WEBでローン審査10分!!

Windowsと仲良しになる方法

たぶんWindows使わずにいきなりLinux使う人は少ないですよね。

一台のパソコンにWindowsとLinuxを共存(ディアルブート)している場合は
Linux側からWindows領域をマウントしてやります。
そうするとWindows領域があたかもLinuxの一つのディレクトリとして認識され
ファイルの共有が可能です。




手動でWindows領域をマウントする方法


なお以下の作業を実施するには root権限が必要です。
まずrootになります。
su - root       とうち、パスワードを入力します。

次にWindows領域をマウントしたいディレクトリを作成します。
mkdir /dos

この /dos以下にWindows領域をマウントしてやります。
mount -t vfat /dev/hda1 /dos
なお、このhda1 はマシンにより異なります。
-t vfatという部分はWindowsのロングファイルネームに対応する為です。

これで cd /dos  として ls をうってみてください。
あなたのWindows領域のファイルがみれるはずです。

なお、通常マウントしたWindows領域はrootしか書き込みができません。
 




自動でWindows領域をマウントする方法

/etc/fstab ファイルを編集することで起動時に自動的にマウントが可能です。

まずファイルを編集する為にrootになります。
su - root       とうち、パスワードを入力します。

次にWindows領域をマウントしたいディレクトリを作成します。
mkdir /dos

/etc へ移動します
cd /etc

通常このファイルは書き込み不可属性となっていますので以下のコマンドで
書き込み可能とします。
chmod u+w
/etc/fstab  に以下の行を追加します。
/dev/hda1               /dos                    vfat    defaults        0 0

保存したらまた書き込み不可属性に戻してやります。
chmod u-w

これでマシンを再起動するたびに自動的にWindows 領域が /dos に自動マウントされます。
 

  使用可能なファイルシステムは /proc/filesystem に記述されています。




linux

[へなちょこlinuxへ]   [ホームへ]