Oracleとphp3とapacheの環境を作成しました

環境
ディストリビューション Trubo Linux 6.0 WorkStation
Oracle Oracle8i Enterprise Edition Release 8.1.7.0.0
PHP php-3.0.18-i18n-ja-2
apache apache_1.3.19

以前にoracleでなくpostgresqlでやってみたことがあるのですが、その経験があれば簡単に行なうことができそうです。

まずoracleを正しくインストールしておく必要があります。
oracleのインストールはこちら を参考にして下さい。


手順は以下の通りです。

apacheのconfigure

まずapacheをconfigureまで行ないます。
tarファイルを一般的な /usr/local/src にコピーして
# tar xvfz apache_1_3_19_tar.gz
し展開します。

展開されたディレクトリに移動し configureします。
# cd apache_1.3.19
# ./configure


PHPのコンパイル

完了したらPHPのインストールです。
tarファイルを一般的な /usr/local/src にコピーして
# tar xvfz php-3.0.18-i18n-ja-2.tar.gz
し展開します。

展開されたディレクトリに移動し以下の順序でコンパイルします。
# cd php-3.0.18-i18n-ja-2
# ./configure --with-apache=../apache_1.3.19 --with-oracle=/mnt/oracle --enable-i1 8n
# make
# make install


apacheのコンパイル

再びapacheのソースディレクトリに戻り以下の手順でコンパイルします。
# cd ..//apache_1.3.19
# ./configure --activate-module=src/modules/php3/libphp3.a
# make
# make install


以上でインストールは完了です。次に少し環境設定をしてやります。
php3.iniのコピー

phpのディレクトリにある php3.ini-dist を /usr/local/lib/php3.ini としてコピーします。


http.confの編集

apacheのディレクトリにあるhttp.confを編集してやります。
今回の場合だと/usr/local/apache/conf/httpd.conf です。

以下の行の#マークをはずしてphpの実行を可能にします。
DirectoryIndex index.htmll index.php3
#AddType application/x-httpd-php3 .php3
#AddType application/x-httpd-php3-source .phps

以上で完了です。
apacheを起動します。
/usr/local/apache/apachctl start

まず http://localhost
でapacheが正しく起動しているか確認しましょう。
OKであれば以下のテストファイルを test.php3として
/usr/local/apache/htdoc
(htmlを置くように設定しているディレクトリ) にコピーして下さい。
そして
http://localhost/test.php3
にアクセスし、無事時刻が表示されたらOKです。
$connの部分はユーザー名やパスワードを適切なものに変更して下さい。

<?php $conn = Ora_Logon("scott@orcl", "tiger"); $cursor = Ora_Open($conn); $strSql = "SELECT SYSDATE FROM dual "; $ret = Ora_Parse($cursor, $strSql); $ncols = Ora_Exec($cursor); While (Ora_Fetch($cursor) == 1) { $tmp = Ora_GetColumn($cursor, 0); } Ora_Close($cursor); Ora_Logoff($conn); echo "SYSDATE=$tmp"; ?>


linux

[へなちょこlinuxへ]   [ホームへ]