anti-l.com

ispell


ispellはlinux 標準ですのでほとんどの方が使用できると思います。
使用法は
$ ispell ファイル名
です。
例えば I am not good at English. と書きたいのに
I am not goode at English. と記述してしまったときは
次のような画面が現れます。

I am not goode at English.
0: good
1: Goode
2: goodie
3: goods
4: goody
5: goose
6: go ode
7: go-ode [SP] R)epl A)ccept I)nsert L)ookup U)ncap Q)uit e(X)it or ? for help

ここで正解は0番ですので0を入力すれば自動的に書き換えを行ってくれます。
例えば、人名などの固有名詞の場合はスペルミスと判断されることが多いです が、スペースキーのみを押下すればスキップしてくれます。



Netscape Messenger


ご存知ネットスケープのメーラーですが、スペルチェック機能があります。
これでメールを書く以外はあまり実用的でないかもしれませんが、なかなか便 利です。
操作方法は言うまでもなく、メール作成中に ツール−スペルチェックを 実行、
又はスペルチェックボタンを押下すればスペルミスと判断された単語が 選択され、推測される候補が一覧表示されます。
操作感はispellよりは上です。



市販の英和/和英辞典を使用するには


CD-ROM書籍を参照するツ−ルとしてbookviewというものがあります。
昔私が購入したFMVに付いていた研究社の新英和/和英中辞典 もこれで使 用することができます。検索したい英語単語を入力すれば日本語が、日本語で 単語を入力すれば英単語が表示されます。
bookviewのインスト−ルに関しては こちら を参考にして下さい。



英辞郎 on the Web を使用する


Officeや常時接続環境ならゆっくりと使用できると思います。辞書単語数は最 大を誇るそうです。確かに例文もたくさん出て使いやすいです。
URLはhttp://www.alc.co.jp/eijiro/ です。
Niftyの会員は辞書ファイルをダウンロ−ドできます。その辞書をgrep等で使 用する方法もありますね。



xyaku


linux上で動作する英和、和英翻訳ソフトです。windowsでいうバビロンみたいな感じです。

インストールと使用法はこちらです。



       [へなちょこlinuxのコーナーへ]    [ホームへ]