JSPを使ってみよう



tomcatをインストールしたら動作確認にJSPを動かしてみましょう。
デフォルトでもサンプルが付いていますが自分で作ってみましょう。
簡単なhelloプログラムはこんな感じです。
<html> <head> <title>JSP Sample Program</title> </head> <body bgcolor="#ffffff"> <% out.println("JSPテストプログラムです。") ; %> </body> </html>


JSPはマイクロソフトのASPみたいにHTMLに組み込んで使用できます。

ファイルを作成したらとりあえずは
/usr/local/tomcat/webapps/examples/jspに適当なディレクトリを作りコピー してみましょう。

# cd /usr/local/tomcat/webapps/examples/jsp
# mkdir test
# copy .../XXX.jsp /usr/local/tomcat/webapps/examples/jsp/test
これで作成したXXX.jspが /usr/local/tomcat/webapps/examples/jsp/testにコピーされました。

ブラウザーでアクセスしてみてください。
http://localhost/examples/jsp/test/XXX.jsp

正常に表示されればOKです。



       [へなちょこlinuxのコーナーへ]    [ホームへ]