パソコンアルバイトならスリープロ 転職登録で最適なお仕事をご紹介します

Linux版 Oracleで SQL*NETの設定




Linux版Oracle で SQL*NET の設定をします。
NT版と大きな差はないようですが、以前にOracle7のSQL*NET V2 で使用した
tnsnames.ora
listener.ora
をコピーしてサーバー等を変更するだけでは駄目でした。

設定は次のファイルを書き換えます。
$ORACLE_HOME$/network/admin/listener.ora
$ORACLE_HOME$/network/admin/tnsnames.ora
内容はこんな感じです。

ホスト名:kenken
SID:kenken


# LISTENER.ORA Network Configuration File: $ORACLE_HOME$/network/admin/listene

r.ora

# Generated by Oracle configuration tools.



LISTENER =

  (DESCRIPTION =

    (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = kenken)(PORT = 1521))

  )



SID_LIST_LISTENER =

  (SID_LIST =

    (SID_DESC =

      (SID_NAME = kenken)

      (ORACLE_HOME = /oracle/OraHome1)

    )

  )







# TNSNAMES.ORA Network Configuration File: $ORACLE_HOME$/network/admin/tnsname

s.ora

# Generated by Oracle configuration tools.



KENKEN.DM_CS =

  (DESCRIPTION =

    (ADDRESS_LIST =

      (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = kenken)(PORT = 1521))

    )

    (CONNECT_DATA =

      (SERVICE_NAME = kenken)

    )

  )





あと /etc/services ファイルに次の記述を追加しました。



ORCL            1521/tcp

orasrv          1525/tcp        oracle


これらの設定が完了したら
$ORACLE_HOME$/bin/lsnrctl start

を実行します。これでSQL*NET経由での接続が可能になります。

JAVA実行環境がある場合は
$ORACLE_HOME$/bin/netasst

を実行すればNTでおなじみのGUIな画面で設定可能です。




oracle 自身のインストールはこちら




       [へなちょこlinuxのコーナーへ]    [ホームへ]