Aimail

wdmの背景を変えてかっこいいログインをしましょう!


vine2.0から run level5 で起動するとwdmが起動するようになりましたよね。 これはかなり便利で私はvine1.1からインストールして使っていたのですが windowsみたいに簡単に背景を変えてみたいと思いませんか?

変更するには
/etc/X11/wdm/wdm-config.in      を編集します。
このファイルの次の部分を見つけ出して変更して下さい。

!
! display screen background--if not set or set to none, then the
!                            background is not set by wdm.
! DisplayManager*wdmBg:         none
!!!DisplayManager*wdmBg:           vgradient:Navy,RoyalBlue,Navy             ← vine2.0デフォルトのブルーの画面
! DisplayManager*wdmBg:         dgradient:RoyalBlue,FireBrick,Black
! DisplayManager*wdmBg:         hgradient:RoyalBlue,FireBrick,Black
! DisplayManager*wdmBg:         vgradient:RoyalBlue,FireBrick,Black
!DisplayManager*wdmBg:         pixmap:#configdir#/pixmaps/Stars.jpg
! DisplayManager*wdmBg:         pixmap:/dos/windows/hana.bmp              ← ビットマップは真っ黒になりだめでした。。。
DisplayManager*wdmBg:         pixmap:/etc/X11/wdm/kerokero.gif            ← gifファイルは画面いっぱいに拡大されて表示されました。
!
 

※run level の変更は /etc/inittab を書き換えます。
  ここで以下の部分の数字を書き換えればrun levelが変更されます。
  通常は3 です。グラフィカルログインをしたいのであれば5にします。すると通常のlinuxであればxdmが起動しますが
  vine2.0はwdmがデフォルトで立ち上がります。

# Default runlevel. The runlevels used by RHS are:
#   0 - halt (Do NOT set initdefault to this)
#   1 - Single user mode
#   2 - Multiuser, without NFS (The same as 3, if you do not have networking)
#   3 - Full multiuser mode
#   4 - unused
#   5 - X11
#   6 - reboot (Do NOT set initdefault to this)
#
id:3:initdefault:       ←この部分
 
 

       へなちょこLinuxのコーナー          ホーム