Another process has already grabbed this keycode.
BadAccess (attempt to access private resource denied)
Another process has already grabbed this keycode.


と、エラーになってしまいました。
メッセージの通りですがxyakuで使用しようとしたキーマッピングが既に他のアプリケーションで使用されています。
これを回避するには環境設定ファイルを編集します。
ソースディレクトリにある環境ファイルを自分のホームディレクトリにコピーします。
$ cd /usr/local/src/xyaku-1.3.0
$ cp xyakurc ~/.xyakurc

エディターで編集します。今回の私の場合は、KDEを使用していたのですが、Ctrl-FxがKDEの仮想スクリーン切り替えに使用されていたので、
とりあえずあまり使用しない機能を無効にして単語翻訳を Shift-F1に設定してみました。
ここではやり方だけ記述しますのでマッピングは好みに合わせて変更して下さい。

$ cd ~
$ vi xyakurc

---------------- xyakurc ------------


・省略

# Format of addin-command:
# Key keyname Modifiers use_cache max_nlines max_bufsiz max_width command [arg1 arg2 ...]
# keyname: One of the entries from /usr/include/X11/keysymdef.h, with the leading XK_ omitted.
# Modifiers: C-control, S-shift, M-mod1, L-lock, A-all. Combination such as CS is acceptable.
# use_cache: Specify to use cache. Value is true or false.
# max_nlines: Specify the max number of lines to show result. 0 means default(16).
# max_bufsiz: Specify the max buffer size to show result. 0 means default(1024byte).
# max_width: Specify the max width to show result.
# 0 means no specification(determined by result string).
# command: Specify add-in command and arguments.
# Trailing words are treated as arguments, even if they start with #.
#
Key F1 S true 0 0 0 edict.sh <---CtrlからShiftキーに変更
#Key F2 C true 0 0 0 searcheb.rb -d /mnt/cdrom
#Key F3 C true 64 6144 0 dict.sh
#Key F4 C false 0 0 0 websearch.sh -e yahoo
#Key F1 S false 50 3072 640 help.sh
#Key F10 C false 0 0 0 clearcache.sh

#Key F1 S true 0 0 0 edict.sh

#
# Format of automode's addin-command:
# AutoKey keyname Modifiers use_cache max_nlines max_bufsiz max_width interval command [arg1 arg2 ...]
# interval: Interval time[millisecond]. 0 means default(1500).
#
#AutoKey F1 M true 0 0 0 1500 edict.sh
#AutoKey F2 M true 0 0 0 1500 searcheb.rb -d /mnt/cdrom
#AutoKey F3 M true 64 6144 0 2000 dict.sh

#
# If you want to use these, please remove comment.
#
#Key F5 C false 0 0 0 openurl.sh
#Key F6 C false 0 0 0 showrc.sh

---------------- xyakurc 以上 -------------------------------

これで再び起動してみましょう!
$ xyaku &
どうです?起動しましたか?

さて、フォントが気にくわない、とか、色が好きでない。という方はさらに変更が必要です。別の環境ファイルをコピーして編集します。

$ cd /usr/local/src/xyaku-1.3.0
$ cp Xyaku.ad ~/Xyaku

ここでファイルを編集します。
$ cd
$ vi Xyaku

ここで以下の部分を変えると色が変わります。変更を反映さすにはxyakuを再起動して下さい。

! Color settings
! *background: ivory1
*background: pink <--- 背景色がピンクに
*borderColor: ivory2
*foreground: black


その他翻訳関係こちら


       [へなちょこlinuxのコーナーへ]    [ホームへ]