転職登録で最適なお仕事をご紹介します

qpopper3.1.1 をインストールしました。

qpopper3.1.1をインストールしました


以前にバージョン2.53をvine1.1にインストールしたのですがKondaraに入れ換えたので再度インストールです。

まずEudraのサイトhttp://www.eudora.com/qpopperからqpopper3.1.1.tar.gzをひろってきました。
それを/usr/local/srcに置いておきます。

そしてrootで以下の操作をして行きます。
# cd /usr/local/src
# tar xvfz qpopper3.1.1.tar.gz
qpopper3.1.1というディレクトリ以下に展開されるので
# cd qpopper3.1.1

次ぎにコンパイルですね。
# ./configure
もしshadow passwordを使用している場合は以下のようにします。
# ./configure --enable-specialauth
こうしないとパスワード認証で失敗してしまいます。

おわったらmakeします。
# make
これで /usr/local/src/qpopper3.1.1/popperにpopper ができるので置いて おきたい場所にコピーします。
# cd popper
推奨がここらしいので以下のようにします。
cp ./popper /usr/local/lib
これでコンパイルも完了しました。

あとは設定ファイルを変更します。
/etc/inetd.conf に以下の設定を追加します。
pop3 stream tcp nowait root /usr/local/lib/popper popper -s

/etc/service に以下の設定を追加します。
pop3         110/tcp                # Post Office

さらに次の操作をおこないます。
kill -HUP inetdのプロセスID
inetdのプロセスIDを知るにはps aux | grep inetd でわかりますよね。

これでインストールは完了です。動作確認は以下の用に行います。
% telnet ホスト名 110
Trying xxx.xxx.xxx.xxx
Connected to ホスト名.
Escape character is '^]'.
+OK QPOP (version 2.53) at ホスト名 starting.

とでればokです。
この画面を終るにはコントロールキーを押しながら"]"キーを押すと
telnet>となるので"q"を入力してエンターキーを押下します。

どうやって使うかは次のページを参照してください。
次ぎへ



       [へなちょこLinuxのコーナー]           [ホームへ]