Aimail

MS-WORDの文章をHTMLに変換




MS-WORDの文章をHTMLに変換してみました。残念ながら2000年10月段階では linuxでMS-WORDの文章を取り込めるワープロソフトは一部の市販しかないようで HTMLに変換して読むのが一般的みたいです。
2001年にはsunのフリーのオフィスソフトが公開されるのでそれまで辛抱でしょうか。
ちなみに英語版のStar Officeの品質はまずまずです。MS-OFFICEと比べても見劣りしていないです。

私が使用したソフトは wvHtml  http://www.wvWare.com です。

ここらか最新版のソースを落せばいいでしょうが私はとりあえず
日経linux 2000年11月号の付録CDから wv-0.5.44.tar.gzを使いました。

インストールはお決まりのパターンで問題なく完了です。

まずこのファイルをコピーします。
# cp wv-0.5.44.tar.gz /usr/local/src

次に以下の順序で実行です。
# cd /usr/local/src/wv
# ./configure
# make
# make install
# make clean

詳しくは付属の INSTALL を読んでください。


さて実際に使用してみたのですが、今回はMS-WORD2000のファイルの場合、
文字の色や表、罫線やアンダーラインは問題なくコンバートされました。
但し、フォントサイズや表の背景色はコンバートできませんでした。

また、画像ファイルもコンバートされましたがレイアウトがやや崩されて
しまっていました。
画像ファイルの種類に関してはライブラリーが不足してサポートできない種類がインストールの時にワーニング表示されていました。

詳しくテストしていないのですがとりあえず文章主体のものなら全く問題ないと思います。また、凝ったレイアウトでも内容を理解する上では問題ないと思います。






       [へなちょこlinuxのコーナーへ]    [ホームへ]