クリック後の転職相談の登録は約1時間です

tomcat4.0.3をインストールしました



tomcat4.0.3をインストールしました。
今回はRedhat Linux7.2 にインストールしました。


まずはtomcatを使ってみたかったのでapacheとの連係までは行なわず tomcat 単独でのインストールです。

まずJDKは既にインストールされていることが前提です。JDKは1.2以降の バージョンであれば問題ないようです。
JDKをインストールしていない場合はこちらを参考にして 下さい。

今回はソースからのコンパイルでなく、バイナリ-ファイルをダウンロードしてみました。
この場合、ダウンロードしたファイルを展開しただけで使用できるのでお手軽です。
ソースからのコンパイルはこちらを参考にしてください。


以下のサイトから次のファイルをダウンロードしてきます。
http://jakarta.apache.org/site/binindex.html

jakarta-tomcat-4.0.3.tar.gz

そしてそれらのファイルを
/usr/local
(場所は任意です。)に置いておきます。

次に環境変数を設定しておきます。
パスやJDKのバージョンは自分の環境にあわせて変更して下さい。

export JAVA_HOME=/mnt/share/bin/jdk1.2.2
PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin:
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

ここでダウンロードしたファイルを展開しておきます。
# cd /usr/local
# tar xvfz jakarta-tomcat-4.0.3.tar.gz

これだけでインストールは完了です。

では起動してみましょう。
# cd /usr/local/jakarta-tomcat-4.0.3
# cd bin
TOMCAT_install_dir/bin)
# ./startup.sh

これで起動完了です。

動作確認はブラウザーで 8080ポートにアクセスします。

http://ホスト名 :8080

これでTomcatのトップページが起動されればokです。


終了は
# ./shutdown.sh
です。






[へなちょこlinuxのコーナーへ]    [ホームへ]