Aimail

qpopper をインストールしました。

qpopperとは?

POP(Post Office Protocol)サーバーであり、今回のようにlinuxサーバー上で動作させておけはネットワーク上に接続されているWindows系のマシンからでもメールを取り込むことが可能となります。
ですので OUTLOOK,AL-MAIL,EUDORAやPost Petなんかからでもプロバイダー等に繋いでいるのと同じような感覚でメールを受信することが可能となります。
もちろんmewやwanderlustなんかも使えますよね。
 

利用方は?

家内LANの私がなぜわざわざPOPサーバーをインストールしたか?
例えばパソコンを複数台所有している場合、それぞれのパソコンに受信したメールを持っておきたいことがことがありますよね?  例えば出張用のノートパソコンと家のデスクットプとか。この場合、一番簡単なのはそれぞれのパソコンのメールソフトの設定で「メールをサーバーに残す」としておいて、それぞれのパソコンでメールを取り込めば済むことです。しかし、それでは電話代は台数分増えてしまうし、面倒くさいですよね。
もちろん同じようなソフトを使っていればあるディレクトリ以下をまるごとコピーという荒技もありますが。。
そこでUNIX系OSの場合は受信時に fetchmail なんかを使って同時に別のユーザーに転送してしまうのです。
そうすることによって一台のPOPサーバーをインストールしたパソコンでメールを受信すればあとはゆっくりとそのパソコンからメールを受信してしまえばいいのです。
 

まず qpopper をインストール

このサイト(英語)    からqpopper2.53.tar.Z をダウンロードしました、が
このページに注意書きでlinuxユーザーはバージョン3.0より古いものは使わないようにとあります。
ということでバージョン3.0以降をダウンロードして下さい。
私はそれに気づかずバージョン2.53をインストールしましたが今のところ不具合は有りません。(といっても家内LANでたいしたことに使ってないけど。)

以下の操作をするにはもちろんroot権限が必要です。

ここでダウンロードしたファイルを展開します。
(/tmp にダウンロードしたファイルがある場合)
cd /tmp
gunzip qpopper2.53.tar.Z
tar xvf qpopper2.53.tar
cd qpopper2.53
これで解凍完了!

次ぎにコンパイルですね。
./configure
make
これで popper ができるので置いておきたい場所にコピーします。
cp popper /usr/local/lib
これでコンパイルも完了しました。

あとは設定ファイルを変更します。

/etc/inetd.conf に以下の設定を追加します。
pop3 stream tcp nowait root /usr/local/lib/popper popper -s

/etc/service に以下の設定を追加します。
pop3         110/tcp                # Post Office

さらに次の操作をおこないます。
kill -HUP inetdのプロセスID

これでインストールは完了です。動作確認は以下の用に行います。
% telnet ホスト名 110
Trying xxx.xxx.xxx.xxx
Connected to ホスト名.
Escape character is '^]'.
+OK QPOP (version 2.53) at ホスト名 starting.

とでればokです。

それではどうやって使うの?
 次ぎへ
 

       [へなちょこLinuxのコーナー]           [ホームへ]