http://www.storm-net.com/ 転職登録で最適なお仕事をご紹介します

Red hat Package Manager の使用法

Red Hat が開発したアプリケーション管理ツールです。


パッケージのインストールは
rpm -i パッケージファイル

詳細表示しながらは
rpm -ivh パッケージファイル


パッケージのアップグレードは
rpm -rU パッケージ名


パッケージの削除は
rpm -e パッケージ名


インストール済パッケージの確認は
rpm -qa

上記だとたくさんでて見にくいのでgrepでしぼる
rpm -qa | grep パッケージ名

grepの使用法はこちらです。


パッケージの詳細情報の確認は
rpm -qi パッケージ名

これでパッケージの説明等の詳しい情報が表示されます

まだインストールしていないパッケー ジの場合は
rpm -qip パッケージファイル名


パッケージ に含まれるファイルの一覧は
rpm -ql パッケージ名

これでパッケージに含まれるファイルがずらずらと表示されます。
まだインストールしていないパッケー ジの場合は

rpm -qlp パッケージファイル名



あるファイルがどのパッケージ に含まれる ものか
rpm -qf ファイル名

これでそのファイルがどのパッケージ に含まれているものかがわかります 。


依存性の確認
rpm -qR パッケージ名

これでそのがどのパッケージに依存し ているかがわかります 。
表示されたパッケージがインストールされていないとこの パッケージがインストールできないことを示します。
まだインストールしていないパッケー ジの場合は

rpm -qRp パッケージファイル名




       [へなちょこlinuxのコーナーへ]    [ホームへ]